excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
奥秩父全山縦走
at 2017-06-26 00:59
富士山
at 2017-06-20 14:54
170616セドノ沢右俣
at 2017-06-18 22:53
白峰三山縦走
at 2017-06-05 23:29
谷川岳一ノ倉沢
at 2017-06-05 19:12
以前の記事
最新のコメント
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
It's possibl..
by 2012年秋モデルから at 18:10
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


20170311文登研

記:王鞍

3/11〜17で国立登山研修所の冬山リーダー研修会に参加してきたのでその感想。多少偉そうなことも書きます。

まずこの研修会に参加した目的は、冬山での安全性の向上のために出来ることと多方面での技術の基準を知ることだった。

安全性について、洗練されたビーコン捜索や搬送の方法に加え、細かいバックアップや状況確認の意識をしっかり教え込まれたので有意義だった。自分の山に入る際の意識のぬるさ、現場での判断の甘さを痛感できた。実際に入山してからの指導については安全性を重視しすぎて本来の登頂という目的から遠ざかる点もいくらかあったが、そもそもが安全登山のための研修なのでそこは割り切って自分たちのスタイルに合うものを取捨選択していけば良いと思う。

また標準的な生活技術、事前研究の方法なども知ることができた。あるいは標準ではなく講師の経験によるものだったかもしれないが、理にかなった方法だったので是非活用したい。特に食事や水分補給について実践しながら見直していく必要を感じた。

以上より目的は達成できたと言えるが、もちろんこれらをいかに自分の中に定着させ部に浸透させていくが大事になる。搬送等の技術は講習と雪上訓練により確実に伝達できるはずだが、ここで学んだリーダーとしての意識は共に山に入り徐々に伝えていくしかないので山行中に出来るだけ細かく指摘しなければいけない。1年生にはうるさく言う場面が多くなると思うが、意図を理解してもらえればありがたい。

以下は小言。
研修会は7日間のうち3日間が講習や事前学習、残り4日間は冬山前進基地を中心とした実地訓練という形で行われる。その講習について、各分野で専門的な講師の方が講義するためより実践的な知識を得られると期待していたのだが個人的に本で読んだ以上のことはほとんど学べなかったのが残念だ。研修生の知識量はまばらなため約1時間ほどの講習時間では基本的なことしか説明できない。研修の参加者には事前に指定した本等を読んでくるようにするなどして時間を有効活用するべきではないだろうか。
また、研修会全体として体育会的な雰囲気があったように感じられた。登山に気合いや根性が必要なのは理解しているが、それはわざわざ研修で学ぶことでもないように思う。最終日に各研修生が今回の会を通じてこれから何を実行していくかを発表する時間があるのだが、多くの学生が体力をつけると語っていたことにも違和感を覚えた。体力がなければ十分な状況確認ができず正確な判断が下さないというのは当然だが、そんなこと研修を受けなくても分かるはずだし、もっと他に得られるものがあったのではないかと思う。
そうしたことも含めて、半数以上の研修生は目的を持たずに参加している、おそらく所属しているクラブから強制的に行かされているように感じた。今の1年には是非春山や夏山のリーダー研修会に参加してもらいたいとは思うが、出来るだけ自発的に、目的をもって行ってきてほしい。全然行きたくないなら時間の無駄なので行かない方がいい。
ちなみに自分の班の講師の3名(石川さん、増本さん、高村さん)は常に論理的に教えてくださって尊敬できる方々だった。他の班ほど腕立てもしてないし…。

とにかく勉強になったしそんなにつらくない、というかむしろけっこう楽しかったというのが実際のところ。

[PR]
# by tmualpine | 2017-03-27 19:33 | Comments(0)

2017/3/11ー13 日光白根山

・日程 3/11〜3/13
・メンバー:小味山(記)、橋本

前泊
終電で東武日光駅に到着し、駅の近くでステビバ。
東武日光駅のお城のような外観に圧倒されながら眠りにつく。が思いの他日光が寒い…小味山はなんとか眠れたが、橋本は寒くて眠れなかったとのこと…

