excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
燕岳ー蝶ヶ岳縦走(敗退)
at 2018-02-21 03:50
2018 1/30-31南八..
at 2018-02-13 17:00
2018 2/5-8 中央ア..
at 2018-02-13 15:58
甲武信ヶ岳
at 2018-02-07 16:48
北岳
at 2018-01-15 22:36
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:雪山( 62 )

燕岳ー蝶ヶ岳縦走(敗退)

メンバー:小味山・佐久間(記)・町田・社本
行程:
14日 1500宮城ゲート 2000中房温泉(幕営)
15日 0430起床 0620出発 0830第2ベンチ 1400合戦小屋(幕営)
16日 0500起床 0700出発 0830燕山荘 0930燕岳山頂 1200合戦小屋 1300合戦小屋出発 1530中房温泉 1830ゲート手前4km地点(幕営)
17日 0600起床 0700出発 0800宮城ゲート

夏の縦走合宿では展望がなかった常念山脈にリベンジに行ってきた。ずいぶん前から考えていた山行だったため万全を期したつもりだったが結果は惨敗、、、
達成感どころか徒労感の強い山行であった。

14日
14時40分頃の電車で安曇追分駅に集合。直前になって穂高駅よりこちらの方がゲートに近いと知り変更した。ここから徒歩でゲートまで向かう予定だったが時間に余裕があったこと、タクシーの料金が高くないこと、この日中に中房温泉まで行けるとの予想から討論の末タクシーでゲートまで向かった。そこから4時間近く林道を歩いて中房温泉に到着。12kmの林道であるが200mごとに残りの距離を示す看板があったため逆に長かった。
e0009437_01471352.jpg














温泉では電波が入ったため、水を作りつつ天気図や予報を見て行動の予定を立てた。16日の天気は良さそうだがその後が気温-17度、風速25m以上という天候が数日続く予報であった。早くも敗退が濃厚な天気である。ここまできて燕岳ピストンでは労力に結果が釣り合わないが、予備日2日では蝶が岳までの縦走は絶望的であった。妥協案として常念岳まで縦走して東尾根から下山する計画も出たが、それにも問題は多くあった。とりあえず絶望から目を背けて就寝。

15日
中房温泉から合戦小屋まで全行程ラッセル。先頭を交代しながら高度を稼いだ。数日前の降雪のせいかふかふかの新雪でなかなか進まず消耗した。前日のうちに林道を歩いておいて本当によかったと実感した。幕営後、天候を考慮してピストンに計画を変更した。毎度思うことなのだが、バイトの予定ではなく天候に合わせて柔軟に入山日を調整すべきだ。

16日
敗退を決めてしまえば急ぐこともないためゆっくりと準備し、雲海を楽しみながら燕山荘を経て燕岳山頂へ向かった。森林限界を越えると雪も固くなっており気持ちよく歩けた。
e0009437_02382480.jpg














燕山荘は山頂と標高もほとんど変わらず、展望がよかった。
e0009437_02400408.jpg







燕岳山頂到着。風もなく快晴で、なんとも居心地のいい山頂であった。360度の大展望のなか北アルプスの主脈が全部見えた。各自行動食を食べたり写真撮影に興じ、もはやピクニックの様相を呈していた。
e0009437_02470263.jpg






一通り景色を楽しんだのち下山。行くはずだった大天井岳や常念岳を右手に後ろ髪を引かれる思いで合戦尾根を下った。快晴だったためなおのこと無念である。
e0009437_02511813.jpg














ところどころシリセードをしながら往路を戻った。シリセード向上委員会委員長社本拓也の活躍もあり所要時間を相当巻いた。合計1kmは滑ったのではないか。
中房温泉で幕営するか行けるところまで林道を歩くか話し合い、歩く案を採った。残り4kmまで歩いて幕営・就寝。

17日
残りの4kmを歩いてタクシーを呼び、安曇追分駅へ向かった。雪がちらつき始め、振り返ると燕岳方向は濃い雲のなかだった。この天気のなか縦走できそうには思えないが、それでも釈然としない思いだった。
憂さ晴らしもかねておなじみの定食屋へ寄って帰京。改装後の小淵沢駅舎は大きな窓が四方に張ってあり、どこからでも周囲の高峰を望めるという趣向のようだった。

今回の山行では縦走合宿と同じく天気に泣かされた。しかし、2月の北アルプス縦走で全日程行動できる天候というのは望みすぎかもしれない。予備日を十分に準備しなかったことも敗因である。また技術的な難所は蛙岩の通過1カ所であり、他はすべて稜線歩きであることを考えると強行してもよかったのではないかとも思える。稜線上で歩けないほどの強風は経験したことがあるが、それが風速何mなのか正確には分からないため、天気予報を見ても行動・停滞の判断基準をどう設定したらよいか判断がつかなかった。結局は行ってみるしかないともいえそうだが、比較的安全な幕営地にいる状態からそのリスクを冒してもよいものなのか。いずれにしてももっと経験を積まねばならないと感じた。




