excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
谷川 一ノ倉沢 南稜ルート
at 2018-07-15 12:01
広沢寺クライミング
at 2018-07-03 11:44
八ヶ岳縦走
at 2018-07-02 18:21
三重泉沢
at 2018-06-24 14:24
水根沢谷
at 2018-06-18 12:00
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:沢( 76 )

三重泉沢

日程:6/22〜6/24
メンバー:森山(OB)、椎名(D1)、安田(4年)、小味山(3年、記)、戸谷(1年)

6/22(金)
1030新宿集合 0100道の駅
6/23(土)
0500出発 0600林道ゲート 0730三重泉橋 0900下部ゴルジュ 1730広河原手前(幕営)
6/24(日)
0500起床 0630出発 0700広河原 0800ニグラ峠 0900平滝1100林道ゲート

今回も森山さんのお誘いで一泊二日の沢へ。森山さんは奥多摩、奥秩父の有名な沢はほぼ行き尽くしてしまったらしいので北関東の沢へ。

6/22
森山さんが仕事終わりにわざわざ新宿まで来てくださる。毎度ありがとうございますの言葉しかでてこない…。林道ゲートまで行くと相当時間も遅くなってしまうので、手前の道の駅で今夜は幕営。明日は雨が降らないことを祈りながら就寝。

6/23
朝寒さで目が覚める。やはりこの時期にシュラフカバーだけだと寒い…。幸い雨はまだ降っていない。すぐに準備し林道ゲートに車で向かう。朝早いというのに林道ゲートには車が既に2.3台ある。釣りで有名な川とは聞いていたが、釣り師の朝は早いらしい。なんでこんな所にゲートがあるか疑問だったが、三重泉橋までの道はいたる所で崩落の跡がありこれが理由なのかと納得しながら、歩きにくい道を進んでいく。1時間弱かけて、入渓点である三重泉橋に到着。装備を装着して入渓、最初は2つの砂防が迎えてくれる。高巻きをして越えて行くのだが、この高巻きが中々高度感がある。過去に滑落死亡事故も起きてるのを知っていたため、初っ端から緊張しながら砂防を越えて行く。
e0009437_21252433.jpeg
砂防を超えると途端に川幅が広くなり流れも穏やかな場所に出る。こんな所に沢などあるかと思うが進んで行くと徐々に狭くなっていき下部ゴルジュが登場する。大滝こそないもののいやらしい小滝が多い。いきなり濡れたくないという気持ちが強かったが、釜が深い所ばかりで結局ずぶ濡れになりながら進んでいく。
e0009437_21261597.jpeg
e0009437_21281430.jpeg
途中右岸をボルダームーブでへつり、越えていく場所があったが自分以外の4人は苦戦を強いられる。アクアステルスソールとフェルトソールの靴の差が出たなと感じる、みなさんもぜひアクアステルスソールの沢靴をご購入してこういう場面でドヤ顔しながら行く快感をお感じ下さい。
e0009437_21270019.jpeg
寒さにも慣れてきて、テンションが上がってきた所で中部ゴルジュに到着。いきなり突破困難とされる10mCSが現れる。椎名さんと森山さんは行けるかどうか偵察しに行くが、前日まで雨が降っていたこともありやはり厳しそう。自分も見に行ったが、どこからどう登るかイメージもできない。
e0009437_21290920.jpeg
結局右岸から高巻きすることに。しかしこの高巻きの道も相当シビア。高度感もさることながら、足場が細くぐちょぐちょで滑りやすい。フィックスロープも土に埋まって見つけにくかったり、全体重はかけられないほどの、細く頼りないのが所々にある程度。ゆっくり慎重に高巻きをしていく、10mの次とその次の7m、5mの滝も見るからに突破困難なので一緒に高巻いていく。
e0009437_21303268.jpeg
e0009437_21305204.jpeg
なんとか高巻きを終えたと思ったのもつかの間、また突破困難な4mCSが現れる。これも偵察しに行くが流れが強すぎて近づけない、森山さんは登りたそうであったが仕方なく左岸を高巻きすることに。こちらの高巻きも結構シビア。崩落した場所やしゃがまないと行けないような場所を何とか越えて行く。
e0009437_21320839.jpeg
未だかつて高巻きでこんなにヒヤヒヤしたことはないと言えるほど、悪い2つの高巻き道であった。
それらを越えると上部ゴルジェに到着。この辺りから雨が徐々に強くなっていく、時間も14時を越えてしまい広河原まで到着できるか不安がよぎる。上部ゴルジェも手強い滝が多かった。高巻きも何回か行い、やはりどこの高巻き道も悪い所ばかり。メンバーの疲労がたまってきた中で泳ぎが必要な滝が登場。高巻き道も見当たらず、最初に誰かが泳いで行き、ほかのメンバーをロープで引っ張る方法が一番良さそう。ずっとトップをやっていたし自分が最初に行くことに。疲れた体にこたえる水の冷たさに耐えながら、釜付近まで行くが跳ね返され前に進めない。横にある岩からボルダームーブで何とか上に行くことに成功。ここでもアクアステルスソールの力が発揮された。他の人もロープで引っ張り突破、良く頑張ったと自分で自分を褒めてあげたい。その後さらにゴルジェを進んで行くと落とし穴の滝に到着。この滝は水量次第で難易度が変わるらしいが、ここ一週間ずっと天気が悪かったので案の定、水量は多い…。直登はキツそう、そもそも流れが強すぎて釜に近づけなさそう。左岸にトラバースロープがあったので、そこから行くことになったが、足場がほぼない所に3つロープが垂れているだけ。最初に椎名さんが行くが、やはり腕力だけで行くしかないような感じ。この疲れの中で女子2人に腕力だけで行かせるのはさすがにキツイということになり、スリングを繋げまくる。結局セルフを付け替えながら、強引に渡らせていく、もうアスレチックのようであった。
e0009437_21340964.jpeg
e0009437_21344604.jpeg
ここら辺でもう時間は4時を越えていた。広河原に今日中につくのは厳しそうと判明、今日はゴルジェを越えた所で適地を探すこととなった。5時くらいまで疲れた体を何とか動かし、ゴルジェ地帯は何とか終了。ツェルトを張れそうな所は見つかったが、微妙なので5時30まで歩いて見つからなかったらここに戻ってくることを決め、歩を進める。森山さんがおそろしい速さで先に偵察しに行ってくれる。20分くらい歩いた所で森山さんが引き返して来た、何とかツェルトを張れる所を発見して来てくれた。落ち葉でふかふかであったし、焚き火もできそうであったので申し分は無いところであった。長かった1日の遡行が終わる。日が暮れる前にツェルトを貼って、焚き火を起こす。焚き火は雨も降っていたので、つけられないかなと思っていたが近くに乾いた落ち葉や木があったこともあり1時間もかからずつけられた。
e0009437_21365978.jpeg
e0009437_21355180.jpeg
しかし日が暮れてしまい椎名さんは魚釣りは断念、魚釣りで有名な沢であっただけに悔しそうであった。夕飯は成美さんのチーズリゾットと卵スープ、疲れた体が癒されるうまさであった。夕飯後は、沢の醍醐味でもある焚き火で遊ぶ。自分が持ってきたベーコンや成美さんが持ってきたチーズ、森山さんが持ってきたジャガイモなどを炙って食す。どれもうますぎる、泊まりの沢の幸せな瞬間である。9時30くらいまであったまり、就寝。

