excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
燕岳ー蝶ヶ岳縦走(敗退)
at 2018-02-21 03:50
2018 1/30-31南八..
at 2018-02-13 17:00
2018 2/5-8 中央ア..
at 2018-02-13 15:58
甲武信ヶ岳
at 2018-02-07 16:48
北岳
at 2018-01-15 22:36
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017 谷川岳雪上訓練

日程:12/22〜12/24
メンバー:(2年)小味山(記)、佐久間、小林、橋本、町田 (1年)大和田、社本、佐々木
今年の雪訓はメンバーが1.2年だけ、日程がクリスマスイブに被ってるなど、山行前から不安と憂鬱さが漂う計画であった。雪訓自体は去年の雪訓や、去年王鞍さんや自分が行った文登研で学んだ事などをいかして行った。

22日
当初は土合駅まで行くはずだったが、授業などで電車に間に合わないメンバーがいて結局水上駅でSB。外で寝ることになると予想してたが駅内で寝ることが可能と判明、ラッキーであった。

23日
駅内で寝たとはいえやはり寒い。寒さで目が覚める。
土合駅への始発が8時30だったので、ゆっくり準備をし土合へ。土合駅の長い階段の途中でOGの古賀さんに偶然でくわす。古賀さんも雪訓のご予定だったらしい。古賀さんとお話しながら土合の階段を登り、登った所でお別れし、ロープウェイ乗り場まで急いで向かう。ロープウェイで天神平まで上がり、そこでレイアリングをして天神峠に向け出発。天神平では雪も風もなくレインウェアがいらないレベルであった。天神峠に登るまでにアイゼンでの登り方やピッケルの使い方などを1年生に教えながらいく。天神峠につくと、去年と同じ場所があいていたのでそこにテントを設置。
e0009437_17185231.jpeg
テントに荷物をデポして去年と同じ場所で11時くらいから訓練開始。最初はラッセル訓練。雪がやらかかったためワカンやスノーシューが使いやすい。降りて上がってくるだけでもなかなかの練習になる。がさすがに膝などまで雪が積もってるわけではなかったので本格的なラッセルとまではいかなかった。次は滑落停止訓練。前述した通りの雪なので滑ろうとしても自然に止まってしまう。かろうじて傾斜の強いところで形だけ教えるという感じになってしまった。みんなやる気があり積極的に雪まみれになっていた。
e0009437_18172345.jpeg
次はロープワーク。最初にスタンディングアックスビレイを練習し、次にスノーバーなどで支点構築練習。2つのチームに分かれスムーズに行うことができた。他にもボラード(円柱に雪を掘って懸垂下降の支点にする)という、自分が文登研で習ったのもやってみた。自分のチームはうまくいかず、雪質のせいだと思っていたがもう一つの小林チームはうまくいっていた。これが文系と理系の差か…。次にビーコン捜索へ、斜面にビーコンを埋めて探す練習をした。勉強会でも時間をかけて説明し、事前に首都大の林で練習しただけあり、4分という良いタイムがでた。声も出ていて去年の自分達よりはできていた気がする。最後に弱層テスト。これも雪質的に難しかったが、一人一個作ってやることができた。
16時ぐらいに夕焼けを見ながらテントへ。
e0009437_17444537.jpeg
雪洞を掘ろうと思ったが木が多く中々適地が見つからない。暗くなってきてしまったため断念しテントへ。
夕飯は恒例の鍋。みんな1品ずつ持ってくる寄鍋だったが、餃子やきりたんぽなど多種多様なものをみんなもってきていて、非常に大満足の鍋であった。これだから冬の鍋はやめられない。夜は満天の星空と綺麗な三日月というすばらしい夜空を堪能しながら、20時には就寝。

24日
雪訓前は天気が崩れる予報であったが、ウソのような晴天。夜、風が強かったため低気圧が早めに抜けたのかもしれない。(後から天気図を確認したら高気圧が長く残ってたみたいです。)予定通り、谷川山頂にむけアタック開始。時間に余裕があったため、テントなどはデポし必要な物だけ持って7時30分に出発。驚くほど晴天でしかも風がない。熊穴沢避難小屋には8時には到着したが、汗がでるほど暑い。レイアリングをし直して山頂へ。
e0009437_18182735.jpeg
去年は渋滞していたため時間がかかったが、時間が早いだけにほとんど人がいない。どんどん登っていける。人もいないし、時間もあるしでみんなこれでもかと、アイゼン・ピッケルの練習をする。
e0009437_18184937.jpeg
9時30には山頂到着。運良くサンタさんのコスプレをした人も山頂に来たので、一緒に写真をパシャり。
e0009437_18223367.jpeg
クリスマスイブにピッタリの写真が撮れてしまった。この方は昨日から西黒尾根を登っているらしく、なかなかの猛者の予感…。さすがに山頂なため風は強かったが、寒くはない。少々撮影会を楽しみ下山。
e0009437_19101937.jpeg

