excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
滝川本谷ー古礼沢
at 2017-08-28 17:08
朝日岳〜白馬岳 
at 2017-08-15 19:01
錫杖〜滝谷合宿
at 2017-08-07 08:26
20170722.23瑞牆山..
at 2017-07-27 14:14
府大戦八ヶ岳縦走
at 2017-07-23 20:41
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


富士山


6月17日(土)

メンバー:古賀、安田(記)

森林限界を突破したいがために富士山日帰り登山を計画

前日の夜8時発、御殿場口新五合目(1440m)に

古賀さんがレンタカーでカーレースのような走りを見せてくれてスリル満点だった

新五合目からの夜景と星空がそれはそれはきれいだったが、寒かったのでフロントガラス越しに鑑賞し、就寝

0330一度目のアラーム

0340二度目のアラーム 安田起床

0340三度目のアラーム 古賀さんの寝顔を見ながら朝ごはんを食べる

0345安田のモーニングコール

0350二度目のモーニングコール 古賀さん起床

古賀さんは仕事終わりでかなりお疲れの様子

お疲れのところを遠慮なく誘って申し訳ないです

0430新五合目出発

e0009437_14493872.jpg

ブル道は砂が深く、あり地獄の中を歩いているようであまり進まない

使う力の半分くらいは、砂に吸収されてしまう

0700六合目

霧を抜けると、そこは雲国だった

e0009437_14500089.jpg
e0009437_14510061.jpg
e0009437_14510353.jpg

足元一面に雲海が広がり、その先は水平線ならぬ雲平線が続いていた

登山客がほとんどいない富士山からの景色を堪能しながら、ひたすら上り続ける

1000九合目

自分が高山病もどきになり、若干ペースが落ちる

いよいよ核心の残雪歩き

ピッケルとチェーンスパイクを装着し、いざ雪の上へ

自分は頭痛で雪を楽しんでいる余裕はなかったが、古賀さんはクライマックスで雪歩きができテンションマックスに

1230富士山山頂到着

ちょうど頂上から下山しようとしている首都大チャリ部の二人組に出会う

うっちーともっちゃんの話をしました

世の中狭いね

e0009437_14520474.jpg

1300剣が峰

山頂付近にはまあまあ人がいたが、雪があったからか、観光客がいなくて静かな日本最高峰を楽しめた

e0009437_14521949.jpg
e0009437_14524820.jpg

カップめんとカフェオレタイム

古賀さんは食事もそこそこに、お鉢めぐりに旅立っていった

自分は、砂だらけの雪で水を作りながらぼーっと過ごす

e0009437_14522839.jpg

自分が日本で一番高いところにいるというのは、なんとも表現しがたいがそれなりにうれしいものだ

1400古賀さんと合流し下山開始

残雪の中歩いている脇を、じいさんが尻制動しながら颯爽と下っていった

じいさんに負けじと雪を駆け下り、途中で追いついたら、尻制動のやり方を丁寧に教えてくれた

うれしいけど、その先ずっと砂なんだよなーと思いながら説明を聞いた

道端の雪でカキ氷作りを試みる

おお、レモン味のカキ氷ですわ

e0009437_14534106.jpg

1500大砂走りをひたすらダッシュする

e0009437_14541616.jpg

途中、謎のストイックなお兄さんに帽子を拾ってもらい、その後古賀さんと男の人のかっこよさについて語り合う


1600下山完了

古賀さんが運転する車で帰京

運転ありがとうございました

山開き前の静かな富士山を満喫でき、とても充実した山行だった


[PR]
# by tmualpine | 2017-06-20 14:54 | 縦走 | Comments(0)

170616セドノ沢右俣

2017年6月16日
メンバー:森山さん(OB)、椎名(記)

森山さんに誘っていただき、
35m大滝の登攀が楽しめるという、
表丹沢のセドノ沢右俣へ。
登攀的な沢が好きな森山さんらしいチョイス。

アプローチは森山さんの車に乗せていただく。
森山さんはこの週末で本山行を含めて、
三日連続で違う山に行ったというから、本物の山男だ。

林道終点から入渓し、バカ丁寧な看板を追ってしばらく歩くと、
F3・8mとF4・8mの滝が現れる。
e0009437_22331307.jpg
ロープを出してF3・8mを森山さんが、
F4・8mを自分がそれぞれリードで登る。
うん。楽しい。

しばらく平凡な沢歩きをすると
メインの35m大滝が現れる。
e0009437_22350191.jpg
1ピッチ目は森山さんリードで一段上のテラスへあがる。
2ピッチ目は自分がリードをやらせていただき、
一般ルートより少し難しいとされる水流際を攻める。
中々緊張感のあるクライミング。。
e0009437_22355061.jpg
最後のピッチは落とし口へのトラバース。
これも中々の高度感。

大滝の後、しばらく歩き
最後はトゲトゲの草むらを詰めて登山道へ。

ロープを使った滝登りが何本かできて
満足な沢であった。
森山さんお世話になりました。
また山へいきましょう!!