[PR]
by tmualpine | 2018-02-21 03:50 | 雪山 | Comments(0)

2018 1/30-31南八ヶ岳主脈縦走

・メンバー:内田
・行程:
1/30 甲斐大泉駅0600-0700天女山-1000前三ツ頭-1240権現岳-1400キレット小屋付近
1/31 キレット小屋付近0600-0720赤岳-0850三叉峰-0950硫黄岳-1020夏沢峠-1100雲上の湯-1200本沢温泉-1420稲子登山口

日本最高所の露天風呂である本沢温泉に行ってきた。
せっかくなので南八ヶ岳(権現岳-赤岳-横岳-硫黄岳)の縦走もおこなった。

1/30
天女登山口から権現岳まではラッセル。
権現岳直下の左に巻いて上るところ、下りの20M梯子が核心だったが、丁寧にいけば問題なし。
無風&快晴の最高な天気。赤岳と阿弥陀。
e0009437_16352076.jpg
キレット小屋へ下るルートが見つからず、付近の樹林帯で幕営。
19時過ぎから風が強くなり、ポールが折れると思った。怖さから3時間くらいしか寝れなかった。

1/31
この日は風が強かった。赤岳の上りもは雪の状態が良く、快適に登った。
頂上で地蔵尾根からピストンの方に写真をとっていただいた。
雲ひとつない八ヶ岳ブルー
e0009437_16352655.jpg
横岳と硫黄岳が思っていたより近く感じた。雪の量もそこまであるわけでないので今日のうちに下山しようと考えた。
e0009437_16353109.jpg
風は強かったがゆっくり、味わいながら稜線を歩いた。
雪がついた硫黄岳・爆裂火口壁のあまりのかっこよさに感動した。

雲上の湯は最高だった。けど湯冷めもすごかった。

e0009437_16354124.jpg
あとは登山道を下山。
天候に恵まれたこともあるけど、しっかり歩けるようになってきたと実感した。





[PR]
by tmualpine | 2018-02-13 17:00 | 雪山 | Comments(0)

2018 2/5-8 中央アルプス主脈縦走(木曽駒ヶ岳-空木岳)

・メンバー:内田(記)、小林、橋本、大和田
・行程:
2/5 0950駒ヶ根駅-1120千畳敷-(順応)1200-1300浄土乗越-1400頂上山荘(幕営)-1520木曽駒ヶ岳-1540頂上山荘
2/6 頂上山荘0710-0800宝剣岳-0900極楽平-1030濁沢大峰-1210檜尾岳-1240檜尾避難小屋
2/7 檜尾避難小屋0700-0720檜尾岳-1000熊沢岳-1130東川岳-1220木曽殿乗越(休憩)1300-1420第1ピーク-1500空木岳-1520駒峰ヒュッテ
2/8 駒峰ヒュッテ0630-0930小地獄-1030大地獄-1420タカウチ場-1530登山口
*8日に南駒ヶ岳と越百山を越える計画だったが、体調・燃料などを懸念して池山尾根から下りた。

厳冬期のアルプスを縦走しに、中央アルプス(木曽駒ヶ岳-宝剣岳-檜尾岳-熊沢岳-空木岳)に行ってきた。

5日
駒ヶ根駅からバスとロープウェイで千畳敷(2612m)まで快適に高度をあげてしまった。
楽しみにしていた千畳敷カールは真っ白でなにも見えなかった。
2日間で20cm以上積もったらしく,トップを変えながらラッセルしていく。
e0009437_14353595.jpg
浄土乗越に出ると風が強く、明日からの稜線が思いやられた。
中岳を越え頂上山荘のわきにV6を張り、木曽駒ヶ岳へピストン。寒いし真っ白なのですぐテントに戻った。

e0009437_14415343.jpg
夕食は周のキムチ鍋。量がすさまじく、こばは食欲がなく、フードファイターがいないため、一部冷凍保存した。
こばの体長が悪く(高山病?)、明日の下山も覚悟する。

6日
風は強く天候は良くなかったが、続行した。テント内でも気温は-10℃を下回っていた。
宝剣岳が核心だと考えていたが、ルートを選べば難しいところはなかった。場所によっては鎖も露出しロープは使用しなかった。
e0009437_14493725.jpg
宝剣岳の山頂で晴れ間が見えたがすぐに白くくもってしまった。
コンパスと地図を頼りに檜尾岳を越えて、避難小屋に到着。
天候は悪く-22℃、風速20Mほどだったため、厳冬期を満喫し、凍傷になりかかるメンバーが見られた。
中でももっちゃんの手の中指が凍傷で紫色になっており、お湯で温めた。
夕食はこばのトマトリゾット。定番にしたい

