excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
日帰り箱根外輪山
at 2018-05-13 23:14
八ヶ岳主脈縦走
at 2018-05-12 23:26
18/04/28〜29 雲取..
at 2018-05-08 09:40
18/04/22 広沢寺クラ..
at 2018-04-23 23:02
八ヶ岳 赤岳真教寺尾根
at 2018-04-03 16:22
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日帰り箱根外輪山

日程:2018年5月6日
メンバー:B3高橋(CL、記)、坂本 B1 石川、初田、堀、中村、布袋
上記メンバー6名で箱根外輪山を縦走しました。

遅刻の連絡が早朝6時に入った。
坂本と堀である。
その二人で追いつくようにしてもらって、ほかのメンバーは先に金時山を目指すことにした

定刻通りにバスに乗り金時神社入口を目指す
いい景色を見ながら軽く基本事項をバスのなかでみんなで確認した
0916金時神社入口
準備体操して五月晴れの中歩きだす
e0009437_21054047.jpg
地図を出させて逐一地形と地図を見比べさせて、読図をさせる
「イメージしろぉおおおおお」と言い散らかす
さぞかしうざかったであろう

なんと何も言わなくても地図を読んでいるではないか
e0009437_21294304.jpg
しばらく歩くと堀が追いついた
彼曰く坂本は登山口まで来ていたがhangoverのため途中棄権したらしい
坂本は終身刑が下され、日野プリズンに投獄された。

坂本は記録であったので、今回はこの事態になってしまったので、記録は1年生に託すことに
e0009437_21501447.jpg
1046金時山山頂 金太郎の鉞標識と記念にパシャ
明神ヶ岳を目指す
歩く
e0009437_21544742.jpg
笹原を歩く
e0009437_22271620.jpg
火打石山に向かう途中の峠の小屋のおっちゃんにあったが
火打石とりに行くのか??とおっちゃんは怪訝な顔つきであった
火打石が取れるところとは知らなかったので1つくらいとっていこうかと思っていたが
見事に道は山頂を巻いていて気づかぬうちにピークをスル―

ここら辺から天候ががおかしくなってきた
なんか吹いている
多分、風。
かなり強いからだが吹き飛ばされるくらい吹いていた
e0009437_22341486.jpg
下界から舞い上がった砂が目に入るのと闘いながら明神ヶ岳をめざす
一年生たちは涼しい顔で登っていく、
1410明神ヶ岳 富士山バックに記念撮影
e0009437_22374827.jpg
下界で買ったバスタとソーセージでナポリタンを作って新入生たちに餌付けをした
ソーセージは半生だったが気にせず皆食す
山で食べる飯はうまいという経験をしてもらいたかったが、強風と半生のため楽しめなかったのではないかと思う

1600宮城野 そんなこんなであっという間に宮城野まで降りてきた

e0009437_22431136.jpg
こう言った全長13kmくらいの行程の山行に参加するのははじめてであったのではないかと思う
この山行で展望の良い眺めを楽しみつつ基本的なことを学べてかつある程度負荷のあるトレーニングになったのではないかと思う
今年の一年生はしっかり個性があってポテンシャル高めであるからかなり期待できる
一年生同士仲を深めて、しっかりトレーニングを積んで夏の長期縦走に準備して行ってもらいたい

新しい記録係の山ちゃん(石川)にバトンタッチします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

箱根に来るのは生まれて初めて。街を歩くだけでも硫黄の香りがし、下山後の温泉への期待値が高まった状態で登山開始。

公時神社から金時山までは、the 森林 感が強い登山道で歩いていて非常に気持ちが良かった。

途中、遅刻組のホリケンくんが1人で合流し、坂本さんが二日酔いでギブアップしたことが判明。二日酔いにならないようにしようと坂本さんを反面教師にさせていただきました。