[PR]
# by tmualpine | 2017-06-18 22:53 | | Comments(0)

白峰三山縦走

5月20~21日

メンバー:椎名、安田(記)、大和田

春の残雪の山に行こうということで白峰三山の縦走を計画

メンバー募集でぜんぜん人が集まらなかったので悲しかったが急遽、期待の新人大和田君が来てくれた

19日:1500出発

レンタカーでわいわいおしゃべりをしながら目指すは奈良田温泉へ

途中で、自分がアイゼンを忘れたことが発覚

奇跡的に富士吉田のモンベルが近くにあったため、買出しに行く

e0009437_23182070.jpg

2000奈良田温泉着

冬季は道路が閉鎖されているためここから3時間の林道歩き

e0009437_23164310.jpg

撮影椎名 照明安田

かなり長めのトンネルの看板をバックに記念撮影

周は「やばい、(トンネルの中)マジでなんも見えねー」と言いながら嬉しそうに写真を撮っていたが、予想通りただの黒い写真だった

林道には街灯がひとつもなく満天の星空だった

途中の休憩の際、周のお手製のピクルスが振舞われる

2100に歩き始め2400に歩き沢橋到着

林道にテントを張り、3時間の仮眠をとる

e0009437_23164303.jpg

20日:0300起床

周は山が楽しみすぎて夜眠れなかったらしい

0400歩きだし

ここから急登が続く

朝食べたラーメンのせいで、自分が若干へばったが、コースタイムの7割ほどのスピードで池山御池小屋を通過

0900雪が付き始める

高度を上げるにつれて残雪が付き始める

まだ、ところどころではあるが結構歩きづらい

e0009437_23164431.jpg

撮影者大和田

「自分の足跡がとりたいっす」

e0009437_23194547.jpg

撮影椎名

スパッツとマスクでまるでナウシカみたいと思い南アルプスの山々を背景に写真を撮ってもらう

「虫たちよ、森へお帰り」(帽子は虫笛のつもり)