7日
この日も6日と同様の天気だった。
檜尾岳から熊沢岳はこばがトップ、熊沢岳から東川岳はもっちゃんがトップをやった。
地図上でお互いに確認したり、きわどい場所のルーファイも的確で頼もしかった。
東川岳の標識には超巨大なエビのしっぽ
e0009437_14580615.jpg

木曽殿乗越に下る途中、白い景色のなか黒く大きな空木岳がうっすらと見えて絶望し、避難小屋で休憩した。
空木岳は第1ピークは夏道に沿って標高を上げるので問題はなかったが、頂上直下からミックスや雪壁がでて緊張感があった。
ここでは2回くらいロープを出すべきだったかもしれない。
空木岳から駒峰ヒュッテは完全にホワイトアウトしてしまったが、コンパスで確認してたどり着き、入り口扉の雪を掘り玄関部分をお借りした。

計画では南駒ヶ岳と越百山を越えて下山だったが、凍傷部の心配・予備日2日にしてガスは1個+のみ・これまでの天候での消耗から池山尾根から下山することにした。


8日
下山日にしてはじめて晴れたのが悔しかった。
歩いてきた主脈のモルゲンロート
e0009437_15132078.jpg
池山尾根は想像以上に長く、手ごわかった。
樹林帯に入ると雪の量が多く、小地獄では25mの懸垂下降、大地獄ではやせ尾根で緊張感があった。
e0009437_16045428.jpg

マタナギを過ぎたあたりで赤テープとルートを見失ったのもきつかった。
池山の位置から現在地を予測し沢までおり、ササ付きの急登をのぼり、尾根の登山道にでて高速下山をした。

今回の山行は、厳冬期らしい風と寒さを体験できてよかった。
岩と雪のミックス登攀も、アイゼンとアックスをうまく使えたと思う。
ロープは懸垂下降のみで登攀には使わなかったが、もっと出したほうが良かったと反省。
こばともっちゃんは本当に頼りになったし、1年生ながらついてきた周も強かった。
厳しいところもあったけど確実にレベルアップしているので、もっと山の幅を広げていきたい。


[PR]
by tmualpine | 2018-02-13 15:58 | 雪山 | Comments(0)

甲武信ヶ岳

2月3~4日
メンバー:古賀さん、安田(記)、佐久間、佐々木

テスト期間も後半戦にさしかかり、一息つこうということで甲武信ヶ岳に行ってきた

雪山の経験値が乏しいので、計画を立てる際はかなり緊張した

3日
0500 佐久間とありちゃんと合流し古賀さん宅へ
インターホンを連打して、古賀弟さんにご迷惑をおかけしました

0530 その後出発するも、走行中に対向車と接触しサイドミラーのカバーが取れるというハプニングが生じる
ありちゃん、車お大事に、早く直ることを願っています

何とか乗り越え一時間半遅れで出発する

0800 古賀さんの素晴らしいドライビングテクニックのおかげで予定が大幅にずれることなく道の駅みとみに到着した
駐車場には登山者の車が数台泊まっており、甲武信ヶ岳にも何パーティーか入っていた
トレースばっちりの歩きだしで、佐久間は物足りなさそうだった

0840近丸新道登山口

0900徳ちゃん新道入り口
雪は足首程度でトレースがついているため、登りやすかった
最初、ありちゃんがトップで急登を上っていったが睡眠不足と体調不良でかなり辛そうだった
途中でトップを順番に交代し、登っていく
甲武信ヶ岳山頂までひたすら登っていく樹林帯で展望はほとんどなしというコース
他の人たちは、展望があった方が楽しいのだろうと思うが、年末に授業で植生地理学を学んだわたしは樹林帯が大いに楽しかった
甲武信ヶ岳で発見したこと
・人工林→天然林(広葉樹)→天然林(針葉樹)→天然林(低木層)
・斜面の傾斜や方角によって植生が変わる
・人工林の手入れ具合が良好
などなど

1300 樹林帯
雪がふくらはぎ程度まで積もっていたがトレースがあるので問題なし
ありちゃんがかなり苦しそうだと思った佐久間がダブルザックを提案する
古賀さんと安田は「いや、まじでイケメンだね。こんな先輩いたら惚れるわ~」と感動したが、ありちゃんは感謝する程度らしい
e0009437_16425682.jpg
1430 そろそろ甲武信小屋に到着かと思いきや、まだ一時間半はかかるという情報が入った
1500 日没が心配であるのと、ありちゃんの体調が芳しくなかったので樹林帯で幕営をすることに

標高2000m付近だったが、風もなく気温もそこまで低くならずに快適なテント泊だった
夜ご飯は、ありちゃん作のロールキャベツ
あのおいしさは下界ではけっして味わえないと思う
e0009437_16453942.jpg
1900 4人とも睡眠不足だったので就寝

4日
0420 起床 朝タンタンメン
朝起きたら、前日の夜ペットボトルの蓋に入れておいた安田のコンタクトが凍っていた
タンタンメンの鍋の上で溶かしたら氷の中から出てきたので、装着する