そこからはひろとさんwith1年という不可思議なメンバーでの山行に。登山初心者の多い1年のためにプチ山岳講習会を開いてくださり、風速と体感温度の関係や、疲れにくい歩き方等いろいろと教えていただきました。個人的に嬉しかったのが、このブログで見てからずっと気になっていた「カバディ式下山法」(詳しくは鍋割山のブログをご覧下さい)を目の前で見られたこと。私もぜひ活用していきたい。
尾根に出てからしばらくして急に風が強くなり、荷物を持った状態で風に煽られたり、飛んでくる砂が顔面アタックしてきたりするのはなかなか辛かった。明神ヶ岳山頂からしばらく歩いた所で昼食をとり
e0009437_22514110.jpg
(パスタ美味しかったです)、再び歩いているうちにいつの間にか明星ヶ岳を通り過ぎていた。そしてスタジオジブリの話をしながら下山。1年生は「勘太郎の湯」へ行き、
e0009437_23122312.jpg
硫黄感の強い温泉で疲れた体を癒した。最初から最後までずっと楽しい、心に残る山行だった。計画してくださったひろとさん、ありがとうございました。
私は今まで文化系の部活に所属しており登山の経験はほぼほぼゼロなので、これから体力もメンタルも鍛えて、まずは夏合宿に備えたいと思います。そしていつか一眼レフを持って綺麗な景色を撮りまくる写真山行を計画したいです。


[PR]
# by tmualpine | 2018-05-13 23:14 | 縦走 | Comments(0)

八ヶ岳主脈縦走

日時:2018/5/3~5/6
メンバー:古賀さん、安田(記)

3
日:1451佐久平駅 1617蓼科牧場 1730七合目一の鳥居駐車場(幕営)
4
日:0300起床 0400出発 0600蓼科山 0800亀甲池 1000北横岳 1100縞枯山 1330麦草ヒュッテ駐車場 1530高見岩小屋(幕営)
5
日:0500起床 0600出発 0800中山峠 1030箕冠山 1330三叉峰 1530赤岳 1700キレット小屋(幕営)
6
日:0300起床 0430出発 0630権現岳 0900編笠山 1100観音平登山口 


去年のGWの奥秩父主脈縦走に続き、全山シリーズで今年は八ヶ岳に行ってきた
GW
中大荒れの予報だったので、万全の準備を行う

3
日:二人とも山に行ける喜びを抑えられず、大宮駅からにやにやしていたと思う


1617
 「蓼科第二牧場」で降車ボタンを押し、バスのおじさんに迷惑をかけたが無事に「蓼科牧場」に到着
1730
 雪のない蓼科国際スキー場を300mほど直登し、登山口の駐車場に到着

天気は曇りで山は霧に覆われていた

古賀さんがおニューの自動膨張個人マットをお披露目してくれたが、30分待っても膨らむ気配が一向にない
取扱説明書は軽量化のために捨ててきたらしい
結局、全力で息を吹き込んで膨らませていた

e0009437_14270882.jpg


夜は、佐久平のイオンで買った豚ハラミで焼肉丼を作る

4
日:
0300
 起床
夜は風が強かったのと、駐車場の車の出入りが激しくてあまり眠れず
アンチ朝ラーメン派なので、コンポタと黒糖パンで優雅に朝ごはんと食べる

0400
 出発
二人とも運動不足で初っ端はかなりきつく感じる

登り始めるとすぐに雪がちらつき始め、雪景色が楽しめた

0530
 蓼科山荘到着
荷物をデポしてアイゼンとピッケルを持ち山頂へ向かう

0600
 蓼科山山頂はガスと暴風で何も見えず、写真を撮って早々に退散する

e0009437_14291622.jpg


暴風の中、懸命に髪を整えようと努力する古賀さん

1000
 北横岳山頂も同じくガスと暴風で何も見えず、雪が顔に直撃してきて痛かった

e0009437_14300328.jpg
横岳なので横になる
山頂からロープウェイ方面に向かう途中、多くの観光客とすれ違う
坪庭のきれいな景色を堪能して、双子山に登ろうとするが間違えて一時間ほどショートカットしてしまった

1200
 茶臼山展望台
この日初めて晴れて下界が見えた
風は相変わらず強かったがしばらく景色を眺める
あっという間に北八が終わってしまう寂しさから、途中で森林浴をした

e0009437_14312281.jpg
深みのある森の緑に同化しようとフリースを引き延ばして苔玉になりきる古賀さん

1330
 麦草ヒュッテ到着
道路と車があり、下山モードに切り替わる
麦草ヒュッテで地下水をもらうついでに安田はおばあちゃんのお土産にポストカードを買う
完全に下山モードに入ったので、その後の一時間の登りが非常につらい