3/12
0615東武日光 0730湯元温泉 1005外山鞍部 1110前白根山 1150五色沼避難小屋 1320白根山山頂 1430五色沼避難小屋にて幕営

起きてもやはり寒い…朝食のラーメンを急いで作って食べ、すぐさま駅内に避難。
バスを待ち、6時15分のバスで湯元温泉まで1時間30分ほどゆられる。
到着後、近くの湯元温泉スキー場から登山口までスキー場をひたすら歩く。リフト沿いに40分ほど歩くと登山口へ。天気は快晴、申し分ない天気であった。
e0009437_10452727.jpg
外山までは急登が続く、下が滑るということもあり早々にアイゼンを装着。軽快に歩を進め予定通りの時間で外山鞍部まで到着、急登と言っても雪は積もっていなくラッセルをする程でも無かったため案外楽に突破できた。
外山鞍部から前白根山までは緩やかな道を行く。前白根山に行くにつれどんどん雪がなくなって行く…最終的に前白根山ではほぼ雪は存在しない状態に…なんか悲しい…
e0009437_11000637.jpg
五色沼避難小屋まで下り、上記の写真の後ろに写っている白根山を目指す。
荷物は避難小屋にデポして出発。
e0009437_11043385.jpg
白根山まではまたまた急登を登る、こちらもラッセルするほどは積もってはいない。最初は軽快に行くが終わりが見えない急登に段々とペースが落ちてくる、2人でえっちらおっちら何とか登りきる。
e0009437_11085892.jpg
天気がいいこともあり、山頂からの景色は中々のものであった。特に湯元スキー場近くの湯の湖が綺麗であった。
e0009437_11135253.jpg
e0009437_11143451.jpg
下りはシリセードを試みるが埋まってしまい滑れない…我々が下手なのか、雪のせいなのか…
避難小屋は冬季も使用可能であったが、訓練の意味も込めてテントを避難小屋近くに張り夜を過ごす。
夕飯は橋本のクリームチーズソースのペンネパスタとカルパッチョ風サラダ。最近の夕飯のクオリティの高さにほとんど山で夕飯を作っていない小味山、焦りを隠せない…

3/13
0500起床 0640避難小屋出発 0810五色山 0845国境平 1200湯元温泉

朝食のラーメンを食べ、避難小屋から出発。
心配であった天気も何とかもってくれていた。
五色沼は凍っていたが、幻想的であった。
五色沼の外縁を通り沼の横から登山道に入っていき五色山を目指す。
e0009437_11291722.jpg
沼を横目に見ながら登っていく、トレースも無かったため自分達が沼の方からつけていったトレースを見てちょっと気分も高鳴る。
e0009437_11362030.jpg
e0009437_11364209.jpg
五色山を越えた辺りから雲が上がってきて、徐々に天気が悪くなっていく。
急いでその後の行程をこなし、予定通りの時間で下山していく。
しかし下山は途中で少し道に迷ってしまう、どうやら途中で登山道の横の少し谷っぽくなっている地形に入り込んでしまったようだ。そこは何とか降りることができ登山道に合流し無事下山はすることができた。ルーファイの甘さを2人で反省する…

今回の反省
今回の山行は1年だけで雪山に行くということで、立てた山行であった。
山のレベルとしては今までと比べ、物足りなかったというのが本音である。しかし、1年だけで計画を立て、ルーファイをし、テントを立て、登ったというところで一様の成果は出たのではないかと自分自身考えられる。
が、下山時のルート間違えなど、まだまだ改善しなければ課題もいつもよりハッキリ見えたのも事実である。この山行を機に1年のさらなるレベルアップを期待したい。


[PR]
# by tmualpine | 2017-03-14 10:34 | 雪山 | Comments(0)

2017/03/01~02 高妻山

日程:3/1~2
メンバー:王鞍、小味山、町田、橋本(記)

