excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

18/04/22 広沢寺クライミング

日時:2018/04/22
メンバー:B2佐久間,小林,橋本,町田 B2大和田,佐々木(記) B1宇田,稲垣,梶原,田中,中村,吉田

新入生の6人、上級生6人の大所帯で今年度初の外岩クライミング。GWの小川山前にクライミングのさわりを知ってもらうという目的があった。前日の塔ノ岳に引き続き天気は快晴!


初めにリードとビレイの仕組みを学びながら1年生はトップロープで全員登頂。高さに躊躇もなく軽々と登っていて驚いた、と同時に少しくらい恐怖感を抱いて慎重になってくれた方がこちらも用心出来るのだが…
e0009437_22514267.jpg
さらにトップロープだけでなくリードでも5.7~10aまでに挑戦していた。慣れないリードに苦戦しつつも、持ち前の身体能力と学習能力なのだろうか、覚えが早くて羨ましい限りだ。積極的にビレイも行ってくれたので最後の方には補助も要らないほど習得でき、これから頼りになりそうだ。
e0009437_22512206.jpg

一方山岳部員はというと、教える合間を縫ってナバロンに期待を砕かれたり、確認を兼ねてマルチをやったり、対岸の岩場で苦戦したり、広沢寺での次回の課題を見つけてきた。私はというと、1年生とともに5.8,9あたりを一緒にやっていた。楽しかった~


そしてなんと今回来てくれた新入生の中には女子が2人も!ずーーーーーっと寂しいと言いながらも、アルパインをやってきたかいがあったというもの!これから一緒にやっていきたいなあというのが私の本心。ちなみに広沢寺前日の夜は楽しみすぎて眠れなかったほど。


1日たっぷり使って新入生にもクライミングの魅力を伝えられたという手応えはあった。今日をきっかけに今後も楽しんでもらいたい。

[PR]
by tmualpine | 2018-04-23 23:02 | Comments(0)

八ヶ岳 赤岳真教寺尾根

日時:2018/2/26-27
メンバー:山田、椎名、安田(記)

ブログの投稿が遅くなり本当にすみません
3月から就活を始めてかなりばたばたしてました、、

26日:南大沢駅0942-1338清里駅1350-(タクシー)-1410清里スキー場-1630牛首山(幕営)
27日:0600牛首山-0940赤岳山頂-(県界尾根)-1400清里スキー場

26日:
朝、社本が発熱したらしく山行に参加できなくなる、残念、、
1000八王子で三人が合流する
安田は京王堀之内駅にて転倒、顔面とひざを強打して満身創痍だった

1400清里駅着
タクシーのおっちゃんによると今年は雪が全然降らなくて、スキー場も人工降雪機を回しているそう
確かにスキー場に行く間の道路には雪が全くなかった

1430天気は快晴で半袖で歩けるくらいの気温だった
スキー場の人に止められないようにゲレンデの端を急いで登る
1500ゲレンデ頂上に到着、登山道を登り始める

1630牛首山到着
ラッセルに必要がなく無風快晴だったので、予定より早く着いた

e0009437_15214118.jpg
楽しそうなふたり
安田がかましたボケがおもしろかったらしい

1710急登手前まで歩き、赤岳が見える樹林帯にて幕営
夜ご飯は山田さんのサケ鍋、鍋キューブが浸水していたがとてもおいしかった
酒を飲み、つまみを食べながらぐだぐだおしゃべりをし、20時就寝

27日
0520起床 本当は5時に目覚ましをかけていたが一発で気づかなかったのはよくなかった
0620出発 
0700樹林帯終わりかけのところで、3番手で歩いていた椎名さんが足元を踏み抜き木に引っ掛かった
山田さんが助けに行ったが、雪が柔らかく斜面をそのまま上がることができなかったため、斜面をトラバースして登山道に戻った
説明が下手でうまく伝わらないかもしれないです
ここでアイゼンを装着し、ピッケルを持つ

0850赤岳山頂手前の急登
e0009437_15344724.jpg

雪と岩のミックスが少し続き、最後はほとんど岩になった
足元が安定していたため、ロープは出さずに慎重に上っていく
e0009437_15474748.jpg
0940赤岳山頂
山頂手前で、絶景を堪能したので山頂は写真撮影だけですぐに下山を開始する

県界尾根の下山では最初に急なくだりだったが、雪の中から樹木が出ていたのでロープは出さずにハイマツや木をつかみながら下りた
途中までトレースがなくラッセルだったが、山田さんがずっとトップを歩いてくれた

1400下山を完了しそのまま帰京する

山田さんとのラスト山行は非常に天気に恵まれていて気持ちがよかった
自分の個人的な感想としては、体力に差があると感じた
基礎体力が違うのはしょうがないが、それを少しでも埋め合わせられるよう鍛えないといけないなと思った
あとは、雪山の知識をもっと聞いておくべきだった
e0009437_15581359.jpg
橋本のさぶろうにて

山田さん、椎名さんお疲れ様でした
二人とも本当に山が好きなんだなあと感じた山行でした
先輩のおかげで自分もかなり山が好きになったと思います
今まで大変お世話になりました
またいつか山に行きましょう







[PR]
by tmualpine | 2018-04-03 16:22 | 雪山 | Comments(0)