excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
八ヶ岳 赤岳真教寺尾根
at 2018-04-03 16:22
2018 3/6-8 八ヶ..
at 2018-03-09 23:48
2018 2/20-23 八..
at 2018-02-24 11:08
燕岳ー蝶ヶ岳縦走(敗退)
at 2018-02-21 03:50
2018 1/30-31南八..
at 2018-02-13 17:00
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

陣馬山~城山 荷歩レース

日程:10/8(日)
メンバー:(2年)小味山(記)、高橋、町田、小林、佐久間、橋本、大山、黒木
     (1年)大和田、社本、高安、岸、佐々木、難波、平松、木村
     (3年)安田 (M2)江村
ルール:陣馬登山口から城山山頂までコースタイムで5時間のコース。

    男子は20kg、女子は15kgの荷物を背負う。(飲み水や行動食も含めてこの重さになっていればOK)
    一人ずつスタートし、5分おきに次の人がスタート。
    陣馬山~城山間の堂所山、景信山は巻道を利用してOK。

〈結果〉


(名前)    (タイム)  (ゴール後の重量) 
(男子)
 高橋  2時間31分30秒    
 小林  2時間35分25秒   19.0kg
 小味山 2時間48分28秒   19.2kg
 町田  2時間54分22秒   18.6kg
 高安  3時間1分22秒    17.6kg
 黒木  3時間9分17秒    19.7kg
 佐久間 3時間10分49秒(道迷い)18.2kg
 社本  3時間25分20秒(捻挫) 20.9kg
 橋本  3時間25分45秒     19.8kg
 大山  3時間31分20秒     17.0kg
 大和田 3時間50分00秒(道迷い)18.0kg
 岸   4時間5分10秒 (道迷い)21.1kg
(女子)
 佐々木 3時間6分30秒      14.9kg
 平松  3時間50分10秒     12.7kg
 難波  3時間56分10秒     14.2kg
 木村  4時間26分45
〈感想〉
レースの順位は自分的には予想通りという感じであったが、タイムを見てみると全体的に自分の予想よりは早かった。
高橋、小林はまあワンツーフィニッシュするなとは思っていたが、コースタイム50%を達成するとは・・・、二人ともやはり底なしの体力だ。町田は途中から足をつったらしく最後はほぼ動けないほどだったらしい、それでいて3時間をきるあたりやはり前の二人に劣らない体力の持ち主だ。高安と黒木もなかなかの好タイム、正直二人とも重さに慣れていないからもうちょっと遅いと思ったが見事に裏切ってくれた。サッカー部体力ある伝説はまだまだ続きそうだ。佐久間、大山はもうちょい頑張って欲しかった、まあ二人とも一緒に山に行くともっと早いイメージがあるから大丈夫だと思うが…。橋本に関しては、2017/7/15北岳バットレスのブログの最初らへんを100回ほど見返して欲しい。大和田、社本、岸に関しては本来の力を見たかったというのにつきる、この3人が本来の力を出していれば一年男子の競争ももう少しし烈になったのではないかと思うと残念である。ちゃんと道説明したと思うんだけどなぁ・・・。
女子においては佐々木が圧倒的であり、男子と重さが違うといえどすばらしいタイム。今後も期待できる。
平松、難波、木村に関してはもう少し頑張って欲しかった。三人とももう少しこのくらいの重さに慣れれば、おのずと体力もついてくると思うのでしっかりトレーニングに励んでもらいたいと思う。
今回タイムが良かった人も、悪かった人も今後しっかりトレーニングに励んでもらいたい。登山において体力はいくらあっても困らないものだし、今後は雪山シーズンになるため今まで以上に体力が要求されてくるだろう。雪山に行かない人も、冬を越えれば新入生が来るため、今までと同じ体力ではまずいとう時期になってくる。山岳部のトレーニングは地味であるがしっかりやって欲しいと思う。
最後に、今まで偉そうなことを書いてきたが、今回のレースを行ってくれた部員達には本当に感謝している。今回のタイムレ—スは自分がほぼ独断で進めた計画であり、それに半強制的に部員を巻き込むという形になってしまった。さまざま不満などがあったかもしれないが、最終的にはみんな陣馬山から城山まで行ってくれ本当にありがたかった。こんな計画につきあってくれて本当にありがとう。また忙しい中タイム計測をしてくださった、江村さん、なみさん、本当にありがとうございました。(小味山のタイムに関しては、下見も入念に行って万全な状態でいったのに、高橋と小林に負けるって・・・。すいません、自分ももっとトレーニングします・・・)






[PR]
by tmualpine | 2017-10-14 23:18 | Comments(0)

北アルプス裏銀座縦走後半組

2017年8月24日〜26日
メンバーB2佐久間 町田(記) B1佐々木
以上3名で槍ヶ岳から下山したグループと別れ槍ヶ岳〜燕岳まで縦走をしました。

1ヶ月半も昔のことなのでうろ覚えです。
お許しください(>_<)

24日
0330起床 高橋のブログに記述されてる通り激しい風と雨の中朝食を食べ出発(>_<)
本来ならば大キレットに行く予定でしたが暴風雨のため危険であり、槍ヶ岳の小屋天気予報によると数日間天気回復の見込みはないため計画を変更して槍沢まで降りて蝶ヶ岳ヒュッテまで向かうことに…
当日含めて3日間この天気が続くかと思うと⤵︎⤵︎

0530出発
とりあえず横尾山荘まで下りまみれ!とくに見どころのないルートを駆け抜けなんとコースタイム30%でまで下山完了
1年なのにありがへばらず付いてきてくれました スゴイ
e0009437_08594778.jpeg
なにが悲しくてこんな天気の中彼らは走っているのだろうか