下山中にも人はどんどん登ってくる、この時間に登ってたら渋滞していただろうから良い時間帯に登ることができた。通り過ぎる人々はほとんど、ARC'TERYXやハードシェルを着ていてうらやましい限り…、我々貧乏学生には手がでない代物である…。10時30くらいにはテント場に帰ってきて、12時くらいにはロープウェイを使って下山。12時39分の電車には間に合わないと思っていたが、全然間に合いそうだったので、そのまま土合駅へ。そのまま電車に乗って、解散。

雪訓全体を通して、天気が良すぎたため暖かかったことや雪質が柔らかすぎたことなど雪山を体験するには少々不十分であった。また準備が遅かったり、ダラダラしてしまい緊張感が無かった場面があったりとまだまだ十分な雪訓だったとは言えない。しかし、やるべきことは教えることができたし去年よりスムーズに体系づけて行うことができたと思う。
事前勉強も11月から行い、机上はもちろん外での練習も行い、多くの知識・技術を教えられたと思う。来年は今年の問題点を改善しさらに実のある雪訓になることを期待する。また今回行ったメンバーは、この雪訓で学んだことを十分にいかして、これから始まる雪山を安全にかつよりレベルの高い雪山に行けるようしっかりと復習してもらいたいと思う。

[PR]
# by tmualpine | 2017-12-24 16:52 | Comments(0)

二子山縦走

日程:2017/12/16
メンバー:古賀,佐々木(記)

0730 南大沢
うちから車を出し古賀さんの運転で二子山へ。移動時間なら先週の上州とほとんど変わらないかもしれない。

1100 坂本登山口
さっそくの沢沿いの急登は落ち葉に覆われていて滑る。

1145 又峠
その日は天気も良く汗をかくと稜線で冷える。稜線には少々雪が見られたが、支障をきたさない程で問題はなかった。

1215 東岳
あっという間に東岳。
秩父の山は至るところが削られていて落ち着かない。
e0009437_23525889.jpg


1245 又峠
剥き出しの西岳を見ながら「どうやって行くんでしょうね」なんて話しているうちにいつの間にか稜線へ。どうやら上級ルートを見逃し樹林帯を詰め上げてしまったようだ。
e0009437_23531677.jpg

1315 西岳
侵食の進んだ石灰岩は握りやすく歩きやすくスムーズに岩稜帯が終わる。
e0009437_23523894.jpg
呆気なく岩場が終了してしまい、私も古賀さんも消化不良。おそらく難易度の高い岩場は、見逃してしまった上級ルートにあったのだろう。コンディションもよかったのに惜しいことをしてしまった。

1330 魚尾道峠
魚尾道峠からは「膝まである落ち葉が雪だったらいいのに」という言葉を発端に冬の予定を示し合わせて今シーズンに期待を膨らます。

1430 坂本登山口
車まで戻り、山中で食べそこなったお汁粉で体を温めて帰路につく。



最近、雪山に行けそうにもなくそこから感じる不自由さに、やるせなさと悔しさと寂しさがあったのですが、古賀さんと話していて気が晴れました。今回の山行一緒に行けてよかったです!ありがとうございました。


[PR]
# by tmualpine | 2017-12-19 00:37 | 縦走 | Comments(0)

戸隠

日程:2017/10/28~/29
メンバー:古賀,江村,安田,小味山,佐々木(記)

はじめに、急遽自分が計画していた山行計画を中止し、こちらの戸隠山の計画へ参加する変更を身勝手にしてしまい、大変ご迷惑をおかけしました。


28日

0100 南大沢発
5人乗りのレンタカーに5人と5つのザックが入ると車内が窮屈に。先輩方が交代で運転してくださり、無免許の私は役たたずなので図々しく寝る。結局先輩方の睡眠時間は1~2時間。

0600 戸隠キャンプ場
計画していた破線ルートは、台風接近による悪天候が見込まれる中では危険であるとの忠告をいただいたため、断念。
メンバーの週末の疲労感と著しい睡眠不足を考慮し、2日かけて戸隠牧場から高妻山また戸隠山を行くことに。

0700 出発
今山行が初対面の古賀さん、そして一緒に山へ行くのは久々のなみさんと会話をしながら入山。このお二人の行く山行に密かに憧れていたので、始めから期待が高まる(結果期待以上でした)。
紅葉真っ只中で視界がカラフル。テンションが上がる。
e0009437_21063184.jpg

0900 一不動避難小屋
いいペースで避難小屋まで到着したので、その日のうちに全11時間工程をこなし、下山することを目標に変更。V6や江村さんからいただいたお酒を背負っていたこみさんは脱力。
不要な荷物はデポして高妻山を目指す。
山頂が近づくにつれ増える積雪量に比例するテンション。
e0009437_21341085.jpg