0600 出発
前日の天気予報で、晴れと予報が出ていた通り素晴らしい朝焼けを見ることが出来た
e0009437_16464317.jpg

0630 朝焼けを拝んだ後、アイゼンを装着ピッケルを持ち、いらないものをデポして山頂へ向かう
積雪量はひざくらいだがトレースがあるので埋まることはなかった
朝なので雪が締まっており、アイゼンが活躍した
0720木賊山登頂
e0009437_16384316.jpg
樹林帯に囲まれてなんとも山頂気分のでないピーク

0750 富士山絶景ポイントで富士山を見ながら写真撮影をする
e0009437_16340069.jpg
0800 甲武信ヶ岳山頂
山頂は貸し切りで、四人だけで絶景を堪能した
e0009437_16410828.jpg
0830 下山開始
下山はひたすら下るのみ
アイゼン歩行の練習を兼ねて、アイゼンを装着したまま下山する
e0009437_16353720.jpg
1200 道の駅みとみ着
お疲れさまでした
行き帰りとも高速を使ったので一時間半ほどで帰京

1400 部室に到着し、荷物を運んでいる最中に安田がすっころんで絆創膏だらけになった
最後の最後まで気を抜くもんではないですな

今回は、天気に非常に恵まれておりトレースもついていたことから予想よりも難易度の低い山行であった
これに甘んじることなく今後の山行もしっかりとした計画のもとで行っていきたい






[PR]
by tmualpine | 2018-02-07 16:48 | 雪山 | Comments(0)

北岳


日程:1月11日~13日(14日)
メンバー:(2年)小味山、町田(1年)社本(記)

今回が僕にとって初めての雪山山行であり、初ブログです。
今回の山行であったこと、僕が思ったこと・感じたことを正直に書くので、
文句は言わずに温かい目で読んでくれると嬉しいです。

11日
塩崎駅からタクシーで行くことに。まっちょさんとシャベルとスコップの違いについてなど討論しながら40分ほど、夜叉神峠に到着。タクシー代は運転手のおばさまの優しさで少し安く済みました。
おばさんありがとう。
本来はここで幕営でしたが、予定を変えてあるき沢橋まで歩くことにしました。順調に歩を進めていきましたが、あたりはすっかり暗かったせいもあり、どんどん進んでいくうちにルートをどこかで間違えていたことに気が付きました。ここはまっちょさんが正規のルートを探してくれて、命拾いしました。あのまま先頭についていったら危なかったです。マジで。常に冷静沈着な僕もこのときはさすがに焦りました。
そんなこともありながら23時にあるき沢橋に到着。長めの夜が終わりました。

12日
あるき沢橋から池山御池小屋まで予定通りに行きましたが、序盤は雪があまりなく、夏季の登山とあまり大差がないことにイライラ。しかし、小屋から幕営地に向かうにつれてラッセルが必要な積雪量になっていった。(トレースなかったです。)

城峰手前まで緩やかな登りと最後に急登でしたが、まっちょさんが1人でやってくれた。お疲れっす。ここからは急登続きでしたが、なぜかこみさんではなく僕の担当。最後まで割と僕が頑張りました。ここ大事。
比較的柔らかい雪だったため、固めても足が埋まるという結果が繰り返され、時間がかかってしまい、また慣れないラッセルだったため本当に体力が消耗されました。徐々にコツはつかんでいったが、やっぱりラッセルはきつかった。序盤に雪が少ないことにイライラしていた自分と他1名はバカだなとしみじみ思う。

予定よりも遅れて砂払よりも少し先の場所に幕営。みんなクタクタでした。
e0009437_22181631.jpg
                     城峰手前にて
e0009437_22194719.jpg
           朝焼け。てきとーに撮ったのでブレてます。ごめんなさい。
13日
本当だったら山頂アタックだったが、完全なる状況と時間の判断ミスでボーコン沢ノ頭までで山頂は断念。ほんとに単純なミス。どんなミスかはここで書くのはめんどいので、詳しく知りたい方は先輩二人に聞いてください。登っていく途中で追いついた、我々のトレースで登ってきた人に、「ラッセルありがとう」と言われたのは少し嬉しかった。しかしこの後荷物をまとめて下山へ。思ってたよりもサクサク下山でき、あっという間に小屋に到着。ここからの下山は疲れた足にここぞとばかりにダメージを与えてきたけど、合計3、4時間ほどであるき沢橋に着いた。でもここからが長かった。
奈良田温泉まで10㎞以上の全くインスタ映えしない道をひたすらに歩くことに。
一番思ったのは、こみさん歩くの速すぎ。疲れてるのに。正直頭の中で何回かボコりました。でもおかげで早く帰路につけて良かったです。あとまっちょさんの相手するのも疲れた。けどいろんな話をして割と楽しく歩くことができました。