24
今日はほとんど沢も残っておらず、下山だけなのでゆっくり起床し出発する。30分も歩くと広河原に到着。
e0009437_21374249.jpeg
昨日あと30分歩いていれば…、という気持ちは募るが過ぎたことはしょうがない。装備も全て解除してニグラ峠を目指すが、道が非常に悪い。ピンクテープが連打されていたため、迷うことはなかったが道が細くガレていて一回滑ると止まらないような場所が多い。ビビりながら登っていき、ニグラ峠に到着。ここから平滝までの道も同様に非常に悪い、かろうじて踏み跡がある程度であったが仕方なくゆっくり下っていく。1時間ほど下って平滝到着、ここからは行きで三重泉橋まで歩いたような道を歩き三重泉橋を経て林道ゲートに到着。下山路も中々シビアであった…。

今回、個人的には1年ぶりの泊まりの沢であったが非常に成長できた沢であった。森山さん・椎名さんは自分にほとんどトップを任せてくれたので、本当にありがたくまた心強かった。また1年の戸谷も良く頑張った、1日目の天気が悪く遡行時間の長い時も、2日目の悪い下山路の時も弱音をはかずついてきていた。大きく沢の経験値は上がったと思って問題ないだろう。
天気が悪い予報が出ていた中で不安も大きい沢であったが、本当に行けて良かったと思える沢であった。




[PR]
by tmualpine | 2018-06-24 14:24 | | Comments(0)

水根沢谷

日程 18/06/17
メンバー 3年:王鞍、小味山、佐久間 2年:橋本(記) 1年:宇田、初田、森、石川、吉田

橋本です。個人的に今年初の沢に3年の先輩方と1年生をつれて行ってきました。場所は泳ぎの沢に行きたいということで奥多摩の水根沢谷にしました。

王鞍カーと小味山カーと自分はバイクに乗って部室を出発。他人のブログを読んでも面白そうな沢だったので想像を膨らませてテンションが上がっていた。
色々あったが水根駐車場に無事到着し装備を整え出発!
e0009437_16055017.jpg

入渓。アプローチが楽で素晴らしい。梅雨になって気温が低くなり思った通り水が冷たい。しかし日曜ということで前後ともに人で溢れていた。
e0009437_16291581.jpg

最初のcs3m。調べてみると右岸をへつれたらしいがみんなでマントルを返す。
e0009437_21093118.jpg
2条cs3m。左右の流れの中央を登る。わりと簡単。
e0009437_21153391.jpg