1530
 高見石小屋到着
貸し切りのテン場にテントを張り、天気が良くなってきたので高見石で下界を見下ろす
spotify
でコブクロを聞きながら、コメを炊いている間にお菓子パーティー
夜ご飯は、レトルトの卵丼だったが、お菓子パーティーのせいでフードファイターのような過酷さになる

1900
 次の日は、午前中が風速26mの予報だったので、とりあえず様子を見て判断しようと3時にアラームとスヌーズを完璧にかけて就寝


5
日:
0500
 「なみちゃん、今5時なんだけどあたしの時計壊れているのかな」と古賀さんに起こされ携帯を見ると、アラームが鳴り疲れて止まったような痕跡があった
二人とも数分間フリーズしたがとりあえずお湯を沸かし、チーズかけすぎちゃいましたラーメンを食べる

準備をしている間に暴風のピークが過ぎ、少し風が収まる
とりあえず、歩きながら天気と時間の様子を見てキレット小屋まで行くかを判断することにした

1000
 アイゼンの装着着脱を頻繁にしながら、東天狗手前の急登に入る
かたい雪が残っており風もかなり強かったので、アイゼンピッケルを使い慎重に登る

1030
 東天狗岳山頂
風が強すぎたのですぐに下山

e0009437_14320817.jpg
樹林帯で氷に滑って転んだ古賀さんをにやにやしながら撮影

e0009437_14322703.jpg


数十秒後に同じ氷に滑って転んだ安田を古賀さんがにやにやしながら写真に収める

その何分か後に、古賀さんが華麗に滑って木にタックルしていたが、一瞬のことだったのでカメラを出す余裕がなかった

e0009437_14325147.jpg
硫黄岳では、写真を頼んだおじさんが写真にこだわりがあるらしく、いろんな方角からとってくれた


この付近はかなりの暴風で、古賀さんはすたすた歩いていくが、安田はまともに立っていることすらできなかった
恐るべし古賀さんの体感の強さ

横岳を過ぎたあたりから、風が弱まりホッとする
三叉峰あたりの鎖場にはまだ雪が残っていたので、慎重に登っていく

この日は、風が強い予報が出ていたせいか上っている人がほとんどいなくて、その点では快適だった

1530
 赤岳山頂
二人で写真を撮りたかったが、貸し切りだったので仕方なく一人ずつ記念写真を撮る

山頂までの登りが精神的にも体力的にも一番きつかった

1700
 キレット小屋到着
とにかく無事に目的地につけてよかった
テントから降りてきた道を眺める
雲一つない空に佇んでいる赤岳は絵みたいにきれいだった

e0009437_14331702.jpg

夜ご飯は、ガーリックペッパー、塩、たれ、柚子胡椒味の焼き鳥の缶詰をごちゃまぜにあっためて焼き鳥丼
味当てクイズが意外とおもしろかった

6
日:
0300
 起床
3
時にみずがめ座流星群がピークを迎えるらしかったので、30分ほど星空観察
長い流れ星が一つ見えた

0430
 空が明るみ始めたころに登山を開始
無風快晴で最高の登山日和
朝焼けの中誰もいない稜線上を歩くのはとてもきもちがよい
360
度のパノラマで、富士山、奥秩父、北、南、中央アルプスすべてが見渡せた

e0009437_14343407.jpg



0630
 景色を堪能しながら登っているとあっという間にGONGEN(権現岳)に到着
古賀さんが山頂の看板(ローマ字で書いてあった)を見て「え!ジョージアって書いてある」と言ったのが破壊力が強すぎて、安田はしばらくその場から動けなくなった

e0009437_14345496.jpg

腹が痛いのをこらえながら、古賀さんとGONGENの標識を写真に収める

0730
 青年小屋到着
下山したくないので、朝のティータイムと称して一時間ほど休憩
余った食料を食べつくす

0900
 編笠山山頂
GW
で唯一天候が穏やかだったので、登山客がたくさんいた

1130
 現実に戻りたくなーいと言いながら下っているうちに下山完了
温泉まで一時間歩きながら、古賀さんは楽しそうにわらびを採っていた



e0009437_14354837.jpg


ワラビを見つけて立ち止まる古賀さん


気力体力をとことん使って、とても充実した山でした。


追記:今年は新たに女子部員が9人入り、女子が総勢で14人になったそうです
女子部員縦走班にぜひやってほしいことがあります

・歩荷トレーニングをして体力をつけること
登山は男女混合の競技なので、体力がない人が参加すると確実に足を引っ張ることになります
山に入ったら甘えは通用しませんので下界でしっかりトレーニングをして、男子顔負けの持久力をつけてほしいです