今になって山頂に行けなかったことが悔しい。ほんとに。「また北岳いこうな。」って言われたら「はい。」とは答える気には正直今はならないが、もっとレベルアップしたいとはまじめに思った。最後に言いたいのはやっぱりラッセル疲れた。あと肩痛い。
e0009437_22195329.jpg
                   奈良田温泉に到着。

ブログ書くことになったときはめんどいと思ったけど、書いてみたら意外と楽しくなってる自分がいた。
だからと言って次回書きたいわけではないので、頼まないでくださいね。では。




[PR]
by tmualpine | 2018-01-15 22:36 | 雪山 | Comments(0)

2017/03/21-27伝付峠〜仙丈ケ岳残雪期縦走

・日程:3/21〜27
・メンバー:王鞍、内田、橋本、小味山、小林(記)

前泊
JR身延線の波高島駅まで行きそこからタクシーで広河原の発電所手前まで行きました。降りた場所から少し登り平地を見つけて幕営。

3/22
0550出発 0700八丁峠 0850東電小屋 1030出合 1430コル付近(2050mと2130mの間)にて幕営

朝飯を各自で済まし出発。初めは整備されていた林道もしばらくすると荒廃し始め危ないトラバースや橋渡りもあった。
e0009437_11083486.jpg
その後も赤テープを追いなんとか出合に到着。そこから尾根に取り付き伝付峠へ。前日に予定より進めたこともあり時間に余裕があったので伝付峠から少し進み幕営。この日の夕食は自分の持って来たトマト鍋。少し甘かったがトッピングのモッツァレラチーズは評判が良かった。

3/23
0530出発 1430白剥山 15502350m手前

この日は樹林帯をひたすらラッセルしながら進む。一応林道みたいな物があったが地図を頼りに尾根上を行く。2159mのピーク付近で迷ってしまいかなり時間をかけてなんとか林道に出る。
e0009437_12000459.jpg
4時から始まる気象通報を聞きたいので目的地には行かず2350m付近にて幕営。この日の夕食は内田さんのα米と具沢山の味噌汁。やはり味噌汁は日本人のソールフードである。

3/24
0500出発 0830笹山 1010白河内岳 1410農鳥岳 1650農鳥小屋

この日は森林限界を抜けることができるので比較的サクサク行けると思っていたが甘かった。農鳥岳付近はかなり危険なクライムダウンが続き予想以上に時間かかってしまった。
e0009437_12561973.jpg

e0009437_12573595.jpg
予定していたテン場には着けないと判断し農鳥小屋にて幕営。この日の夕食は橋本のスープパスタ。コンソメ風のスープが冷えた身体に染みました。その夜はテントの下が地面だったこともありみんな寒くて寝られなかった様です。自分はパタゴニアのナノエアを着ていたので無敵でした。

3/25
0600出発 0740間ノ岳 1200三峰岳 1500野呂川越

この日は100名山であり日本第3位タイの高峰でもある間ノ岳に登れるということもあり、モチベーションも上がる。ほとんど夏山のコースタイムと同じくらいで間ノ岳へ登頂。
e0009437_13160258.jpg
ただそこからが長かった。三峰岳まで降るだけのはずが、本当に登山道なのかを疑ってしまうほどの険しさ。またしてもクライムダウンに時間がかかり今日の幕営地を野呂川越に変更。26日の下山は絶望的になった。この日の夕食は王鞍さんのキムチ鍋やはり安定の美味さだった。

3/26
0500出発 1340大仙丈ケ岳 1440仙丈ケ岳 1530仙丈小屋

この日は仙丈ケ岳へ向かってひたすら尾根を登る。前日までの快晴とは打って変わって雪が降りガスっていた。そのため樹林帯では鬼の様なラッセルが永遠に続き、森林限界を超えてもほとんどホワイトアウト状態なのでまともに進むことが出来なかったが、なんとか仙丈ケ岳に登頂。
e0009437_13374697.jpg
仙丈小屋は冬季営業はしていないが避難小屋として解放しているのでありがたく使わしてもらう。室内は広くトイレもきれいで非常に快適だった。この日の夕食は予備日用に持って着た炊き込みご飯とα米を食べる。久しぶりに米を炊いた気がする。

3/27
0530出発 0840小仙丈ヶ岳 1110北沢峠 1620戸台大橋

この日は下るだけだということで気持ちが緩んでいたのかもしれない。仙丈小屋から小仙丈ヶ岳に向かう途中で尾根を間違えてしまい斜面をトラバースしなくてはいけなくなってしまった。先頭の王鞍さんがトラバースを始めると足元がみるみる崩れ表層雪崩が発生。運よく自分達がいる上方では雪が動かなかったのでことなきを得ました。その後は赤テープがたくさん付いていたので間違えることなく北沢峠に到着。さらにそこから沢沿いをひたすら下りようやく戸台大橋に。タクシーを呼び伊那市駅へ行きそのまま帰京。