途中色々。
e0009437_21174410.jpg
e0009437_21180304.jpg
1年生はお助けロープを使ったりしたが無くてもすいすい登れていたと思う。3年の先輩お三方ははしゃいで楽しそうで何より。山行をたてた甲斐があるってもんですよ。
csトイ状4m。滝壺が深くスタートが悪いがステミングでなんとか登る。ロープを出して続いて一人登るがやはりスタートで苦戦。後ろがつっかえていたので残りは巻いて懸垂する。
e0009437_21225995.jpg
調べるとこれも右岸をへつってスタートまで行けるらしい。下調べ不足です。すみません。
ここで一旦休憩をとって補給する。佐久間先輩と小味山先輩はちょっと戻って深いところで遊んできたらしい。元気だなぁ。
続いてウォータースライダーが登場。またまたコミクマの二人ががはしゃぐ。そんなに喜んでもらえるとは思ってなく嬉しい限りです。
もう少し進むと本日のメインである半円の滝に到着。
e0009437_21365735.jpg
トップは佐久間が行くも苦戦。ヤバイんじゃないかと思うもロープを張りながらであるが1年生はすいすい登る。続く小味山と王鞍も楽々突破。クマは靴がボロボロだったからしょうがないよー。寧ろよく落ちなかったと思う。
e0009437_21435163.jpg
全員上に行ったところで時間が足りないとのことで遡行終了。初めての1年生が多かったことで時間が少しかかってしまった。
そこからは早く、20分くらいで下山。お疲れ様です。

個人的には結構楽しめた。先輩方3名も楽しそうにしていたので良かったです。1年生は普通に登れてたので、慣れればもっとすいすい行けるようになると思います。今後ももっといろんなとこ行きましょー。

余談だが今回王鞍(敬称略)は地下足袋&わらじ(手作り)で参戦。玄人っぽい。
e0009437_16211711.jpg

なかなか滑りにくく枯れ葉や小石など大地が感じられる(本人談)とのこと。
また、上でも少し言及した通り共同装備の沢靴がどれもソールがすり減ったり、剥がれたりひどい有り様なのでこれを気に頑張って張り替えます。暇な人一緒にやりませう。










[PR]
by tmualpine | 2018-06-18 12:00 | | Comments(0)

ウルシガ谷沢

日程:6/2
メンバー:森山(OB)、小味山(3年、記)、種市、戸谷(1年)

0700南大沢出発 0830ウルシガ谷沢出合 0900遡行開始 1100登山道 1230ニ俣 1500ウルシガ谷沢出合

森山さんが沢に誘ってくださって、日帰りで沢に行くことに。
小川谷廊下とウルシガ谷沢を森山さんは提案してくださったが、メンバーに沢初心者がいることも考慮し、短めのウルシガ谷沢へ。

いつもと同じく森山さんの車で入渓点まで徒歩10分の所まで、入って行く。毎度毎度車出していただきありがとうございます。
最初は登りやすい小滝が連続する。森山さんが色々と1年生に指導してくれる、非常にためになる。
e0009437_21231007.jpeg
しばらくいくと、少し大きい滝がでてくる。しかしこれもそれほど難しくない。1年生も問題なく登ってくる。
「ちょうどいい滝が多い」「これが小滝とはなかなかウルシガ谷沢もむずいかもしれない」なんてことを話しながら登る。しかしこの時点で既に間違えに気づいておくべきだった……。
e0009437_21252359.jpeg
e0009437_21235792.jpeg
そのような滝を3.4つ越えると10mくらいの滝が現われる。これが右俣最初の核心かと思ったが、どうにも形が違う。ここら辺から不穏な空気が漂う…。見ててもどうしようもないので自分がフリーで上がり、ロープをたらす。ホールドが多く登りやすかったがいかんせん滑る、1年生2人も滑って苦戦していた。
e0009437_21242337.jpeg
これを越えると、途端に水が無くなり、登山道に上がれそうな道がでてくる。ここでさすがにおかしいということになり、地形と地図を見比べると左俣を登ってきてしまっていたことが判明。そう考えると少し大きい滝がでてきたり10mくらいの滝が最後にあったのも納得できる、完全にミスってしまった……。
悲しみに打ちひしがれていてもどうしようもないので、とりあえず登山道までいき右俣から下りることに。登山道まで突き上げていく。
登山道に出て少し歩くと、右俣前にあるウルシガヤの頭らしき所に到着。その少し先から下れそうだったので右俣だろうと考え下っていく。しかし出た場所はのぼってきた左俣…。どうやら左俣の本流から登って、支流を下ってきてしまったようだ。またまたやらかしてしまった……。
ここからまた登り返すのも大変なので左俣を下ることに。最後に登った10mの滝ではロープを出し懸垂下降したが、他の滝は出すまでもなくすいすい下りれる。1時間ほどで左俣と右俣の分岐まで下りてこれた。
e0009437_21260402.jpeg
右俣を確認してみると、右俣に入るとすぐある核心の12m滝がぱっと見て、登れなさそうな感じでそびえていた。まあそれは言い訳でちゃんと注意してれば全然わかる程度であった。なぜ見逃してしまったのか、という後悔がつのる…。
e0009437_21263786.jpeg
時間がまだ余裕があったことや、この沢の核心であるこの滝を登らないで帰れるかという思いがでてきて結局この滝だけは登ることに。こんな道間違えた先輩のわがままに付き合ってくれた1年生本当にありがとう。核心の滝は2条12mの滝+8mの滝という構成。最初の12mの滝はほぼ階段。高度感があるだけで全然難しくなかった。12mの滝を登るとテラスのようになってたのでロープをたらす。ハーケンが1つしかなく不安であったが、しょうがなくこの1つに支点をとり1年生をあげていく。やはりここはみんな余裕そうに登ってくる。次の8mの滝の方がグレードは高いらしい。確かに最初の滝より滑りそうであったが、滝の中にホールドがしっかりあり、これを使えばそこまで難しくはなかった。上にはちゃんとした支点があったので、これで1年生達もあげていく、みんな滝に濡れながらもしっかり登れていた。
滝を登るのはスムーズにいったが、やはり懸垂下降が大変であった。とにかく支点が無いので、8m滝の上の木を支点にして下りていく。ロープが足りるかわからなくビクビクしながら懸垂下降していく。一番下まではいけなかったが、後はクライムダウンできる程の所までは下りられたのでひと安心。結局この滝を登って下りるのに2時間くらい費やしてしまったが、個人的には楽しかったので満足であった。
e0009437_21272781.jpeg
今回の沢の道間違い、原因は確実にトップをやっていた自分であることが言える。右俣は少しわかりにくいことや、途中で気づけるきっかけは多々あったのに行ってしまったのは完全に判断ミスである。下りに左俣に出てしまったのも、地形図の読み込みが足りなかったの言うまでもない。今回は短い沢だったから良かったが、普通の沢では道間違えが致命的になることを再認識し、再度読図を鍛える必要を強く感じた沢であった。
最後に沢の提案から車まで出してくださった、森山さん本当にありがとうございました。