1130 高妻山山頂
真下を見れば紅葉、遠くに目を向ければ北アルプスが広がる贅沢な景色に感激する。
江村さんによる北アルプスの解説を聞きながら、夏とは全然違う山の姿に不思議な感覚を得る。
e0009437_21352804.jpg

1300 一不動避難小屋
戸隠山を目指すが、とにかく眠い。先輩方はおそらく私以上に眠気と闘っていただろう。

1530 戸隠山山頂
戸隠のポーーーーズ!!?
e0009437_21375802.jpg
日没までに今山行の核心である鎖場を抜けられれば、その日中にキャンプ場まで帰れると予測。
想像以上の危険な岩場で眠気も覚め、恐怖と興奮を同時に抱く。
途中、小雨が降り続き岩場が濡れる。
山行のアクセントはパンチのあるものが好きだが、ここの鎖場は多い。終わらない。そして、下りるよりも上る方が楽しそうだと気づくと、より一層長く感じられる。
e0009437_21321629.jpg

1730 西窟
残す鎖場はあと1箇所だと思われるところで、日没時間が過ぎ暗くなる。疲労を抱えたまま視界の悪い濡れた岩場を行くよりも、翌朝雨が降っていたとしても体力が回復してから進む方が安全であると判断し、ビバークを選択。
西窟は、ちょうどV6が収まるスペースで雨風を凌げる岩陰であり、幸運だった。
具材持ち寄りのお鍋と江村さんのお酒をおいしくいただき、こみさんの好みのタイプは”30歳·年下”という謎のワードだけが記憶に残る談笑をして、2000就寝。


29日

0600 起床

0645 出発
残り1箇所の鎖場は案外近くにあったのだが、1箇所とは言い難いほど、何度も鎖を目にする。
すでにみんな飽きている。

0745 戸隠神社奥社
紅葉の綺麗な戸隠神社へ参拝し、無事に下山したことを感謝する。

その後、温泉へ行き、併設された直売所で親切な地元の方が用意してくださったりんごを試食、大量に購入。善光寺に寄り、仏気を浴びる。長野市観光を満喫。
e0009437_21313199.jpg

1830 大学着
東京は台風のピーク。


先輩方、運転お疲れ様でした。
古賀さん、費用の半分を持ってくださりありがとうございます。

個人的に、古賀さんとなみさんの強さと経験値に尊敬した山行でした。かつてない程に楽しかったです!!



[PR]
# by tmualpine | 2017-11-08 21:48 | 縦走 | Comments(0)

鍋割山 日帰り

日程:17/10/14
メンバー:高橋 岸(記)

0740新松田 0820寄 1026栗ノ木洞 1040後沢乗越 1135鍋割山 1311小丸 1521大倉

鍋焼きうどんを食べに鍋割山に行ってきました。

前日の天気予報で予想はしていたが、新松田に着いたた時には雨が降っていた。しかし我々は動じない。8月に体験した嵐に比べれば可愛いものだ。
バスに揺られること30分、無事寄に到着。土曜日であるにも関わらず無人であったことも新鮮であったが、それよりもバス停に貼ってあったポスターのインパクトがすごかった。

e0009437_17261890.jpg
「必ず殺してください。」
普段の生活ではまず目にすることは無い言葉だろう。可愛らしいヒルのキャラクターに対して、このフレーズ。両者のギャップの落差が激しく、危うく高山病になるところだった。登山中にヒルを目撃したらポスターの指示通り任務を執行しようと心に誓い、登山を開始した。
登りはいたって順調で、登っている間雨のため景色も良くないこともあり、先輩との会話が弾んだ。
そして山頂に到着。

e0009437_00150557.jpg
早速雨で濡れた体を温めようと鍋焼きうどんを頼むことにする。
e0009437_00151722.jpg
甘めの汁にキノコやかぼちゃの天ぷらなどがのっていて具沢山。今までの寒さもあいまって、とにかくおいしかった。これだけのものを山の上で食べれるのだから、1000円でも十分安い。
うどんのおかげで登りで溜まった疲れも回復し、そそくさと下山していく。途中雨でぬかるんだ地面に足を奪われそうになったが、わたくしが独自に編み出した「カバディ式下山法」で一度も転ばずにすんだ。体の重心も安定しとても有用性があるこの下山法だが、独特という言葉で片づけられない異様な動きを要するのが唯一の難点である。正直登山中にこの動きをする人に会うのは熊に遭遇するより心臓に悪いと思う。

e0009437_01020541.jpg


一方先輩は自分とは対照的にクールに下山していたが、小丸を過ぎて1時間程たった地点で軽く足をとられ、手に持っていたスマホを地面になすりつけていらっしゃった。その動きは通勤時にSuicaをかざすサラリーマン顔負けの滑らかさであったが、山を下山するのに交通費を払う必要はない。きっと山に対して敬意を払っていたのだろう。
今回の山行は自分で初めて計画したということもありいくつか手続き上のミスをしてしまったが、次回からの山行ではこうしたことが起こらないよう注意したい。また、わざわざ雨という渋い天候の中付いてきてくださった高橋先輩にこの場を借りて改めてお礼を言わせてください。ありがとうございました。次は天気がいい日に一緒に山に行きましょう。



