excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
燕岳ー蝶ヶ岳縦走(敗退)
at 2018-02-21 03:50
2018 1/30-31南八..
at 2018-02-13 17:00
2018 2/5-8 中央ア..
at 2018-02-13 15:58
甲武信ヶ岳
at 2018-02-07 16:48
北岳
at 2018-01-15 22:36
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


甲斐駒ヶ岳山麓 錦滝 

06年1月21、22日
坂本 小山(記) 他労山会員 

労山で企画されたアイス講習会に参加。

二本の滝が見事に凍っていた。講師の指導のもと各々のレベルで、アイスクライミングを行った。

宿泊は、川嶋事務局長のお知り合いの方の家に、ご好意で泊めさせていただいた。
非常に快適でした。ありがとうございました。
[PR]
# by tmualpine | 2006-01-22 15:44 | アイス | Comments(0)

1月12日 第三回部内ギグ

参加者 岡本 齋藤 お父さん 上手 池上

今回は初の部室でのギグ!
狭いけど5,6人ならなんとかできるかなって感じ。

今回は皆課題が簡単めで、1,2,3課題までは全員1トライ目で登ってしまう。
これではいけないと思い、4課題目の僕の課題を少し難しめの課題にする。
岡本先輩がゴールまであと一手と迫るが登れず。他の人たちもその前で撃沈。
結局誰も登れず、差がつかず。
最後の池上君の課題でお父さんだけが登れず、結局他四人が同着1位に。
そこで追加課題で1~4位決定戦をすることに。

お父さん作のこの課題はルーフを使った5級くらいの課題。
岡本先輩と僕が登って決勝戦へ。
3位決定戦は・・・どんな課題か忘れました。が、池上君の勝利。

決勝課題は核心が天井のガバポケットへのランジの課題。
やはり核心での勝負になる。
3トライ目、気合を入れて裸で挑む。
岡本先輩はつかめず。
僕はブラシで磨きこんでトライ。なんとかとまった!

結果、順位は
優勝 上手
2位 岡本
3位 池上
4位 齋藤
5位 お父さん
となりました。

次回こそは岡本先輩の作ったハリボテをつかって、やりましょう!
[PR]
# by tmualpine | 2006-01-13 15:38 | ショートルート | Comments(0)

1月9日 御岳

参加者 岡本 齋藤 松本 上手(記)

久しぶりに二人以上で御岳にいってきた。
まず、松本君と二人でソフトクリーム岩周辺で登る。
バイクで来たので、全身冷え切っている。
とりあえず、寒いので登らず、松本君を応援。
e0009437_1493447.jpg


岡本先輩、齋藤先輩と合流して、遊歩道岩に行く。
いままであまり真剣に登ったことが無かったが、一級の課題なんかもあるらしい。
早速一級のトラバースを触る。見た目も難しくなさそうだし登れそうな予感。
実際結構行けそうだったが、岡本先輩が反対側の面に課題をつくったのでそれをやる。
e0009437_1419096.jpg


左の縦カチと右の水平カチから右上する課題。
e0009437_14373389.jpg

e0009437_14482277.jpg

一手目のリップをとるムーブは岡本先輩が先に成功。
直上しようとするものの、上が意外に悪い。
そこで、リップにヒールをかけて、右の縦カチを取りに行くムーブを試す。
これでいける!と思いスタートからやるも失敗。また失敗。
e0009437_1449414.jpg

そんなうちに岡本先輩が登ってしまう。
e0009437_14375932.jpg

岡本先輩曰く、成人の日ということで「ADULT’S DAY」(3級)
その後僕も無事登る。結構いい課題だと思います。

ここで今回の目玉企画である焼き芋をする。
4本中2本はしっかり火が通ってホクホクでおいしかった。
ちなみに当りは岡本先輩と僕。
残りの2本は中心がまだ固かったそうですが・・・。
e0009437_1446596.jpg

e0009437_14471651.jpg


そのあと、再びソフトクリーム岩へ移動。
松本君は5級の課題を、齋藤先輩は凹角右、僕と岡本先輩は凹角左をやる。
e0009437_14402697.jpg

[PR]
# by tmualpine | 2006-01-13 14:49 | ボルダー | Comments(0)

鳳凰三山

12/28~30(たぶん
小山(記)、石川、松本、立崎、池上

雪少なし。雪稜ってか縦走?

稜線の風と寒さは雪山!って感じ。鼻水凍るわ。。

もう3年前か~
[PR]
# by tmualpine | 2005-12-21 23:22 | 雪山 | Comments(0)

リード(秋川障子岩)

日時:2005年12月4日
参加者 齋藤・横尾・上手・角田(記)

リードをしに秋川の障子岩へいく。9時に調布駅南口集合、横尾先輩の車で一路障子岩を目指す。今回は珍しく定刻に全員が集合した。何かおこらなければ良いが…天気予報は夜から雨の予報なのでクライミングにはあまり心配がなさそうだ。

車を釣り堀の手前の待避帯に止め、歩いて障子岩へ。南面に20分ぐらいで着くが山道が枯れ沢と交差していて意外ともろい。岩の下も平坦な部分が少なく、石がゴロついていてビレイもとりにくそうだが、大きくハングした石灰岩質のその様相はとても魅力的に見える。南東面は展望もよく岩肌も美しいが、課題が少し難しい。小手調べてとして南面のTNT(10a)を登ることにする。

まず始めに僕が挑戦。久しぶりのリードに、てか久しぶりというか数えるほどしかやったことがないリードで、いくぶん尻込み気味で登り始める。岩に触る毎に指先から冷たさがしみ込んでくる。指をハァーハァーやりながら登るが、そのうちに身動きが取れなくなり、指先はますます冷たくなる一方。やがて雪までぱらつきだして戦意喪失。断念。以前から全く上達していなく情けない限りです…その後上手先輩と齋藤先輩がそれぞれ1テンで登る。指の冷たさは一定を超えるとかゆい程度になるそうです。霜焼けのような感じらしいが…いよいよ雪が本格化しはじめ、横尾先輩の風邪も辛そうなのでとりあえず撤退することに。帰り際に齋藤先輩が小さな雪だるまを作っていました。

その後、齋藤先輩と上手先輩とともにB-PUMPにいく。休日ともあってかたくさんの人でにぎわっていた。何よりもあったかいのがうれしい。僕は4級の課題を登ったのが最高で、ルーフ状の課題は6級でも全く歯が立たなかった。ジムでやるときは普段学生ホールでできないような課題をやるのがいいのかも。閉店時間の九時まで登り、遅くから登り始めたわりにおなかいっぱい登れた一日でした。
e0009437_22424543.gif
e0009437_22431282.gif
e0009437_22435098.gif
e0009437_2244682.gif

[PR]
# by tmualpine | 2005-12-07 22:44 | ショートルート | Comments(0)