[PR]
by tmualpine | 2018-06-02 19:45 | | Comments(0)

滝川本谷ー古礼沢

日程、8/26〜8/27
メンバー、森山(OB)、椎名、安田、小味山(記)
4人で滝川本谷と続く古礼沢に一泊二日で行ってきました。
当初はさらにOBの師橋さんや小山さんが来てくださる予定でしたが、お二人とも用事で来れなくなってしまい結局4人で行くことになりました、やはり社会人の方々はお忙しい……。

前泊
森山さんが仕事を終えてから南大沢まで車で来てくださり、11時くらいに出発。入渓点近くの出会いの丘には2時くらいに着き、次の日の起床は4時30だったので短い睡眠をとる。

8/26(土)
0430起床 0500出発 0600入渓 1200吊橋 1630古礼沢出会い(幕営)
眠い気持ちを抑えながら出発。道路から沢に入る道は案外すぐ見つかった。しかしその下の中間道から沢まで降りる所が中々見つからず、時間がかかってしまったが何とか降りられそうな所をみつけ入渓。久々の沢で雨も降らなさうだったので、心が踊る。しかし30分ほど歩いてるといきなり釣り師のおっちゃんに呼び止められ、「沢入ってちゃうと、魚が釣れないんだよーうんぬんかんぬん」と10分ほど説教される。もっと早く沢に来て欲しかったらしい。(これより早く行ったら、暗くて沢危険だろ…)という気持ちを抑え、また歩き出す。滝川本谷は釣り師の方も多く、この日だけで5人以上はいらっしゃった、沢の時は沢登りだけでなく、釣り師の人にも配慮しなくてはいけないことを学ぶいい機会となった。その後は大きな滝などもなくずっと単調な道が続く。元々ながい沢だとは聞いてたがここまでとは…、遡行図みる度に全然進んでいなくて萎える…。
e0009437_07560231.jpg
e0009437_07551054.jpg

(上の写真のような単調な道が続く)
12時頃になってようやく、半分くらいの所にある吊橋に到着。やっとかという気持ちとまだここなのかという気持ちが混ざる。その後は少し滝が多くなってきたが、ロープを出すほどのものはなく順調に進んでいく。そしてついに、この沢核心の悪場に到着。
e0009437_08173770.jpg
e0009437_08204948.jpg
e0009437_08311198.jpg
ここは2010年に8人が亡くなる多重事故があった場所、道中釣り師の話によると今年の3月にもここで一人亡くなったとか…。ヤバイ雰囲気がぷんぷんして、相当ビビる小味山。沢自体は5m、8mだが釜が深い、確かにこれは落ちたら上がってこれなそう…。残置ロープを使い一人一人慎重に進む。少し時間はかかったが、何とか悪場を突破、やりきった感がこみ上げる。ここから少し歩くと、古礼沢出会いが見えてきた、長い道のりだった…。
ツェルトをたてた後、椎名さんは魚を釣りに再度川へ、他の三人は焚き火をつける。木が湿っているため、中々つかなかったが1時間くらい格闘し、ようやく火がつく、ちょうどよく椎名さんも魚を1匹釣り上げて帰還。さすが椎名さん。
e0009437_08354509.jpg
e0009437_09032857.jpg
夕食は椎名さんのカレー、具だくさんでうまかった。焚き火で服を乾かしたり、あったまりながら時間を過ごしていく。魚が焼きあがったなは9時くらいだったが、待ったかいあってうまい、こんな所でこんな新鮮な感じ白身魚を食えるとは、満足感に包まれながら就寝。

