excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
日帰り箱根外輪山
at 2018-05-13 23:14
八ヶ岳主脈縦走
at 2018-05-12 23:26
18/04/28〜29 雲取..
at 2018-05-08 09:40
18/04/22 広沢寺クラ..
at 2018-04-23 23:02
八ヶ岳 赤岳真教寺尾根
at 2018-04-03 16:22
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


甲武信ヶ岳

2月3~4日
メンバー:古賀さん、安田(記)、佐久間、佐々木

テスト期間も後半戦にさしかかり、一息つこうということで甲武信ヶ岳に行ってきた

雪山の経験値が乏しいので、計画を立てる際はかなり緊張した

3日
0500 佐久間とありちゃんと合流し古賀さん宅へ
インターホンを連打して、古賀弟さんにご迷惑をおかけしました

0530 その後出発するも、走行中に対向車と接触しサイドミラーのカバーが取れるというハプニングが生じる
ありちゃん、車お大事に、早く直ることを願っています

何とか乗り越え一時間半遅れで出発する

0800 古賀さんの素晴らしいドライビングテクニックのおかげで予定が大幅にずれることなく道の駅みとみに到着した
駐車場には登山者の車が数台泊まっており、甲武信ヶ岳にも何パーティーか入っていた
トレースばっちりの歩きだしで、佐久間は物足りなさそうだった

0840近丸新道登山口

0900徳ちゃん新道入り口
雪は足首程度でトレースがついているため、登りやすかった
最初、ありちゃんがトップで急登を上っていったが睡眠不足と体調不良でかなり辛そうだった
途中でトップを順番に交代し、登っていく
甲武信ヶ岳山頂までひたすら登っていく樹林帯で展望はほとんどなしというコース
他の人たちは、展望があった方が楽しいのだろうと思うが、年末に授業で植生地理学を学んだわたしは樹林帯が大いに楽しかった
甲武信ヶ岳で発見したこと
・人工林→天然林(広葉樹)→天然林(針葉樹)→天然林(低木層)
・斜面の傾斜や方角によって植生が変わる
・人工林の手入れ具合が良好
などなど

1300 樹林帯
雪がふくらはぎ程度まで積もっていたがトレースがあるので問題なし
ありちゃんがかなり苦しそうだと思った佐久間がダブルザックを提案する
古賀さんと安田は「いや、まじでイケメンだね。こんな先輩いたら惚れるわ~」と感動したが、ありちゃんは感謝する程度らしい
e0009437_16425682.jpg
1430 そろそろ甲武信小屋に到着かと思いきや、まだ一時間半はかかるという情報が入った
1500 日没が心配であるのと、ありちゃんの体調が芳しくなかったので樹林帯で幕営をすることに

標高2000m付近だったが、風もなく気温もそこまで低くならずに快適なテント泊だった
夜ご飯は、ありちゃん作のロールキャベツ
あのおいしさは下界ではけっして味わえないと思う
e0009437_16453942.jpg
1900 4人とも睡眠不足だったので就寝

4日
0420 起床 朝タンタンメン
朝起きたら、前日の夜ペットボトルの蓋に入れておいた安田のコンタクトが凍っていた
タンタンメンの鍋の上で溶かしたら氷の中から出てきたので、装着する

0600 出発
前日の天気予報で、晴れと予報が出ていた通り素晴らしい朝焼けを見ることが出来た
e0009437_16464317.jpg

0630 朝焼けを拝んだ後、アイゼンを装着ピッケルを持ち、いらないものをデポして山頂へ向かう
積雪量はひざくらいだがトレースがあるので埋まることはなかった
朝なので雪が締まっており、アイゼンが活躍した
0720木賊山登頂
e0009437_16384316.jpg
樹林帯に囲まれてなんとも山頂気分のでないピーク

0750 富士山絶景ポイントで富士山を見ながら写真撮影をする
e0009437_16340069.jpg
0800 甲武信ヶ岳山頂
山頂は貸し切りで、四人だけで絶景を堪能した
e0009437_16410828.jpg
0830 下山開始
下山はひたすら下るのみ
アイゼン歩行の練習を兼ねて、アイゼンを装着したまま下山する
e0009437_16353720.jpg
1200 道の駅みとみ着
お疲れさまでした
行き帰りとも高速を使ったので一時間半ほどで帰京