今回の山行は前泊プラス5泊6日という長期の冬山縦走だったこともあり、いままで経験した事がない事態が発生しても大丈夫な様にいつも以上に入念な準備と気構えで挑みました。終わってみると、かなり際どいクライムダウンや重度のホワイトアウトなど通常では経験出来ない様な事が経験でき、また学ぶ事が出来たのでとても有意義な山行になったと思う。個人的にはアイゼンとワカンの履き替え時間の短縮や素早いクライムダウンなどは大分出来るようになって来たが、ルーファイに関しては全然出来ていなかったので問題点が浮き彫りになった感があった。内田さん王鞍さんはしっかり現在地の把握が出来ていてまた、体力面でもいつも余裕を持って行動していたのでそのレベルに追いつけるようにすべての面でトレーニングを積んで行きたい。




[PR]
by tmualpine | 2017-03-29 10:11 | 雪山 | Comments(0)

2017/3/11ー13 日光白根山

・日程 3/11〜3/13
・メンバー:小味山(記)、橋本

前泊
終電で東武日光駅に到着し、駅の近くでステビバ。
東武日光駅のお城のような外観に圧倒されながら眠りにつく。が思いの他日光が寒い…小味山はなんとか眠れたが、橋本は寒くて眠れなかったとのこと…

3/12
0615東武日光 0730湯元温泉 1005外山鞍部 1110前白根山 1150五色沼避難小屋 1320白根山山頂 1430五色沼避難小屋にて幕営

起きてもやはり寒い…朝食のラーメンを急いで作って食べ、すぐさま駅内に避難。
バスを待ち、6時15分のバスで湯元温泉まで1時間30分ほどゆられる。
到着後、近くの湯元温泉スキー場から登山口までスキー場をひたすら歩く。リフト沿いに40分ほど歩くと登山口へ。天気は快晴、申し分ない天気であった。
e0009437_10452727.jpg
外山までは急登が続く、下が滑るということもあり早々にアイゼンを装着。軽快に歩を進め予定通りの時間で外山鞍部まで到着、急登と言っても雪は積もっていなくラッセルをする程でも無かったため案外楽に突破できた。
外山鞍部から前白根山までは緩やかな道を行く。前白根山に行くにつれどんどん雪がなくなって行く…最終的に前白根山ではほぼ雪は存在しない状態に…なんか悲しい…
e0009437_11000637.jpg
五色沼避難小屋まで下り、上記の写真の後ろに写っている白根山を目指す。
荷物は避難小屋にデポして出発。
e0009437_11043385.jpg
白根山まではまたまた急登を登る、こちらもラッセルするほどは積もってはいない。最初は軽快に行くが終わりが見えない急登に段々とペースが落ちてくる、2人でえっちらおっちら何とか登りきる。
e0009437_11085892.jpg
天気がいいこともあり、山頂からの景色は中々のものであった。特に湯元スキー場近くの湯の湖が綺麗であった。
e0009437_11135253.jpg
e0009437_11143451.jpg
下りはシリセードを試みるが埋まってしまい滑れない…我々が下手なのか、雪のせいなのか…
避難小屋は冬季も使用可能であったが、訓練の意味も込めてテントを避難小屋近くに張り夜を過ごす。
夕飯は橋本のクリームチーズソースのペンネパスタとカルパッチョ風サラダ。最近の夕飯のクオリティの高さにほとんど山で夕飯を作っていない小味山、焦りを隠せない…

3/13
0500起床 0640避難小屋出発 0810五色山 0845国境平 1200湯元温泉

朝食のラーメンを食べ、避難小屋から出発。
心配であった天気も何とかもってくれていた。
五色沼は凍っていたが、幻想的であった。
五色沼の外縁を通り沼の横から登山道に入っていき五色山を目指す。
e0009437_11291722.jpg
沼を横目に見ながら登っていく、トレースも無かったため自分達が沼の方からつけていったトレースを見てちょっと気分も高鳴る。
e0009437_11362030.jpg
e0009437_11364209.jpg
五色山を越えた辺りから雲が上がってきて、徐々に天気が悪くなっていく。
急いでその後の行程をこなし、予定通りの時間で下山していく。
しかし下山は途中で少し道に迷ってしまう、どうやら途中で登山道の横の少し谷っぽくなっている地形に入り込んでしまったようだ。そこは何とか降りることができ登山道に合流し無事下山はすることができた。ルーファイの甘さを2人で反省する…

今回の反省
今回の山行は1年だけで雪山に行くということで、立てた山行であった。
山のレベルとしては今までと比べ、物足りなかったというのが本音である。しかし、1年だけで計画を立て、ルーファイをし、テントを立て、登ったというところで一様の成果は出たのではないかと自分自身考えられる。
が、下山時のルート間違えなど、まだまだ改善しなければ課題もいつもよりハッキリ見えたのも事実である。この山行を機に1年のさらなるレベルアップを期待したい。