8/27(日)
0430起床 0600出発 1200稜線登山道 1600出会いの丘
二日目、天気も前日同様あまり悪くない。なみさんが少し体調が悪いらしい、心配だが今日はさほど辛い場所もないので予定通り出発。最初にこの沢で唯一でかい10mの滝が登場。
e0009437_08475215.jpg
この沢で初めてロープを出し突破していく。この後は200mくらいのナメ地帯が2.3箇所登場、ナメと苔の綺麗さに癒される。
e0009437_08502619.jpg
アクアステルスソールの小味山はナメに苦戦しまくる、すべりまくりながら何とか進んでいく。進んでいくと沢が伏流になっていき終了、昨日と比べると一瞬で終わってしまった感覚であった。
e0009437_08582623.jpg
登山道までつきあげ、そこから水晶山、雁坂小屋を超えてえっちらおっちら下山していく。疲れた体で4時間ほど歩くとやっと出会いの丘到着、予想以上に疲れた…。

疲れはしたが、今回初の泊まりの沢であった自分は本当に学べることが多かった。忙しい中来てくださった森山さんには本当に感謝です、ありがとうございました。
(写真は全部ジップロックに入れて、撮ってたのでちょっとボヤけてたり見にくかったりします、すいません
撮り方ももっと練習します。)



[PR]
by tmualpine | 2017-08-28 17:08 | | Comments(0)

170618円山木沢

6月18日
メンバー:森山(OB)、山田、安田、王鞍、橋本(記)、町田、佐々木

遅くなりました。ブログ書きます。

六時頃部室に集合し出発。王鞍さんカーに森山さんカーがついていく形だったが途中で振り切る。

少し歩いて入渓。
e0009437_01054626.jpg
適度な気温で、水もキンキンに冷えてて気持ちいい。

初っぱな現れる30m滝を山田さんがリードですいすい登る。その間に森山さんからハーケンの使い方を指導していただく。
上からの図。
e0009437_01271746.jpg

20m滝。
e0009437_01345560.jpg
e0009437_01353941.jpg

直後に現れた滝で修行。全身濡れると少し温かく感じ、心も洗われた気がした。

e0009437_01530352.jpg
e0009437_01531677.jpg
e0009437_01532555.jpg
e0009437_01533495.jpg
e0009437_01540107.jpg

いや、普通に寒いし煩悩まみれのままですべて気のせいだ。

連瀑帯、ゴーロと進み水が涸れ寂しくなったのでつきあげて遡行終了。ほとんどの滝を直登できたので非常に楽しめた。

〆の一言が思い付かないのでこんな感じで終わらせていただきます。







[PR]
by tmualpine | 2017-07-03 00:42 | | Comments(0)

170616セドノ沢右俣

2017年6月16日
メンバー:森山さん(OB)、椎名(記)

森山さんに誘っていただき、
35m大滝の登攀が楽しめるという、
表丹沢のセドノ沢右俣へ。
登攀的な沢が好きな森山さんらしいチョイス。

アプローチは森山さんの車に乗せていただく。
森山さんはこの週末で本山行を含めて、
三日連続で違う山に行ったというから、本物の山男だ。

林道終点から入渓し、バカ丁寧な看板を追ってしばらく歩くと、
F3・8mとF4・8mの滝が現れる。
e0009437_22331307.jpg
ロープを出してF3・8mを森山さんが、
F4・8mを自分がそれぞれリードで登る。
うん。楽しい。

しばらく平凡な沢歩きをすると
メインの35m大滝が現れる。
e0009437_22350191.jpg
1ピッチ目は森山さんリードで一段上のテラスへあがる。
2ピッチ目は自分がリードをやらせていただき、
一般ルートより少し難しいとされる水流際を攻める。
中々緊張感のあるクライミング。。
e0009437_22355061.jpg
最後のピッチは落とし口へのトラバース。
これも中々の高度感。

大滝の後、しばらく歩き
最後はトゲトゲの草むらを詰めて登山道へ。

ロープを使った滝登りが何本かできて
満足な沢であった。
森山さんお世話になりました。
また山へいきましょう!!


