excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2018 1/30-31南八ヶ岳主脈縦走

・メンバー:内田
・行程:
1/30 甲斐大泉駅0600-0700天女山-1000前三ツ頭-1240権現岳-1400キレット小屋付近
1/31 キレット小屋付近0600-0720赤岳-0850三叉峰-0950硫黄岳-1020夏沢峠-1100雲上の湯-1200本沢温泉-1420稲子登山口

日本最高所の露天風呂である本沢温泉に行ってきた。
せっかくなので南八ヶ岳(権現岳-赤岳-横岳-硫黄岳)の縦走もおこなった。

1/30
天女登山口から権現岳まではラッセル。
権現岳直下の左に巻いて上るところ、下りの20M梯子が核心だったが、丁寧にいけば問題なし。
無風&快晴の最高な天気。赤岳と阿弥陀。
e0009437_16352076.jpg
キレット小屋へ下るルートが見つからず、付近の樹林帯で幕営。
19時過ぎから風が強くなり、ポールが折れると思った。怖さから3時間くらいしか寝れなかった。

1/31
この日は風が強かった。赤岳の上りもは雪の状態が良く、快適に登った。
頂上で地蔵尾根からピストンの方に写真をとっていただいた。
雲ひとつない八ヶ岳ブルー
e0009437_16352655.jpg
横岳と硫黄岳が思っていたより近く感じた。雪の量もそこまであるわけでないので今日のうちに下山しようと考えた。
e0009437_16353109.jpg
風は強かったがゆっくり、味わいながら稜線を歩いた。
雪がついた硫黄岳・爆裂火口壁のあまりのかっこよさに感動した。

雲上の湯は最高だった。けど湯冷めもすごかった。

e0009437_16354124.jpg
あとは登山道を下山。
天候に恵まれたこともあるけど、しっかり歩けるようになってきたと実感した。





[PR]
by tmualpine | 2018-02-13 17:00 | 雪山 | Comments(0)
<< 燕岳ー蝶ヶ岳縦走(敗退) 2018 2/5-8 中央アル... >>