[PR]
# by tmualpine | 2017-11-02 01:05 | 縦走 | Comments(0)

陣馬山~城山 荷歩レース

日程:10/8(日)
メンバー:(2年)小味山(記)、高橋、町田、小林、佐久間、橋本、大山、黒木
     (1年)大和田、社本、高安、岸、佐々木、難波、平松、木村
     (3年)安田 (M2)江村
ルール:陣馬登山口から城山山頂までコースタイムで5時間のコース。

    男子は20kg、女子は15kgの荷物を背負う。(飲み水や行動食も含めてこの重さになっていればOK)
    一人ずつスタートし、5分おきに次の人がスタート。
    陣馬山~城山間の堂所山、景信山は巻道を利用してOK。

〈結果〉


(名前)    (タイム)  (ゴール後の重量) 
(男子)
 高橋  2時間31分30秒    
 小林  2時間35分25秒   19.0kg
 小味山 2時間48分28秒   19.2kg
 町田  2時間54分22秒   18.6kg
 高安  3時間1分22秒    17.6kg
 黒木  3時間9分17秒    19.7kg
 佐久間 3時間10分49秒(道迷い)18.2kg
 社本  3時間25分20秒(捻挫) 20.9kg
 橋本  3時間25分45秒     19.8kg
 大山  3時間31分20秒     17.0kg
 大和田 3時間50分00秒(道迷い)18.0kg
 岸   4時間5分10秒 (道迷い)21.1kg
(女子)
 佐々木 3時間6分30秒      14.9kg
 平松  3時間50分10秒     12.7kg
 難波  3時間56分10秒     14.2kg
 木村  4時間26分45
〈感想〉
レースの順位は自分的には予想通りという感じであったが、タイムを見てみると全体的に自分の予想よりは早かった。
高橋、小林はまあワンツーフィニッシュするなとは思っていたが、コースタイム50%を達成するとは・・・、二人ともやはり底なしの体力だ。町田は途中から足をつったらしく最後はほぼ動けないほどだったらしい、それでいて3時間をきるあたりやはり前の二人に劣らない体力の持ち主だ。高安と黒木もなかなかの好タイム、正直二人とも重さに慣れていないからもうちょっと遅いと思ったが見事に裏切ってくれた。サッカー部体力ある伝説はまだまだ続きそうだ。佐久間、大山はもうちょい頑張って欲しかった、まあ二人とも一緒に山に行くともっと早いイメージがあるから大丈夫だと思うが…。橋本に関しては、2017/7/15北岳バットレスのブログの最初らへんを100回ほど見返して欲しい。大和田、社本、岸に関しては本来の力を見たかったというのにつきる、この3人が本来の力を出していれば一年男子の競争ももう少しし烈になったのではないかと思うと残念である。ちゃんと道説明したと思うんだけどなぁ・・・。
女子においては佐々木が圧倒的であり、男子と重さが違うといえどすばらしいタイム。今後も期待できる。
平松、難波、木村に関してはもう少し頑張って欲しかった。三人とももう少しこのくらいの重さに慣れれば、おのずと体力もついてくると思うのでしっかりトレーニングに励んでもらいたいと思う。
今回タイムが良かった人も、悪かった人も今後しっかりトレーニングに励んでもらいたい。登山において体力はいくらあっても困らないものだし、今後は雪山シーズンになるため今まで以上に体力が要求されてくるだろう。雪山に行かない人も、冬を越えれば新入生が来るため、今までと同じ体力ではまずいとう時期になってくる。山岳部のトレーニングは地味であるがしっかりやって欲しいと思う。
最後に、今まで偉そうなことを書いてきたが、今回のレースを行ってくれた部員達には本当に感謝している。今回のタイムレ—スは自分がほぼ独断で進めた計画であり、それに半強制的に部員を巻き込むという形になってしまった。さまざま不満などがあったかもしれないが、最終的にはみんな陣馬山から城山まで行ってくれ本当にありがたかった。こんな計画につきあってくれて本当にありがとう。また忙しい中タイム計測をしてくださった、江村さん、なみさん、本当にありがとうございました。(小味山のタイムに関しては、下見も入念に行って万全な状態でいったのに、高橋と小林に負けるって・・・。すいません、自分ももっとトレーニングします・・・)






[PR]
# by tmualpine | 2017-10-14 23:18 | Comments(0)