[PR]
by tmualpine | 2017-06-18 22:53 | | Comments(0)

原小屋沢

5月28日
メンバー:森山、王鞍、安田(記)、大山、佐久間、黒木、社本

今年の初沢山行は東丹沢の早戸川の源流、原小屋沢へ

前日ぱらついていた雨はやんだものの、沢登りにはなかなか涼しい気温だった

6時に歩き出し一時間ほどで入渓点に到着



e0009437_13500953.jpg

遡行図を読みながら滝を高巻いていく
e0009437_13501145.jpg

岩勢は水の冷たさなど微塵も気にせず果敢に滝に向かっていく
e0009437_13594453.jpg

みんな元気で滞ることもなくすらすら上り



最後の30mガータコヤ滝へ

ここでロープ登場
e0009437_13595872.jpg


くまがトップで登る
「俺がフリーで登ったとこ、写真取りましたか」

言われると思ってちゃんと写真に収めておきました

みよ、これがフリーで登るくまだ

e0009437_13501367.jpg
e0009437_13501454.jpg

初沢の二人も難なくクリアしていく

やっぱ、クライミングやってる人たちはなれてますね

自分は水の猛攻に合い、戦意喪失で時間がかかってしまった

無事に全員登り終え最後につめあがる



e0009437_13501248.jpg

「タピオカみたいでおいしそうですね、、、にやり」
(勝手にせりふつけました)

沢が終わるとやっと太陽が顔を出してきた

ぽかぽかした陽気の中下山を開始

下山は途中で道を間違え、予定より1時間遅れで駐車場に到着した


反省としては、下山時に道を間違えた際の地形図判読を王鞍と森山さん以外はあまり真剣に行っていなかったこと
各々がしっかり地形図を読めるようにがんばりましょう


ものすごい手抜きなブログなのですが沢登りはメンバー全員非常に楽しかったようです

それだけ伝わればよいかなと思ってます





[PR]
by tmualpine | 2017-05-31 14:43 | | Comments(0)

161001 坊主谷

日程:2016/10/1(土)
メンバー:椎名、土屋、王鞍、安田、小味山、小林(記)

奥多摩にある坊主谷に日帰りで行ってきました。

南大沢駅に集合して椎名さん土屋さんの運転で入渓点すぐ横にある駐車スペースに到着。
椎名さん土屋さん運転ありがとうございます。

用意をして出発。
小さな滝が結構な頻度で出現。
自分は今回が初めての沢だったのでこれが結構楽しい。
e0009437_13022568.jpeg
e0009437_14233810.jpeg
e0009437_13052626.jpeg

途中、遡行図を見ながら自分の現在地を確認する方法を椎名さん土屋さんにご指導頂きました。

行動食がりんごというワイルドな土屋さん
e0009437_14100385.jpeg

相変わらずな変顔をする小味山
e0009437_14113003.jpeg

そうこうしているうちにこの沢の核心である12メートルの大滝が登場。王鞍さんがリードで難なく登る。流石です。

e0009437_14193489.jpeg

e0009437_13355178.jpeg

e0009437_13362347.jpeg

その後いくつかの小滝を越えて取水口横で遡行終了。
とても脆い鉄パイプの巡視路をたどり下山。

e0009437_13493338.jpeg

個人的には今回の沢を通して沢の基本を学べたのでとても有意義なものだった。さらに沢の知識やクライミングの技術を身に付けてよりレベルの高い沢にも行けるようになりたい。

[PR]
by tmualpine | 2016-10-02 11:57 | | Comments(0)

160912奥只見北ノ又川本流

日程:2016.09.13~16
メンバー:王鞍、大山、山田(記)

奥只見北ノ又川本流に行ってきました。
自分の中では今年の沢のレベルアップ山行です。
大山君は2回目の沢、王鞍は初の長めの沢でしたが、
もがきにもがいて全行程を完遂することができました。
2人は本当に成長しました。

よく考えたらガッツリ秋雨の季節だし日程をミスりました。
しかし、大雨にはならないようなので少々の雨を覚悟で沢へ。

結果、最終日を除いてほぼ常にしとしと雨が降っている状況でした。

山行の内容は雪渓の出てくるだろう上流部まで詰めたところ、雪渓が全くなく、これ以上の遡行は厳しいと判断し、
シッカイ倉沢の分岐上の微妙な(地図上では)屈曲部の草付を上がり小兎岳の尾根から稜線に出ました。