[PR]
by tmualpine | 2017-03-14 10:34 | 雪山 | Comments(0)

2017/03/01~02 高妻山

日程:3/1~2
メンバー:王鞍、小味山、町田、橋本(記)

今回は戸隠の都立大山荘を拠点として活動を行いました。その内の山行の記録を更新します。

0515 戸隠山荘発。山荘にて、布団で寝て朝御飯を食べ万全の準備をして山荘を出る。山行前日に英気をしっかりと養えるのはやはり山荘があってこそだろう。OBさんに戸隠牧場入口まで送ってもらう。
0600 取りつき。広大な牧場に広がる朝焼けを全身に浴びて、冬の朝の澄んだ空気を目一杯吸い込み目を覚ます。
0715 1596m地点。前日も天気が良く非常に雪がしまっていたためさくさく登る。人のトレースは無かったが、ウサギや猿などのトレースがあり山行中に会えないかなとか思う。
e0009437_17513097.jpg
0920 五地蔵山山頂。途中、続く急登に備えアイゼンをつける。締まった雪にアイゼンがよくきいた。ここで幕営予定のため荷物をデポして高妻山に向かう。
e0009437_17544377.jpg
目指す高妻山と先輩が持ってきた何かと汎用的な練乳。今度の合宿に持っていってみようと思う。
e0009437_18231237.jpg
1200 高妻山山頂。天気も良く風もなかったため快適に尾根を歩く。山頂手前急登が立ちはだかり少し怯むも、バテながらではあるが何とか登りきる。
e0009437_18194475.jpg
時間に余裕があったのでこのまま乙妻山を目指すことに。
1420 乙妻山山頂。途中練習もかねロープを出したが勉強不足のためもたつき、事前研究の足りなさが感じられた。山頂は360°展望が良く日本海を望むことができた。
1535高妻山山頂。高妻山手前の急登をシリセードで下る。これが非常に楽しい。
1720五地蔵山山頂。テントを設営し夜ご飯はキムチ鍋。このブログ見てるとみんなキムチ鍋ばかり食べてる気がする。もっとバリエーションを増やしたい。
0900就寝。

0500起床。棒ラーメンを食べ活力を得る。
0830取りつき。残りは下るのみなのでシリセードを駆使して取りつきまで。
1030都立大山荘。


そしてこれが今回お世話になった都立大山荘です。目指す山域に程近く休息がしっかりと取れるためまた是非利用したいと思いました。
e0009437_18520582.jpg
e0009437_18521587.jpg
e0009437_18522607.jpg
e0009437_18523955.jpg
e0009437_18525883.jpg
また、来てくださったOBの方々から多方面にわたるお話を伺うことができ、自分自身とても勉強になりました。こういったOBの方々と一つの場所で集まれるというのも山荘の強みなのではないかと思います。

今回、現役の活動の資金援助してくださった清水さん、小池さん、直接指導してくださったOBの皆様、本当にありがとうございました。






[PR]
by tmualpine | 2017-03-07 17:17 | 雪山 | Comments(0)

2017/02/17ー19 爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳

・日程:2/17〜2/19
・メンバー:王鞍、内田、小林、佐久間、小味山(記)

前泊
天気が良くなる予報の19日に鹿島槍山頂アタックを合わせるため、計画を少し変え、16日の終電で信濃木崎駅に到着
信濃木崎駅にはトイレもなく、待合室も小さかったため近くのコンビニ付近でステビバをする

2/17
0600出発 0850鹿島山荘(爺ヶ岳東尾根取付き)到着 1230
JP(ジャンクションピーク)到着 1430P3(1978m)手前にて幕営

駅近くのコンビニから爺ヶ岳東尾根の取付きである鹿島山荘まで3時間弱歩く。一度、鹿島山荘を通り過ぎて鹿島槍ガーデンまでいってしまうが登れそうな所がなかったので来た道を戻り鹿島山荘発見、間違えなくてひと安心。
登り始めるといきなり急登が続く。しかしトレースがしっかりあり思いの外楽に登ることができた。
e0009437_00373414.jpg
その後もトレースがついていたため、予定よりも早くJPに到着。計画ではここで幕営だったが時間に余裕があったため、さらに先に進むことに。結果的にP3手前、標高1800m付近で幕営することとなった。
この日の夕食は佐久間の鍋。餅を入れることで、ご飯がなくても十分な満足感を得られる鍋であった。