0940横尾山荘到着
長かった下りが終わり、ここで長めに休憩、横尾山荘ももちろん悪天候だったのだが今から登る雰囲気の人間がチラホラいて何故この天気で登り始めるのか不思議で仕方なかった

1000急登登り始め!
尾根までの道はひたすらもじゃもじゃしてるところを登っていただけです。急登がきつい(>_<)
槍見台なんて名前の場所がありましたが雲しか見えないです。クソですね

1200蝶ヶ岳ヒュッテ
漸く小屋に着き強風の中テントを張ってると見たことないおっさんがテントから這い出て
「いやー君達がそこにテント張ってくれて風よけになるよ笑」とめっちゃ煽られました。
山行から一ヶ月半経っても覚えてます
一体なんなんだあのおっさんはとイライラしながらテントに入って荷物整理をしていると気づきました
風の音がしない、まさかと思い外に出ると

太陽です!4、5日ぶりの太陽です!下の写真です見てください!常念がてっぺんまでまで見えました今までよく分からん尾根が一瞬チラ見えしただけでも興奮していた我々が、まさかの全見せokです。素晴らしいですね。
この山行正直写真を一枚も撮らずに終わるのではと思っていたのですが携帯のカメラモードを起動することができました嬉しい!
e0009437_09090388.jpeg
そしてなんと
e0009437_09284560.jpeg
絵です。
ありが書いてくれました、蝶ヶ岳ヒュッテから真東を向いたシーンかな?やんごとないですね、アホみたいにダウンを乾かしていた2年とは違いますね。
晴れたという登山的に割と前提であろうことに至福を噛み締め就寝

25日0330
はい、知ってました。就寝前はこのまま晴れっぱなしじゃないかと、全然そんなことありませんでした。ひどいや

0530発
常念に向けて出発。
小屋泊をしていた大学生ぐらいのパーティが小屋から出てくるのを見ながら出発。
金持ち滅べ( ̄ー ̄)

0900常念小屋着
なんか見たこともないおっさんが小屋の窓叩いてました
常念周辺それしか記憶がないです。

0915大天荘に向け出発
大天井までの道のりはだいぶ平坦で風も弱く雨は降っていたもののまぁまぁ幸せだったのですが、
大天荘に残り30%ぐらいまでに差し掛かったところで雷鳴が聞こえ少し焦り急ぎ足に…

(雷が目視できる範囲には落ちておらず、またハイマツ帯も通り過ぎていたため、避雷針がある大天井岳に早くつく方が安全という判断でした。)

ありが少しへばってきたのを見かねた佐久間がなんとダブルザック!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

1200大天荘着
なんとか大天荘に到着、到着する頃には雷鳴は全く聞こえず杞憂だった感がありますが無事に到着できてなにより
しかし、恐らく今山行最悪の雨でテン場は水たまりまみれそんな中テントを張るのは我々1パーティだけでした。
水たまりの上に張ったのでもちろんテントの中にも水たまり、果たしてテントの意味があったのだろうか(´・_・`)
しかし、良いニュースもあり、小屋の天気予報によると翌日の昼ごろは晴れるらしいという素晴らしい情報を頂けた。


26日
0330 起床
案の定である
しかし数時間経てば晴れると信じなんとか起きる。

0530 出発燕山荘までの道はだいぶ歩きやすく皆早く帰りたいという思いからだいぶ急ぎ足だった。
特に面白いことも無いまま歩いているとライチョウの群れが我々の前に現れ、トップをしてくれた可愛い
e0009437_08584349.jpeg
あり画伯である

辛いと言いながら彼女はライチョウの姿を観察していたのである。彼女本当は余裕だったのではないだろうか?
辛い時の記憶にトテテテテという効果音は流れないはずである。


0900燕山荘着

やっと晴れた
ゴール地点でやっと晴れた
e0009437_13410176.jpeg
まだ槍の方はこんな雲だったが
e0009437_13414126.jpeg
燕山荘はこんなに晴れていた
ただ悔しいのはこの景色を我々は6、7日かけてやっと見れたのに燕岳登山口から3時間ぐらいかければ見れるということである。
e0009437_14073323.jpeg
そしてこの顔である。

あとは景色を十分に楽しみ人さっさと下り温泉につかるだけだったのだが、ちょうど土曜日だったので登山道は人がうじゃうじゃ、多分歩いていた時間より止まっていた時間の方が長い、クマがだいぶ切れていた。
ぐちぐち言いながら下山すると温泉!
一週間ぶりの湯船は半端じゃなかった(^。^)

全体的に天候に恵まれず行きたいルートに行けない山行となってしまったが、限られた状況の中である程度上手くできたのではないだろうか。
誘ってくれたクマそして一年生女子であるにもかかわらず付いて来てくれたありにとても感謝している。
恐らくこの3人は辛い状況においての人間性的な何かがだいぶ鍛えられたと思う。

と、シンパシーを勝手に感じでいたのだが、
燕山荘に向かう道中クマとありでこのような会話があった。
クマ「晴れてる時にまた同じ山行行こうぜ。」
あり「まっちょ先輩が来ないなら行きます。」

一体私がなにをしたというのではないだろうか(´・_・`)
悲しいな(>_<)
思い当たる節が多々あるのが更に悲しいところである。

ブログは以上となります、1ヶ月半も書かずに申し訳ありませんでした(>_<)


[PR]
by tmualpine | 2017-10-09 12:56 | Comments(0)