装備は誰かの失態ゆえ40m1本とハーケンが7本。ハンマー2つ。

遡行初日は泳ぎと高巻き、2日目は藪漕ぎ8時間とハードな内容となりましたが、
下級生の2人には非常に良い経験になったと思います。

13日
終電で小出へ。
王鞍が学割忘れて出鼻をくじかれる。
計画書は何を思ったか浦佐泊になっている。
雨の降る中駅の待合室にお世話になる。

14日
朝市のタクシーで白沢林道の終点まで。
林道をさらに詰め白沢出合付近から入渓。

水量も多く沢というより川である。
滝ハナ沢手前の箱淵はおとなしくまくことに。
箱淵入口左方の沢を10mほどあげ、懸垂なしで沢床へ。
上流にかけてもそうだが、基本的に踏み跡はなく高巻の技術が試される。

e0009437_15371027.jpg
芝沢手前雪による浸食がよくわかる

芝沢からの巻道は探しもせず本流に突入。
ガンガン泳ぐ
泳ぎを終えた王鞍
「あったかいっすねぇ」
どうやら上に雪渓はかけらもなさそう。
通常踏み跡を行く理由がよくわかる。

e0009437_15374736.jpg
泳ぐ泳ぐ。

細かいとこはあまり覚えてないが、とにかく泳ぐ。
ルート図では全巻なのでガイドが何もなく全て自分でルートを作る。
高巻、泳ぎ。。。
割ときついがなんとか時間通り順調に進む。
濃密な時間。

e0009437_15375268.jpg
ようやく8m2条

8m2条は右岸のバンドをあがり、2つの滝の間の削り残しをあがる。
残置ハーケンが一つある。最初の一本と最後の一本は自分で打つが回収。

8m2条をこえるとシッカイ沢手前にそこまで高くないが申し訳程度のテン場が。
3人とも数えきれない泳ぎで割と水没気味。
ギリギリ生き残った数少ない新聞紙により着火。
全力で火をつける。

e0009437_12053942.jpg
新聞紙を全力で乾かす水中メガネマン

夜は小雨の中ソーセージとチキンナゲットで語り明かしたいところだったが、
雨が弱くなるどころか本降りになりそうなので早めに就寝。

15日
相変わらず雨は止まない。
一瞬シッカイ沢へのエスケープを考えたが、王鞍と大山くんの体力ならまだいけるという判断をくだす。
どうやらシッカイ沢~大ヒカバ沢が核心のようだ。
e0009437_12054725.jpg
名もなき3~7mの滝

核心とはいえ前日の本流通しよりは全然楽。
遡行図のスノーブリッジが出てくる屈曲部には雪渓が影も形もない。
スノーブリッジの下の地形はものすごい峡谷でこの世の地形とは思えない。
これが雪蝕地形というものか!!圧巻!!!
しかしルーファイで感動なんてしてらんない、写真も撮る余裕はない。
大谷の中でいくつかルートを探るが巻は嫌なので、空荷で登って荷揚げしながら本流沿いを進む。

e0009437_12153301.jpg
10m滝の手前の滝。泳いで右岸バンドを上がる。

10mは遡行図通り右岸をまく。ちょっと上がりすぎかなと思いながらトラバースできそうなバンドからトラバース。
懸垂1回で滝落ち口に出る。

大ヒカバ沢手前まで来て核心越えに安堵。
しかし、直後のゴルジュの高巻が相当きわどかった。
左岸のルンゼをあがり1回の懸垂で中段へ。
支点もないのでロープを付けたまま微妙な草付バンドを上流側へ進み、これも微妙な細めの木を5本まとめて使ってもう一度懸垂で河床へ。
40mのロープだったが、ここで落ちると大きく振られ10mほどの滝の河床に持って行かれるので割と緊張した。
何とか突破。油断できない遡行が続く。

高巻後は特に難所もなくだらだら歩く。
雨が強い。
e0009437_12254359.jpg
シッカイ倉沢奥は非常にきれいな雪蝕地形。

シッカイ倉沢より奥は早い時期だと雪渓に乗れるようだが、全くない。
雪渓がないとこんな地形なのか!感動。
感動もつかの間アサズキ倉沢手前の屈曲部のゴルジュが越えられない。
高巻はロープを垂らしながら傾斜のある正面の小沢の凹角をあがり、非常にきわどい草付を登る。
当たり前だが侵蝕速度の速いなめられた壁に支点は残ってないし、打てない。

ノーロープ、死ぬ気で35mを登り大山くんをあげる。
王鞍は違うルートをノーロープで上がる。
いや王鞍、強くなった。

林の中から本流の先を見ると雪渓は影も形もない。
その代り地図には反映されていない強烈なゴルジュが待ち受けているのがわかる。
これ以上の本流の遡行は無理と判断。今後のルートを話し合う。
選択肢は2つ。
・今来たルートを懸垂し、雪渓なくても登れるという報告のあるシッカイ倉沢および兎沢へ突っ込む。
・そのまま子兎岳の尾根につっこむ。

結局懸垂も嫌だし、情報が少ない沢に突っ込むのはやばいと判断し、
尾根をあげることに。

ココから藪漕ぎのデスマーチが始まる。

一番傾斜がきつい支尾根は岩と滑る笹に悩まされる。
しかしここさえ登り切って尾根にさえ出れれば死ぬことはないと自身に言い聞かせながら登る。
草付上がりからの判断であったこともあり水が一人500しかない。節水。

やっと尾根へ出たのはデスマーチを始めてから4時間後。
しかし藪漕ぎの恐ろしさはここからだった。
ここから多雪地方特有の高さ3m、直径3㎝の笹林を泳ぐ。
この辛さは言葉に言い表せない、、、