2/18
0530出発 1045爺ヶ岳中峰到着 1330冷池山荘にて幕営

前日に予定よりも進めたことや天気が良い予報からP1(2411m)〜爺ヶ岳の地帯の雪崩の危険は少ないとの判断から、この日も計画を少し変え冷池山荘まで行くことに。
天気は悪くないが、風が強い。出発してからP2(2198m)までは比較的なだらかであったが雪が深く、ラッセルを交代で行い進んでいく。P2からは急登と細い尾根が続く、雲海と朝日を見ながらなんとか登ってゆく
e0009437_01065953.jpg
P1(2411m)からは風の影響をうけながらも良いペースで登って行き、1045には爺ヶ岳山頂に到着。
e0009437_01444332.jpg
e0009437_01445860.jpg
ここから冷池山荘までは、下りで地面も凍っていたためワカンでは危険ということでアイゼンに履き替え冷池山荘を目指す。結局、冷池山荘には1330には到着できた。
この日の夕食は内田先輩のアルファ米と味噌汁。アルファ米はチキンライスや炒飯などバライティに富んでいてて、しかもどれもおいしく、下界で普通に食べたいレベルであった。

2/19
0610出発 0810布引山到着 0840布引山から引き返し、樹林帯で待機 0930再度出発 1100鹿島槍ヶ岳到着 1300冷池山荘 1530爺ヶ岳到着 1935 鹿島山荘

これまでのスピードから今日、下山も可能ではと考え3日目の夕食の王鞍先輩の鍋を急遽、朝食べることに。野菜、ウインナー、肉、餅、と具だくさんのキムチ鍋で大満足。朝から贅沢であった。
19日は天気が良い予報であったが、朝起きると風が強く、雪もちらついていた。天気が変わるのを待つため出発を1時間遅らし、6時に出発。
布引山に向かい樹林帯を超えると、強風にみまわれる。風速20m以上はあった感じがした。布引山山頂まで行くが、このまま鹿島槍は難しいと考え、一旦樹林帯まで戻る。話し合い、昼に向けて天気が良くなる予報を信じ9時30まで待ち再度出発。風は強いが先ほどよりはすこしおさまり、天気も時々晴れ間を見せるようになる。布引山を越え、そのまま一気に鹿島槍ヶ岳までアタック。強風に耐えながら、何とか登頂。山頂では晴れて欲しかった…。
e0009437_02254743.jpg
早々と山頂を後にし、冷池山荘に帰っている時に徐々に天気が回復し、美しい風景があらわになっていく、これを鹿島槍の山頂で見たかった…
e0009437_02314427.jpg
e0009437_02434088.jpg
冷池山荘でテントなどを回収し下山開始。しかし、鹿島槍登頂の疲れか、爺ヶ岳を登るのに予想以上に時間がかかる。15時30に爺ヶ岳中峰に到着し、そこから逃げるように下山していく。辺りが暗くなり始めたが、トレースがしっかり残っていたのでそれを辿りながら下を目指す。鹿島山荘に着いたのは19時35分で辺りは真っ暗であったが、自然と安心感と達成感がこみ上げてきた。
ここからまた駅まで長い道のりを歩き、北大町の駅で眠りにつき、翌朝の始発で帰路についた。

厳冬期、北アルプスということもあり、今回の山行の成功は大きなものであると思われる。特に1年の私達にとってはとても良い経験になったのは間違いないだろう。しかし一方で力不足も感じる部分も多かった。小味山・小林に関しては途中でバテてしまい王鞍先輩に荷物を少し持ってもらっていた。ラッセルも先輩方の速さが無ければ、これほどスムーズに目的地に到着できてはいなかっただろう。
今回の山行、本当に様々な事を学べる山行になったと実感した。

[PR]
by tmualpine | 2017-02-21 23:51 | 雪山 | Comments(0)

2017/01/21-23 八方尾根雪上訓練-唐松岳

日程:17/01/21~23
メンバー:王鞍(CL)、鈴木、内田、橋本

 遅くなりましたが更新します。

21日
 4:48南大沢発。白馬駅に向かう。途中大雪で鈍行が止まるもJRの采配により特急に乗車。非常に快適。
 12:30白馬八方スキー場。リフトを乗り継ぐ。
 13:25八方池山荘。装備を整え出発。
 14:50第二ケルン手前のトイレ付近に幕営 
 15:50ビーコン捜索。
e0009437_15302872.jpg

 17:45テント 
 18:40夕食。
 21:00反省、明日の確認をし就寝。
22日
 03:00起床 
 04:30出発(唐松岳)
e0009437_15304529.jpg

 05:05八方池第3ケルン
 06:50天候を考慮し丸山ケルン手前の直登で撤退。
 07:40テント着
 08:00反省会。吹雪いてきたため停滞。
 13:00アイゼン歩行訓練。
 13:50滑落停止・ラッセル
 14:40確保技術(スノーバー・デッドマン)
 15:10スタカット
 16:20雪洞
e0009437_15305937.jpg

 20:00夕食
 22:00就寝。雪洞泊。
23日
 06:00起床
 08:45テント発
 09:15八方池山荘
 10:20八方スキー場
 18:00南大沢着。

 
 装備や事前研究などの準備不足を感じる場面が多々あり満足のいくものではなかった。この経験を十分に噛みしめて次につなげたい。
[PR]
by tmualpine | 2017-02-11 16:24 | 雪山 | Comments(0)