1230ボーコン沢の頭

気温が上がるにつれて緩んでくる雪に苦戦し、フェイクに騙されながら歩き続けようやく到着

空は雲一つない快晴でとても気持ちがよい

北岳がなかなかきれいなのでここで記念撮影

e0009437_23164264.jpg

撮影:椎名

主役は北岳なので人が切れていても問題ないらしい

e0009437_23220166.jpg

撮影大和田

自分が思いっきりはまって動けなくなっているところです

1330八本歯のコル

コルに行く下りの手前ののぼりの雪がずぼずぼで進みが遅い

先頭の辛さ実感しながら難所と言われるコルまでの下りに入る

椎名「雪が凍っていて危ないからアイゼンとピッケルを出そう」

安田「あ、・・・・・・・・・・・・・・ピッケル歩き沢橋に忘れました」

今まで気づかなかったこと、この後どうしようということを考えながら数十秒フリーズ

結局、椎名さんの持っていたピッケルをお借りすることに

ご迷惑おかけして大変申し訳ありませんでした

幸いにも稜線沿いは雪がほとんど残っていなかったこともあり順調にいく

1500北岳山頂

e0009437_23164521.jpg

撮影安田

前日の寝不足で頭痛がひどい周はちょっときつそうだった

1630北岳山荘到着

小屋には冬季専用の部屋があり毛布と机、いす、ライトがついてる快適っぷり

夜ごはんは自分が荷揚げしたプルコギに野菜を混ぜたもの

その後、ウイスキーとおつまみでちびちびやりながらぶっちゃけトークで盛り上がる

1930就寝

21日:0330起床

0430出発

本日も快晴

雲一つない空の下アイゼンを利かせながら雪渓の上を歩くのは、とても気持ちがよい

e0009437_23225195.jpg

撮影安田

0700間ノ岳山頂

アイゼンでの岩の稜線歩きに苦戦しながらも順調に進んでいく

e0009437_23231935.jpg

撮影:安田


1030農鳥岳山頂

e0009437_23164286.jpg

撮影:椎名


1200大門沢下降点

雪の影響もあり少し時間が押し気味になる

e0009437_23253802.jpg

撮影:安田


1600までには下山しないとレンタカーの延長料金が取られると急いで下山を開始

3000m付近大門沢へ降りるところの急な下りで予想の3倍の時間がかかった

雪にはまると太ももまで埋まってしまうところ、シャーベット状で一度滑るとなかなか止まらないところがあり先頭の足跡をたどりながら慎重に進んでいく

また、途中でマーカーを見失いルートを探しながら歩いたためさらに遅れた

1630大門沢小屋

ここまでくると雪はなくなり普通の下山になる


e0009437_23264371.jpg

撮影:安田
ジェットボイルの解説を嬉しそうにしてくれる周がかわいかった


今日中にレンタカーを返すことは無理だが下山はしたいということで急いで下山する

1900奈良田温泉入口到着

しかし、電波が入らずレンタカー屋に電話ができない。。

2000帰路につく

レンタカー屋に連絡が出来なかった結果、いろいろな人にご心配をおかけすることになりました

ここからは今回の山行を通した反省と、対策を述べていく

◎アイゼン、ピッケルを忘れた

装備の最終確認を怠ったために起こったこと

アイゼンは途中のモンベルで購入したが、雪山において最も重要となる装備を忘れたことは、そもそも雪山に登る資格がないと思った

また、ピッケルを登山口に忘れたことにより、他のメンバーを危険にさらしてしまった

登山で使うものは、一つ忘れただけで命取りになる可能性があることを強く実感した

対策:前もって準備を行う

   装備確認を日にちに余裕がある段階で行う

   自分が持つものを把握し、ひとまとめにする

◎メンバー変更の計画書の再提出をOBの方々に送り忘れたこと

一年生を雪山に連れて行くという重要な事項が知らされていなかった

もし、事故が起こっていたら捜索に混乱が生じ、早急な対応ができなかった可能性がある

対策:計画書に変更があった場合、必ずその旨を伝える

   余裕をもって計画書を作り、極力直前での変更がないようにする

◎計画がかなりきつめの日程だったこと

雪がどの程度残っているか、まったく情報がなく推測で計画を立てたが、あまり時間に余裕を持った計画ではなかったため、下山時刻が大幅に遅れた 

雪があるときは、無雪期と比べてどの程度歩く速度に影響するかを把握してなかった

対策:余裕を持った計画を立てる

  

計画の準備不足だったことを深く感じた

雪山の知識、技術、経験が足りず、完全に椎名さんに頼りっきりの山行だった

計画が自分の実力以上のものであり、自分が立てる資格はなかったと思った

これからの山行で同じことを繰り返さないようにしっかりと対策を考えたうえで、経験、知識、技術を培っていきたい

三人とも無事に下山出来て、ほんとうによかった


[PR]
# by tmualpine | 2017-06-05 23:29 | 縦走 | Comments(0)

谷川岳一ノ倉沢

6月3〜4日
メンバー:椎名、王鞍、佐久間、大和田(記)

今回は谷川岳一ノ倉沢烏帽子岩奥壁南稜へ。マルチピッチクライミングの実戦だ。

初日、4台の車が土合駅近くの駐車場に向けて出発。駐車場からは今晩の宿である虹芝寮(こうしりょう)に向けて1時間ほど歩く。
e0009437_19353873.jpg
小屋に到着すると、縦走組のみなさんと調理開始。安田先輩の作るカレーは絶品です。
e0009437_19273409.jpg
他にもいろいろと作りました。もはや山の食事ではない。
e0009437_19281876.jpg
お楽しみの飲み会がスタート。岩組は早朝の出発に備えセーブします。
e0009437_19351086.jpg
22時頃、岩組は二階に上がり就寝。しかし王鞍さんは一階の騒音に邪魔され眠りにつけず…結局縦走組と就寝時刻は変わらなかったそうで、帰路で愚痴をこぼしていました。

翌朝、烏帽子岩取り付きに向け3時半に小屋を出る。雨が微かに降っている。

1時間ほどで一ノ倉沢を視界にとらえる。
e0009437_19440029.jpg
700人以上のクライマーが命を落とした場所、威圧感がすごい…

雪渓を詰め取り付きへ
e0009437_19472765.jpg

ここでアクシデント発生。
取り付き直前、逆層のスラブが滝と化しているのを目の当たりにする。
e0009437_19500336.jpg
王鞍さんもガッカリ

トポにはこのスラブを進むと取り付きの南陵テラスに到着すると書いてあるが、この状況ではスラブを超えたとしてもそれより先に行けそうにない。この天候では危険と判断し、下山することにした。

小屋に戻ると同じく行動を断念した縦走組に会う。することがないので昨晩の残りのカレーを食べ、山菜採りと魚釣りへ(1匹も釣れなかった)
その後も小屋でトランプをしたりわけのわからない球技をしたりしてダラダラと過ごす。

昼過ぎに下山を開始する。この頃には雨も止み、青い空が見渡せた。
e0009437_20040962.jpg

下山後は足湯で疲れを癒し、谷川ラーメンにて遅めの昼食をとる。
e0009437_20104167.jpg
チャーハン単品(700)とチャーハン定食(800)のチャーハンのサイズが同じことで少し不機嫌な王鞍さんだが、優しいOGの先輩がラーメンをわけてくれたおかげでお腹を満たすことができた。