今回は戸隠の都立大山荘を拠点として活動を行いました。その内の山行の記録を更新します。

0515 戸隠山荘発。山荘にて、布団で寝て朝御飯を食べ万全の準備をして山荘を出る。山行前日に英気をしっかりと養えるのはやはり山荘があってこそだろう。OBさんに戸隠牧場入口まで送ってもらう。
0600 取りつき。広大な牧場に広がる朝焼けを全身に浴びて、冬の朝の澄んだ空気を目一杯吸い込み目を覚ます。
0715 1596m地点。前日も天気が良く非常に雪がしまっていたためさくさく登る。人のトレースは無かったが、ウサギや猿などのトレースがあり山行中に会えないかなとか思う。
e0009437_17513097.jpg
0920 五地蔵山山頂。途中、続く急登に備えアイゼンをつける。締まった雪にアイゼンがよくきいた。ここで幕営予定のため荷物をデポして高妻山に向かう。
e0009437_17544377.jpg
目指す高妻山と先輩が持ってきた何かと汎用的な練乳。今度の合宿に持っていってみようと思う。
e0009437_18231237.jpg
1200 高妻山山頂。天気も良く風もなかったため快適に尾根を歩く。山頂手前急登が立ちはだかり少し怯むも、バテながらではあるが何とか登りきる。
e0009437_18194475.jpg
時間に余裕があったのでこのまま乙妻山を目指すことに。
1420 乙妻山山頂。途中練習もかねロープを出したが勉強不足のためもたつき、事前研究の足りなさが感じられた。山頂は360°展望が良く日本海を望むことができた。
1535高妻山山頂。高妻山手前の急登をシリセードで下る。これが非常に楽しい。
1720五地蔵山山頂。テントを設営し夜ご飯はキムチ鍋。このブログ見てるとみんなキムチ鍋ばかり食べてる気がする。もっとバリエーションを増やしたい。
0900就寝。

0500起床。棒ラーメンを食べ活力を得る。
0830取りつき。残りは下るのみなのでシリセードを駆使して取りつきまで。
1030都立大山荘。


そしてこれが今回お世話になった都立大山荘です。目指す山域に程近く休息がしっかりと取れるためまた是非利用したいと思いました。
e0009437_18520582.jpg
e0009437_18521587.jpg
e0009437_18522607.jpg
e0009437_18523955.jpg
e0009437_18525883.jpg
また、来てくださったOBの方々から多方面にわたるお話を伺うことができ、自分自身とても勉強になりました。こういったOBの方々と一つの場所で集まれるというのも山荘の強みなのではないかと思います。

今回、現役の活動の資金援助してくださった清水さん、小池さん、直接指導してくださったOBの皆様、本当にありがとうございました。






[PR]
# by tmualpine | 2017-03-07 17:17 | 雪山 | Comments(0)

2017/02/17ー19 爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳

・日程:2/17〜2/19
・メンバー:王鞍、内田、小林、佐久間、小味山(記)

前泊
天気が良くなる予報の19日に鹿島槍山頂アタックを合わせるため、計画を少し変え、16日の終電で信濃木崎駅に到着
信濃木崎駅にはトイレもなく、待合室も小さかったため近くのコンビニ付近でステビバをする

2/17
0600出発 0850鹿島山荘(爺ヶ岳東尾根取付き)到着 1230
JP(ジャンクションピーク)到着 1430P3(1978m)手前にて幕営

駅近くのコンビニから爺ヶ岳東尾根の取付きである鹿島山荘まで3時間弱歩く。一度、鹿島山荘を通り過ぎて鹿島槍ガーデンまでいってしまうが登れそうな所がなかったので来た道を戻り鹿島山荘発見、間違えなくてひと安心。
登り始めるといきなり急登が続く。しかしトレースがしっかりあり思いの外楽に登ることができた。
e0009437_00373414.jpg
その後もトレースがついていたため、予定よりも早くJPに到着。計画ではここで幕営だったが時間に余裕があったため、さらに先に進むことに。結果的にP3手前、標高1800m付近で幕営することとなった。
この日の夕食は佐久間の鍋。餅を入れることで、ご飯がなくても十分な満足感を得られる鍋であった。

2/18
0530出発 1045爺ヶ岳中峰到着 1330冷池山荘にて幕営

前日に予定よりも進めたことや天気が良い予報からP1(2411m)〜爺ヶ岳の地帯の雪崩の危険は少ないとの判断から、この日も計画を少し変え冷池山荘まで行くことに。
天気は悪くないが、風が強い。出発してからP2(2198m)までは比較的なだらかであったが雪が深く、ラッセルを交代で行い進んでいく。P2からは急登と細い尾根が続く、雲海と朝日を見ながらなんとか登ってゆく
e0009437_01065953.jpg
P1(2411m)からは風の影響をうけながらも良いペースで登って行き、1045には爺ヶ岳山頂に到着。
e0009437_01444332.jpg
e0009437_01445860.jpg
ここから冷池山荘までは、下りで地面も凍っていたためワカンでは危険ということでアイゼンに履き替え冷池山荘を目指す。結局、冷池山荘には1330には到着できた。
この日の夕食は内田先輩のアルファ米と味噌汁。アルファ米はチキンライスや炒飯などバライティに富んでいてて、しかもどれもおいしく、下界で普通に食べたいレベルであった。