1400 部室に到着し、荷物を運んでいる最中に安田がすっころんで絆創膏だらけになった
最後の最後まで気を抜くもんではないですな

今回は、天気に非常に恵まれておりトレースもついていたことから予想よりも難易度の低い山行であった
これに甘んじることなく今後の山行もしっかりとした計画のもとで行っていきたい






[PR]
# by tmualpine | 2018-02-07 16:48 | 雪山 | Comments(0)

北岳


日程:1月11日~13日(14日)
メンバー:(2年)小味山、町田(1年)社本(記)

今回が僕にとって初めての雪山山行であり、初ブログです。
今回の山行であったこと、僕が思ったこと・感じたことを正直に書くので、
文句は言わずに温かい目で読んでくれると嬉しいです。

11日
塩崎駅からタクシーで行くことに。まっちょさんとシャベルとスコップの違いについてなど討論しながら40分ほど、夜叉神峠に到着。タクシー代は運転手のおばさまの優しさで少し安く済みました。
おばさんありがとう。
本来はここで幕営でしたが、予定を変えてあるき沢橋まで歩くことにしました。順調に歩を進めていきましたが、あたりはすっかり暗かったせいもあり、どんどん進んでいくうちにルートをどこかで間違えていたことに気が付きました。ここはまっちょさんが正規のルートを探してくれて、命拾いしました。あのまま先頭についていったら危なかったです。マジで。常に冷静沈着な僕もこのときはさすがに焦りました。
そんなこともありながら23時にあるき沢橋に到着。長めの夜が終わりました。

12日
あるき沢橋から池山御池小屋まで予定通りに行きましたが、序盤は雪があまりなく、夏季の登山とあまり大差がないことにイライラ。しかし、小屋から幕営地に向かうにつれてラッセルが必要な積雪量になっていった。(トレースなかったです。)

城峰手前まで緩やかな登りと最後に急登でしたが、まっちょさんが1人でやってくれた。お疲れっす。ここからは急登続きでしたが、なぜかこみさんではなく僕の担当。最後まで割と僕が頑張りました。ここ大事。
比較的柔らかい雪だったため、固めても足が埋まるという結果が繰り返され、時間がかかってしまい、また慣れないラッセルだったため本当に体力が消耗されました。徐々にコツはつかんでいったが、やっぱりラッセルはきつかった。序盤に雪が少ないことにイライラしていた自分と他1名はバカだなとしみじみ思う。

予定よりも遅れて砂払よりも少し先の場所に幕営。みんなクタクタでした。
e0009437_22181631.jpg
                     城峰手前にて
e0009437_22194719.jpg
           朝焼け。てきとーに撮ったのでブレてます。ごめんなさい。
13日
本当だったら山頂アタックだったが、完全なる状況と時間の判断ミスでボーコン沢ノ頭までで山頂は断念。ほんとに単純なミス。どんなミスかはここで書くのはめんどいので、詳しく知りたい方は先輩二人に聞いてください。登っていく途中で追いついた、我々のトレースで登ってきた人に、「ラッセルありがとう」と言われたのは少し嬉しかった。しかしこの後荷物をまとめて下山へ。思ってたよりもサクサク下山でき、あっという間に小屋に到着。ここからの下山は疲れた足にここぞとばかりにダメージを与えてきたけど、合計3、4時間ほどであるき沢橋に着いた。でもここからが長かった。
奈良田温泉まで10㎞以上の全くインスタ映えしない道をひたすらに歩くことに。
一番思ったのは、こみさん歩くの速すぎ。疲れてるのに。正直頭の中で何回かボコりました。でもおかげで早く帰路につけて良かったです。あとまっちょさんの相手するのも疲れた。けどいろんな話をして割と楽しく歩くことができました。

今になって山頂に行けなかったことが悔しい。ほんとに。「また北岳いこうな。」って言われたら「はい。」とは答える気には正直今はならないが、もっとレベルアップしたいとはまじめに思った。最後に言いたいのはやっぱりラッセル疲れた。あと肩痛い。
e0009437_22195329.jpg
                   奈良田温泉に到着。