藪漕ぎ中のほぼすべてでトップをしてくれた王鞍に激烈な感謝。
下の藪も合わせて激烈な藪と合計8時間格闘。標高差600m。
上に出た時の感動と言ったらもう、TT

e0009437_12260654.jpg
MP、HP全てを使い果たした大山。

登山道に出たのが17:00。体力が残り少ないので、非常に申し訳ないが稜線でビバーク。
全てがびしょびしょの私たちはわりに厳しいよるとなった。

16日
寒い夜だったがなんとか朝を迎える。
秘密兵器を使った大山君は非常によく眠れていたようだ。
水もないので中ノ岳もいかずに下山。

中ノ岳と下山路の分岐にて初めて人に会う。
休憩時一口ずつしか水が飲めない我々を憐れんでくれたのであろうか、水を分けていただく。
水がないなんてチーフとして完全に失格だが、背に腹は変えられない。
最高級の感謝を伝え下山を急ぐ。
e0009437_13051924.jpg
下山は割と晴れる。

あとは汗をかかないように降りていく。
最後一口の水を残してようやく十字峡へ。

下で水を下部飲みしながらの言葉。
おそらく全員が同じ気持ちであったであろう。
「圧倒的達成感」

下山後すぐにタクシーを呼んで帰路につく。

帰りに大山がある黄色い看板のお店に行きたいと口にする。
そう、おそらく全員が同じ気持であったであろう。

e0009437_13112566.jpg

大宮は東京都区内にはいらないため途中下車できる。
これからのモデルケースとなるだろう。

この山行を経験した王鞍と大山くんはこの4日間で激烈な進化を遂げたはずだ。
以後2人の活躍に期待である。

[PR]
by tmualpine | 2016-09-22 13:16 | | Comments(0)

160903湯檜曽川白樺沢

日程:2016.09.03
メンバー:小山さん(OB)、森山さん(OB)、王鞍(記)

小山さん森山さんのお誘いで谷川の湯檜曽川白樺沢に連れて行ってもらいました。


ーーー
森山さんの車で土合駅付近に2日の深夜2時ごろ着。車が結構いる。少しばかりお酒を飲んで寝る。

寝坊して6時前くらいに起床。すぐ出発。
若干ガスっている天気を気にしながら2時間ほど歩くと武能沢にぶつかり、装備をつける。アプローチが非常に長い。。
武能沢を少し下り、湯檜曽川入渓。魚留ノ滝を超えると、微妙なゴルジュがあり高巻くも森山さんは1人果敢に降りていき難なく抜ける。行けばよかった…。

間もなく白樺沢出合に着。陽が出てきた!
さっそく飛び込む森山さん。
遠くに大滝が顔を出す。
e0009437_17104615.jpeg
続いてみんなでウォータースライダーを楽しむ。なんだかんだ初ウォータースライダーですが、超気持ちいい、、

40m大滝出現
e0009437_17130840.jpeg
中段までは階段
e0009437_17135597.jpeg
ロープを出して森山さんにリードをしてもらう。最後のナメが難しい(危険は特にない)。
小山さんはほぼロープを使わずにするすると登る。強い。

その後は特に厳しい場面はなく(堤防状の滝は巻いた)、詰めなしで登山道に出た。ちなみにここまで夫婦パーティと抜きつ抜かれつだったので自分はずっとう○こが出来ず。ここから少し上がるとすぐに少しまともな登山道に出る。

時間があったので稜線まで遡行してみることに。が、滝の岩質が変わり困難な登攀を強いられる。森山さんが先に登り、自分はお助け紐を出してもらいなんとか登りきる。
やがて沢が枯れいよいよ稜線かと思いきやそんなわけはなく、藪漕ぎ到来。

笹漕ぎマシーンと化し笹をなぎ倒す。掻き分け蹴散らし、笹と対話を繰り返す。笹の声を聴き、お望みのツボを押す。そして愛が生まれる。育む。2時間弱の長いお付き合いを経て、ゴールイン。気づくと我がうん○はエネルギーに変換されていた。もちろん愛の力である。

稜線沿いに谷川岳のピークを踏んでから下るという目論みだったが、意外に時間がかかってしまったので湯檜曽川まで登山道を下り、再び2時間林道歩き。眠気に襲われてしんどい。。結局日の暮れる頃に駐車場に到着。
ーーー

帰りは再び森山さんの車で近くの温泉に寄って荻窪まで送っていただきました。
自分は車内で完全に落ちてしまったのに、森山さんと小山さんは元気そう。お二人の体力はいったい。。そして運転中に寝てしまって申し訳ありません。。

今回はOBのお二人に山行に連れ行っていただき、ルート取りや歩き方など色々と参考にさせていただきまして、非常に有意義な山行になりました。一つだけ残念なことに小山さんにヨセミテのお話を聞きそびれてしまいました。
今度お会いする時は詳しく伺いたいと思います。



[PR]
by tmualpine | 2016-09-07 20:24 | | Comments(0)