2/19
0610出発 0810布引山到着 0840布引山から引き返し、樹林帯で待機 0930再度出発 1100鹿島槍ヶ岳到着 1300冷池山荘 1530爺ヶ岳到着 1935 鹿島山荘

これまでのスピードから今日、下山も可能ではと考え3日目の夕食の王鞍先輩の鍋を急遽、朝食べることに。野菜、ウインナー、肉、餅、と具だくさんのキムチ鍋で大満足。朝から贅沢であった。
19日は天気が良い予報であったが、朝起きると風が強く、雪もちらついていた。天気が変わるのを待つため出発を1時間遅らし、6時に出発。
布引山に向かい樹林帯を超えると、強風にみまわれる。風速20m以上はあった感じがした。布引山山頂まで行くが、このまま鹿島槍は難しいと考え、一旦樹林帯まで戻る。話し合い、昼に向けて天気が良くなる予報を信じ9時30まで待ち再度出発。風は強いが先ほどよりはすこしおさまり、天気も時々晴れ間を見せるようになる。布引山を越え、そのまま一気に鹿島槍ヶ岳までアタック。強風に耐えながら、何とか登頂。山頂では晴れて欲しかった…。
e0009437_02254743.jpg
早々と山頂を後にし、冷池山荘に帰っている時に徐々に天気が回復し、美しい風景があらわになっていく、これを鹿島槍の山頂で見たかった…
e0009437_02314427.jpg
e0009437_02434088.jpg
冷池山荘でテントなどを回収し下山開始。しかし、鹿島槍登頂の疲れか、爺ヶ岳を登るのに予想以上に時間がかかる。15時30に爺ヶ岳中峰に到着し、そこから逃げるように下山していく。辺りが暗くなり始めたが、トレースがしっかり残っていたのでそれを辿りながら下を目指す。鹿島山荘に着いたのは19時35分で辺りは真っ暗であったが、自然と安心感と達成感がこみ上げてきた。
ここからまた駅まで長い道のりを歩き、北大町の駅で眠りにつき、翌朝の始発で帰路についた。

厳冬期、北アルプスということもあり、今回の山行の成功は大きなものであると思われる。特に1年の私達にとってはとても良い経験になったのは間違いないだろう。しかし一方で力不足も感じる部分も多かった。小味山・小林に関しては途中でバテてしまい王鞍先輩に荷物を少し持ってもらっていた。ラッセルも先輩方の速さが無ければ、これほどスムーズに目的地に到着できてはいなかっただろう。
今回の山行、本当に様々な事を学べる山行になったと実感した。

[PR]
# by tmualpine | 2017-02-21 23:51 | Comments(0)

2017/01/21-23 八方尾根雪上訓練-唐松岳

日程:17/01/21~23
メンバー:王鞍(CL)、鈴木、内田、橋本

 遅くなりましたが更新します。

21日
 4:48南大沢発。白馬駅に向かう。途中大雪で鈍行が止まるもJRの采配により特急に乗車。非常に快適。
 12:30白馬八方スキー場。リフトを乗り継ぐ。
 13:25八方池山荘。装備を整え出発。
 14:50第二ケルン手前のトイレ付近に幕営 
 15:50ビーコン捜索。
e0009437_15302872.jpg

 17:45テント 
 18:40夕食。
 21:00反省、明日の確認をし就寝。
22日
 03:00起床 
 04:30出発(唐松岳)
e0009437_15304529.jpg

 05:05八方池第3ケルン
 06:50天候を考慮し丸山ケルン手前の直登で撤退。
 07:40テント着
 08:00反省会。吹雪いてきたため停滞。
 13:00アイゼン歩行訓練。
 13:50滑落停止・ラッセル
 14:40確保技術(スノーバー・デッドマン)
 15:10スタカット
 16:20雪洞
e0009437_15305937.jpg

 20:00夕食
 22:00就寝。雪洞泊。
23日
 06:00起床
 08:45テント発
 09:15八方池山荘
 10:20八方スキー場
 18:00南大沢着。

 
 装備や事前研究などの準備不足を感じる場面が多々あり満足のいくものではなかった。この経験を十分に噛みしめて次につなげたい。
[PR]
# by tmualpine | 2017-02-11 16:24 | 雪山 | Comments(0)