ブログ書くことになったときはめんどいと思ったけど、書いてみたら意外と楽しくなってる自分がいた。
だからと言って次回書きたいわけではないので、頼まないでくださいね。では。




[PR]
# by tmualpine | 2018-01-15 22:36 | 雪山 | Comments(0)

2017 谷川岳雪上訓練

日程:12/22〜12/24
メンバー:(2年)小味山(記)、佐久間、小林、橋本、町田 (1年)大和田、社本、佐々木
今年の雪訓はメンバーが1.2年だけ、日程がクリスマスイブに被ってるなど、山行前から不安と憂鬱さが漂う計画であった。雪訓自体は去年の雪訓や、去年王鞍さんや自分が行った文登研で学んだ事などをいかして行った。

22日
当初は土合駅まで行くはずだったが、授業などで電車に間に合わないメンバーがいて結局水上駅でSB。外で寝ることになると予想してたが駅内で寝ることが可能と判明、ラッキーであった。

23日
駅内で寝たとはいえやはり寒い。寒さで目が覚める。
土合駅への始発が8時30だったので、ゆっくり準備をし土合へ。土合駅の長い階段の途中でOGの古賀さんに偶然でくわす。古賀さんも雪訓のご予定だったらしい。古賀さんとお話しながら土合の階段を登り、登った所でお別れし、ロープウェイ乗り場まで急いで向かう。ロープウェイで天神平まで上がり、そこでレイアリングをして天神峠に向け出発。天神平では雪も風もなくレインウェアがいらないレベルであった。天神峠に登るまでにアイゼンでの登り方やピッケルの使い方などを1年生に教えながらいく。天神峠につくと、去年と同じ場所があいていたのでそこにテントを設置。
e0009437_17185231.jpeg
テントに荷物をデポして去年と同じ場所で11時くらいから訓練開始。最初はラッセル訓練。雪がやらかかったためワカンやスノーシューが使いやすい。降りて上がってくるだけでもなかなかの練習になる。がさすがに膝などまで雪が積もってるわけではなかったので本格的なラッセルとまではいかなかった。次は滑落停止訓練。前述した通りの雪なので滑ろうとしても自然に止まってしまう。かろうじて傾斜の強いところで形だけ教えるという感じになってしまった。みんなやる気があり積極的に雪まみれになっていた。
e0009437_18172345.jpeg
次はロープワーク。最初にスタンディングアックスビレイを練習し、次にスノーバーなどで支点構築練習。2つのチームに分かれスムーズに行うことができた。他にもボラード(円柱に雪を掘って懸垂下降の支点にする)という、自分が文登研で習ったのもやってみた。自分のチームはうまくいかず、雪質のせいだと思っていたがもう一つの小林チームはうまくいっていた。これが文系と理系の差か…。次にビーコン捜索へ、斜面にビーコンを埋めて探す練習をした。勉強会でも時間をかけて説明し、事前に首都大の林で練習しただけあり、4分という良いタイムがでた。声も出ていて去年の自分達よりはできていた気がする。最後に弱層テスト。これも雪質的に難しかったが、一人一個作ってやることができた。
16時ぐらいに夕焼けを見ながらテントへ。
e0009437_17444537.jpeg
雪洞を掘ろうと思ったが木が多く中々適地が見つからない。暗くなってきてしまったため断念しテントへ。
夕飯は恒例の鍋。みんな1品ずつ持ってくる寄鍋だったが、餃子やきりたんぽなど多種多様なものをみんなもってきていて、非常に大満足の鍋であった。これだから冬の鍋はやめられない。夜は満天の星空と綺麗な三日月というすばらしい夜空を堪能しながら、20時には就寝。