・しっかりした山行に行ってほしい
ハイキングだけでは、持久力、知識、経験値が付きにくいと思います

ある程度のレベルの山に行く体力とやる気がほしいです


多くの山行にきてほしいなと願っています



[PR]
# by tmualpine | 2018-05-12 23:26 | 縦走 | Comments(0)

18/04/28〜29 雲取山 新歓合宿

メンバー:B3高橋 坂本 B2社本 岸(記) B1森 吉田 中村 戸谷 荒井 上村 宇田 森 種市
以上13名で行ってきました。

1日目:0930奥多摩駅  1030鴨沢  1115雲取山登山口  1430ブナ坂  1510奥多摩小屋

2日目:0350起床  0410奥多摩小屋出発 0500 雲取山山頂  0600奥多摩小屋(朝食をとる)
0710奥多摩小屋出発  0730ブナ坂  0930雲取山登山口  1000鴨沢  1100奥多摩駅

   今回の山行は1年生の確定新歓ということであったため、自分を夕飯担当にしたCLを呪いつつも人数分のキムチ鍋の具材を背負い駅に向かう。しかし青梅駅で靴紐が絡まり、荷物の重さも相まって手でカバーしきれずすっ転び、顔面を強打。高2から連れ添っていた相棒のメガネに亀裂が走る。このまま全て投げ出して旅に出ようかと思ったが、夕飯という責務を果たすため山に向かう。 
e0009437_09420387.jpeg
   始めの方は楽しそうに話しながら登っていた1年生達も、ブナ坂までの登りはキツそうであった。
e0009437_09441381.jpeg
   
  先発隊の先輩方がテン場を確保してくださっていたので、スムーズにテントを張ることができた。
e0009437_09463840.jpeg


   美しい夕日を背にキムチ鍋を皆さん美味しそうに食べてくれていたが、シメの乾麺のうどんが水分を異常に吸い、人の食い物ではなくなってしまったのが心残りである。
e0009437_09500900.jpeg

   翌日は朝日を山頂から見るため、荷物はテン場にデポし早朝から山頂に向かう。
e0009437_09562668.jpeg
   皆とても眠そうであったが、黙々と山頂を目指していた。山頂からはくっきりと朝日が見える。今日も快晴のようだ。1年生達もしばし朝日を言葉少なく見ていた。
e0009437_09552018.jpeg
e0009437_09554891.jpeg

  その後登頂記念に1年生達で記念撮影。皆満足そうでなによりである。
e0009437_09575654.jpeg

  その後テントに戻り坂本先輩が持ってきてくれた札幌ラーメンを食べ下山。1年生達が思っていた以上に早く歩けていたため一本早いバスに乗ることができた。
e0009437_10043350.jpeg
  
   今回は両日とも快晴で天気に恵まれた山行であり、山の魅力もいくらか伝えることができたと思うので、1年生達はこれからたくさん山に登って行って欲しい。


[PR]
# by tmualpine | 2018-05-08 09:40 | Comments(0)

18/04/22 広沢寺クライミング

日時:2018/04/22
メンバー:B2佐久間,小林,橋本,町田 B2大和田,佐々木(記) B1宇田,稲垣,梶原,田中,中村,吉田

新入生の6人、上級生6人の大所帯で今年度初の外岩クライミング。GWの小川山前にクライミングのさわりを知ってもらうという目的があった。前日の塔ノ岳に引き続き天気は快晴!