ここでそれぞれの方面へ別れ、無事合宿終了である。

今回は悪天候により登ることができなかったので、近いうちにリベンジをするのにまた来たい。登ることはできなかったが、OBOGの先輩方と会うことができたので良かった。また一緒に山行きましょう。






[PR]
# by tmualpine | 2017-06-05 19:12 | 合宿 | Comments(0)

小川山クライミング合宿

日程:2017年5月3~7日
メンバー:平井、王鞍、橋本、佐久間、小味山、小林、町田、大山(記)、大和田

GWを使ってクライミングのメッカである小川山へ。
マルチ、ナチプロなどのクライミング技術の向上のための合宿であった。

3日(大山、平井は4日から参加)
10:40信濃川上 11:20川端下バス停 12:40廻り目キャンプ場
13:30取り付き

初日は、そらまめスラブの横の名もなきルートを登り、その後あみだ岩へ行きあみだくじルートの1ピッチ目(5.10a)をを登る。帰りにボルダ―で遊んだ。
e0009437_23485794.jpg
廻り目キャンプ場は直火がOKなので毎日がキャンプファイヤーでした。
最高ですね。
e0009437_23503560.jpg
ご飯はこみーのグラタン。(食べたかった)

4日
自分と平井さんも合流し、ソラマメスラブへ。
クマはリードでソラマメ(5.9+)、もっちゃんとコバはやわらかソラマメ(たしか5.7)を登る。クマはこれでスラブの道に入門したのであった。


e0009437_23564062.jpg
左がクマ、右がもっちゃん
夜は、自分が持ってきたジャガイモを火にぶっこみじゃがバターと、平井さんが運んできたビールで生き返った。

5日
この日はソラマメ下部へ。
6時ごろに取り付き。
王鞍さんとクマは三色すみれ(10a)、ソラマメ(9+)を2ピッチ
コバ、もっちゃん、周は生木が倒れたよ(5.9)で登る。
他にも、リードで王鞍さんとクマはワイルドダジヤン(10c)
コバと自分は三色すみれを落とした。

この日、平井さんの腹の調子が激変し、ハーネスを付けたら腹壊す病にかかり撃沈してしまった。気持ちよさそうに寝てます。
e0009437_00225808.jpg
その後、1日目と同じソラマメスラブ横のところで、セカンドビレイの練習。
あみだ岩でマルチの練習をしようと思ったがコケ蒸しや、ロープが絡まる支障が生じ断念。
夜は、まっちょのビーフシチューとパン。案の定うまい。

6日
あるルートに胸を膨らませ起床。
e0009437_00361390.jpg
小川山レイバック(5.9+)に向かいました。
6時か7時ごろに取り付き。自分たちが一番乗りだったが、どんなものか見たいので数分後に来た後続の人に譲る。
クマ、王鞍さん、平井さんがリードで、他もTRで登りました。
レイバックとジャムのいい練習になった。ハンドジャムが決まる感覚は少し得られた気がする。
e0009437_00414603.jpg
平井さん、ハーネスつけると腹壊す病を乗り越えた、綺麗なレイバックでした。
ちなみに小川山レイバックの近くの岩は最高の昼寝場所でした。
e0009437_00472005.jpg
結局小川山レイバックを出たのは、13時頃
その後、ハコヤ岩へ行きカムでナチプロの練習。
森林浴(5.8)を登る。時間の関係で全員は無理でした。
自分はやっとカムを信用できるようになりました。

途中で平井さんは帰宅。腹痛でしたがレイバックが登れて満足そうでした。

夜はクマのパスタ。これがビールとあってものすごい美味だった。

7日
最終日は、屋根岩3峰(南陵神奈川ルート)へマルチの練習に向かった。
しかし、アプローチで迷う迷う。。もっと目印置いてくれよ。。
結局マルチは断念し、途中で見かけたハングのルートに惹かれ取り付くことに。
クマ、王鞍さん、もっちゃんはハングの10cにトライ。
王鞍さんは落としていました。強いです。
e0009437_01041525.jpg
他の5人で近くの7か8かのルートを登る。theスラブって感じでした。

バスの時間が迫っていたため急いで下山し、バス停に向かった。
山吉に行くはずがGW休みで、なんとも言えない感情になり帰りました。

反省としては、結局マルチの実践の練習ができなかったことでしょう。アルパインに行くならば、ロープワーク、ナチプロを十分に習得しなければならないのでまだまだ精進が必要だと感じました。
しかし、小川山の廻り目キャンプ場はたき火できるし電波通じるし最高ですね!!
ぜひ南陵神奈川ルート登りたいので再来したいですね。




[PR]
# by tmualpine | 2017-06-01 01:17 | ショートルート | Comments(0)