24日
雪訓前は天気が崩れる予報であったが、ウソのような晴天。夜、風が強かったため低気圧が早めに抜けたのかもしれない。(後から天気図を確認したら高気圧が長く残ってたみたいです。)予定通り、谷川山頂にむけアタック開始。時間に余裕があったため、テントなどはデポし必要な物だけ持って7時30分に出発。驚くほど晴天でしかも風がない。熊穴沢避難小屋には8時には到着したが、汗がでるほど暑い。レイアリングをし直して山頂へ。
e0009437_18182735.jpeg
去年は渋滞していたため時間がかかったが、時間が早いだけにほとんど人がいない。どんどん登っていける。人もいないし、時間もあるしでみんなこれでもかと、アイゼン・ピッケルの練習をする。
e0009437_18184937.jpeg
9時30には山頂到着。運良くサンタさんのコスプレをした人も山頂に来たので、一緒に写真をパシャり。
e0009437_18223367.jpeg
クリスマスイブにピッタリの写真が撮れてしまった。この方は昨日から西黒尾根を登っているらしく、なかなかの猛者の予感…。さすがに山頂なため風は強かったが、寒くはない。少々撮影会を楽しみ下山。
e0009437_19101937.jpeg

下山中にも人はどんどん登ってくる、この時間に登ってたら渋滞していただろうから良い時間帯に登ることができた。通り過ぎる人々はほとんど、ARC'TERYXやハードシェルを着ていてうらやましい限り…、我々貧乏学生には手がでない代物である…。10時30くらいにはテント場に帰ってきて、12時くらいにはロープウェイを使って下山。12時39分の電車には間に合わないと思っていたが、全然間に合いそうだったので、そのまま土合駅へ。そのまま電車に乗って、解散。

雪訓全体を通して、天気が良すぎたため暖かかったことや雪質が柔らかすぎたことなど雪山を体験するには少々不十分であった。また準備が遅かったり、ダラダラしてしまい緊張感が無かった場面があったりとまだまだ十分な雪訓だったとは言えない。しかし、やるべきことは教えることができたし去年よりスムーズに体系づけて行うことができたと思う。
事前勉強も11月から行い、机上はもちろん外での練習も行い、多くの知識・技術を教えられたと思う。来年は今年の問題点を改善しさらに実のある雪訓になることを期待する。また今回行ったメンバーは、この雪訓で学んだことを十分にいかして、これから始まる雪山を安全にかつよりレベルの高い雪山に行けるようしっかりと復習してもらいたいと思う。

[PR]
# by tmualpine | 2017-12-24 16:52 | Comments(0)

二子山縦走

日程:2017/12/16
メンバー:古賀,佐々木(記)

0730 南大沢
うちから車を出し古賀さんの運転で二子山へ。移動時間なら先週の上州とほとんど変わらないかもしれない。

1100 坂本登山口
さっそくの沢沿いの急登は落ち葉に覆われていて滑る。

1145 又峠
その日は天気も良く汗をかくと稜線で冷える。稜線には少々雪が見られたが、支障をきたさない程で問題はなかった。

1215 東岳
あっという間に東岳。
秩父の山は至るところが削られていて落ち着かない。
e0009437_23525889.jpg


1245 又峠
剥き出しの西岳を見ながら「どうやって行くんでしょうね」なんて話しているうちにいつの間にか稜線へ。どうやら上級ルートを見逃し樹林帯を詰め上げてしまったようだ。
e0009437_23531677.jpg

1315 西岳
侵食の進んだ石灰岩は握りやすく歩きやすくスムーズに岩稜帯が終わる。
e0009437_23523894.jpg
呆気なく岩場が終了してしまい、私も古賀さんも消化不良。おそらく難易度の高い岩場は、見逃してしまった上級ルートにあったのだろう。コンディションもよかったのに惜しいことをしてしまった。

1330 魚尾道峠
魚尾道峠からは「膝まである落ち葉が雪だったらいいのに」という言葉を発端に冬の予定を示し合わせて今シーズンに期待を膨らます。

1430 坂本登山口
車まで戻り、山中で食べそこなったお汁粉で体を温めて帰路につく。



最近、雪山に行けそうにもなくそこから感じる不自由さに、やるせなさと悔しさと寂しさがあったのですが、古賀さんと話していて気が晴れました。今回の山行一緒に行けてよかったです!ありがとうございました。