初めにリードとビレイの仕組みを学びながら1年生はトップロープで全員登頂。高さに躊躇もなく軽々と登っていて驚いた、と同時に少しくらい恐怖感を抱いて慎重になってくれた方がこちらも用心出来るのだが…
e0009437_22514267.jpg
さらにトップロープだけでなくリードでも5.7~10aまでに挑戦していた。慣れないリードに苦戦しつつも、持ち前の身体能力と学習能力なのだろうか、覚えが早くて羨ましい限りだ。積極的にビレイも行ってくれたので最後の方には補助も要らないほど習得でき、これから頼りになりそうだ。
e0009437_22512206.jpg

一方山岳部員はというと、教える合間を縫ってナバロンに期待を砕かれたり、確認を兼ねてマルチをやったり、対岸の岩場で苦戦したり、広沢寺での次回の課題を見つけてきた。私はというと、1年生とともに5.8,9あたりを一緒にやっていた。楽しかった~


そしてなんと今回来てくれた新入生の中には女子が2人も!ずーーーーーっと寂しいと言いながらも、アルパインをやってきたかいがあったというもの!これから一緒にやっていきたいなあというのが私の本心。ちなみに広沢寺前日の夜は楽しみすぎて眠れなかったほど。


1日たっぷり使って新入生にもクライミングの魅力を伝えられたという手応えはあった。今日をきっかけに今後も楽しんでもらいたい。

[PR]
# by tmualpine | 2018-04-23 23:02 | Comments(0)

八ヶ岳 赤岳真教寺尾根

日時:2018/2/26-27
メンバー:山田、椎名、安田(記)

ブログの投稿が遅くなり本当にすみません
3月から就活を始めてかなりばたばたしてました、、

26日:南大沢駅0942-1338清里駅1350-(タクシー)-1410清里スキー場-1630牛首山(幕営)
27日:0600牛首山-0940赤岳山頂-(県界尾根)-1400清里スキー場

26日:
朝、社本が発熱したらしく山行に参加できなくなる、残念、、
1000八王子で三人が合流する
安田は京王堀之内駅にて転倒、顔面とひざを強打して満身創痍だった

1400清里駅着
タクシーのおっちゃんによると今年は雪が全然降らなくて、スキー場も人工降雪機を回しているそう
確かにスキー場に行く間の道路には雪が全くなかった

1430天気は快晴で半袖で歩けるくらいの気温だった
スキー場の人に止められないようにゲレンデの端を急いで登る
1500ゲレンデ頂上に到着、登山道を登り始める

1630牛首山到着
ラッセルに必要がなく無風快晴だったので、予定より早く着いた

e0009437_15214118.jpg
楽しそうなふたり
安田がかましたボケがおもしろかったらしい

1710急登手前まで歩き、赤岳が見える樹林帯にて幕営
夜ご飯は山田さんのサケ鍋、鍋キューブが浸水していたがとてもおいしかった
酒を飲み、つまみを食べながらぐだぐだおしゃべりをし、20時就寝

27日
0520起床 本当は5時に目覚ましをかけていたが一発で気づかなかったのはよくなかった
0620出発 
0700樹林帯終わりかけのところで、3番手で歩いていた椎名さんが足元を踏み抜き木に引っ掛かった
山田さんが助けに行ったが、雪が柔らかく斜面をそのまま上がることができなかったため、斜面をトラバースして登山道に戻った
説明が下手でうまく伝わらないかもしれないです
ここでアイゼンを装着し、ピッケルを持つ

0850赤岳山頂手前の急登
e0009437_15344724.jpg

雪と岩のミックスが少し続き、最後はほとんど岩になった
足元が安定していたため、ロープは出さずに慎重に上っていく
e0009437_15474748.jpg
0940赤岳山頂
山頂手前で、絶景を堪能したので山頂は写真撮影だけですぐに下山を開始する

県界尾根の下山では最初に急なくだりだったが、雪の中から樹木が出ていたのでロープは出さずにハイマツや木をつかみながら下りた
途中までトレースがなくラッセルだったが、山田さんがずっとトップを歩いてくれた

1400下山を完了しそのまま帰京する

山田さんとのラスト山行は非常に天気に恵まれていて気持ちがよかった
自分の個人的な感想としては、体力に差があると感じた
基礎体力が違うのはしょうがないが、それを少しでも埋め合わせられるよう鍛えないといけないなと思った
あとは、雪山の知識をもっと聞いておくべきだった
e0009437_15581359.jpg
橋本のさぶろうにて

山田さん、椎名さんお疲れ様でした
二人とも本当に山が好きなんだなあと感じた山行でした
先輩のおかげで自分もかなり山が好きになったと思います
今まで大変お世話になりました
またいつか山に行きましょう







[PR]
# by tmualpine | 2018-04-03 16:22 | 雪山 | Comments(0)