[PR]
# by tmualpine | 2017-12-19 00:37 | 縦走 | Comments(0)

戸隠

日程:2017/10/28~/29
メンバー:古賀,江村,安田,小味山,佐々木(記)

はじめに、急遽自分が計画していた山行計画を中止し、こちらの戸隠山の計画へ参加する変更を身勝手にしてしまい、大変ご迷惑をおかけしました。


28日

0100 南大沢発
5人乗りのレンタカーに5人と5つのザックが入ると車内が窮屈に。先輩方が交代で運転してくださり、無免許の私は役たたずなので図々しく寝る。結局先輩方の睡眠時間は1~2時間。

0600 戸隠キャンプ場
計画していた破線ルートは、台風接近による悪天候が見込まれる中では危険であるとの忠告をいただいたため、断念。
メンバーの週末の疲労感と著しい睡眠不足を考慮し、2日かけて戸隠牧場から高妻山また戸隠山を行くことに。

0700 出発
今山行が初対面の古賀さん、そして一緒に山へ行くのは久々のなみさんと会話をしながら入山。このお二人の行く山行に密かに憧れていたので、始めから期待が高まる(結果期待以上でした)。
紅葉真っ只中で視界がカラフル。テンションが上がる。
e0009437_21063184.jpg

0900 一不動避難小屋
いいペースで避難小屋まで到着したので、その日のうちに全11時間工程をこなし、下山することを目標に変更。V6や江村さんからいただいたお酒を背負っていたこみさんは脱力。
不要な荷物はデポして高妻山を目指す。
山頂が近づくにつれ増える積雪量に比例するテンション。
e0009437_21341085.jpg

1130 高妻山山頂
真下を見れば紅葉、遠くに目を向ければ北アルプスが広がる贅沢な景色に感激する。
江村さんによる北アルプスの解説を聞きながら、夏とは全然違う山の姿に不思議な感覚を得る。
e0009437_21352804.jpg

1300 一不動避難小屋
戸隠山を目指すが、とにかく眠い。先輩方はおそらく私以上に眠気と闘っていただろう。

1530 戸隠山山頂
戸隠のポーーーーズ!!?
e0009437_21375802.jpg
日没までに今山行の核心である鎖場を抜けられれば、その日中にキャンプ場まで帰れると予測。
想像以上の危険な岩場で眠気も覚め、恐怖と興奮を同時に抱く。
途中、小雨が降り続き岩場が濡れる。
山行のアクセントはパンチのあるものが好きだが、ここの鎖場は多い。終わらない。そして、下りるよりも上る方が楽しそうだと気づくと、より一層長く感じられる。
e0009437_21321629.jpg

1730 西窟
残す鎖場はあと1箇所だと思われるところで、日没時間が過ぎ暗くなる。疲労を抱えたまま視界の悪い濡れた岩場を行くよりも、翌朝雨が降っていたとしても体力が回復してから進む方が安全であると判断し、ビバークを選択。
西窟は、ちょうどV6が収まるスペースで雨風を凌げる岩陰であり、幸運だった。
具材持ち寄りのお鍋と江村さんのお酒をおいしくいただき、こみさんの好みのタイプは”30歳·年下”という謎のワードだけが記憶に残る談笑をして、2000就寝。


29日

0600 起床

0645 出発
残り1箇所の鎖場は案外近くにあったのだが、1箇所とは言い難いほど、何度も鎖を目にする。
すでにみんな飽きている。

0745 戸隠神社奥社
紅葉の綺麗な戸隠神社へ参拝し、無事に下山したことを感謝する。

その後、温泉へ行き、併設された直売所で親切な地元の方が用意してくださったりんごを試食、大量に購入。善光寺に寄り、仏気を浴びる。長野市観光を満喫。
e0009437_21313199.jpg

1830 大学着
東京は台風のピーク。


先輩方、運転お疲れ様でした。
古賀さん、費用の半分を持ってくださりありがとうございます。

個人的に、古賀さんとなみさんの強さと経験値に尊敬した山行でした。かつてない程に楽しかったです!!



[PR]
# by tmualpine | 2017-11-08 21:48 | 縦走 | Comments(0)