excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
戸隠
at 2017-11-08 21:48
鍋割山 日帰り
at 2017-11-02 01:05
陣馬山~城山 荷歩レース
at 2017-10-14 23:18
北アルプス裏銀座縦走後半組
at 2017-10-09 12:56
北アルプス裏銀座縦走
at 2017-09-28 01:46
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


滝川本谷ー古礼沢

日程、8/26〜8/27
メンバー、森山(OB)、椎名、安田、小味山(記)
4人で滝川本谷と続く古礼沢に一泊二日で行ってきました。
当初はさらにOBの師橋さんや小山さんが来てくださる予定でしたが、お二人とも用事で来れなくなってしまい結局4人で行くことになりました、やはり社会人の方々はお忙しい……。

前泊
森山さんが仕事を終えてから南大沢まで車で来てくださり、11時くらいに出発。入渓点近くの出会いの丘には2時くらいに着き、次の日の起床は4時30だったので短い睡眠をとる。

8/26(土)
0430起床 0500出発 0600入渓 1200吊橋 1630古礼沢出会い(幕営)
眠い気持ちを抑えながら出発。道路から沢に入る道は案外すぐ見つかった。しかしその下の中間道から沢まで降りる所が中々見つからず、時間がかかってしまったが何とか降りられそうな所をみつけ入渓。久々の沢で雨も降らなさうだったので、心が踊る。しかし30分ほど歩いてるといきなり釣り師のおっちゃんに呼び止められ、「沢入ってちゃうと、魚が釣れないんだよーうんぬんかんぬん」と10分ほど説教される。もっと早く沢に来て欲しかったらしい。(これより早く行ったら、暗くて沢危険だろ…)という気持ちを抑え、また歩き出す。滝川本谷は釣り師の方も多く、この日だけで5人以上はいらっしゃった、沢の時は沢登りだけでなく、釣り師の人にも配慮しなくてはいけないことを学ぶいい機会となった。その後は大きな滝などもなくずっと単調な道が続く。元々ながい沢だとは聞いてたがここまでとは…、遡行図みる度に全然進んでいなくて萎える…。
e0009437_07560231.jpg
e0009437_07551054.jpg

(上の写真のような単調な道が続く)
12時頃になってようやく、半分くらいの所にある吊橋に到着。やっとかという気持ちとまだここなのかという気持ちが混ざる。その後は少し滝が多くなってきたが、ロープを出すほどのものはなく順調に進んでいく。そしてついに、この沢核心の悪場に到着。
e0009437_08173770.jpg
e0009437_08204948.jpg
e0009437_08311198.jpg
ここは2010年に8人が亡くなる多重事故があった場所、道中釣り師の話によると今年の3月にもここで一人亡くなったとか…。ヤバイ雰囲気がぷんぷんして、相当ビビる小味山。沢自体は5m、8mだが釜が深い、確かにこれは落ちたら上がってこれなそう…。残置ロープを使い一人一人慎重に進む。少し時間はかかったが、何とか悪場を突破、やりきった感がこみ上げる。ここから少し歩くと、古礼沢出会いが見えてきた、長い道のりだった…。
ツェルトをたてた後、椎名さんは魚を釣りに再度川へ、他の三人は焚き火をつける。木が湿っているため、中々つかなかったが1時間くらい格闘し、ようやく火がつく、ちょうどよく椎名さんも魚を1匹釣り上げて帰還。さすが椎名さん。
e0009437_08354509.jpg
e0009437_09032857.jpg
夕食は椎名さんのカレー、具だくさんでうまかった。焚き火で服を乾かしたり、あったまりながら時間を過ごしていく。魚が焼きあがったなは9時くらいだったが、待ったかいあってうまい、こんな所でこんな新鮮な感じ白身魚を食えるとは、満足感に包まれながら就寝。

8/27(日)
0430起床 0600出発 1200稜線登山道 1600出会いの丘
二日目、天気も前日同様あまり悪くない。なみさんが少し体調が悪いらしい、心配だが今日はさほど辛い場所もないので予定通り出発。最初にこの沢で唯一でかい10mの滝が登場。
e0009437_08475215.jpg
この沢で初めてロープを出し突破していく。この後は200mくらいのナメ地帯が2.3箇所登場、ナメと苔の綺麗さに癒される。
e0009437_08502619.jpg
アクアステルスソールの小味山はナメに苦戦しまくる、すべりまくりながら何とか進んでいく。進んでいくと沢が伏流になっていき終了、昨日と比べると一瞬で終わってしまった感覚であった。
e0009437_08582623.jpg
登山道までつきあげ、そこから水晶山、雁坂小屋を超えてえっちらおっちら下山していく。疲れた体で4時間ほど歩くとやっと出会いの丘到着、予想以上に疲れた…。

疲れはしたが、今回初の泊まりの沢であった自分は本当に学べることが多かった。忙しい中来てくださった森山さんには本当に感謝です、ありがとうございました。
(写真は全部ジップロックに入れて、撮ってたのでちょっとボヤけてたり見にくかったりします、すいません
撮り方ももっと練習します。)



[PR]
# by tmualpine | 2017-08-28 17:08 | | Comments(0)

朝日岳〜白馬岳 

日にち:17/08/11〜17/08/13
メンバー:江村 西村(記)

安田が朝日小屋にいるということで、会いがてら高山植物を愛でにこの山行を計画した。

1日目:0800蓮華温泉 0900瀬戸川出合 1020白高地沢出合 1320白高地  1420朝日岳  1510朝日小屋
2日目:0500起床 0900朝日小屋 1000水平道分岐 1230雪倉岳 1530白馬岳 1550村営頂上宿舎
3日目:0500起床 0600村営頂上小屋 0820清水岳 1400祖母谷温泉

前日 平岩駅でステビバ。警察が来ないことを願ってさっさと就寝。

1日目
0655発のバスに乗り込む。晴れ間が見えず不安だったが、登山口では青空が垣間見える。
到着後さっさと出発。最初は1時間ほど下り。飽きてきた頃に沢に出て登り始める。
木道を滑りながら楽しく進む。標高が上がるにつれて高山植物も顔を出す。
江村さんは楽しそうに高山植物を愛でていた。
そんなことをしてるうちにあっさり朝日岳に到着。晴れていて気持ちが良い。
e0009437_18233926.jpg
サクッと朝日小屋まで向かい、安田に会う。写真を撮り忘れたが、元気そう。
トマトチーズカレーを食べてうだうだお話し。
テントに戻ると雨音が。テントの下を水が流れててテンションが下がる。
さらに周りのテントがうるさくて江村さんがなんか言ってたが、よくわからなかったので就寝。

2日目
5時起床。起床時刻の10分くらい前に目が覚めてぼーっとしてたら雨が降り出す。
行けなくはないけど行きたくないといったた感じで6時の出発は見送る。
安田がゴミ拾いをしていたのでお手伝いしながら晴れ乞いを一人行う。なかなか晴れず。
どうやら富山で警報が出てるらしく笑い飛ばすと9時前に解除された。
江村さんの「行くかー」の一言で出発。到着がかなり遅くなりそうと心配したがそんなこと言えなかった。
雨でほとんど記憶はないが展望がいいとされる雪倉岳の山頂の記録はある。

e0009437_18323346.jpg
白馬岳山頂到着の1時間くらい前に日の光を感じる。一瞬で青空と太陽が登場。感動。
e0009437_18350069.jpg

視界が開けてるって本当に素晴らしいことだと実感した。
山頂には人がわんさか。記念撮影のための列なんかもできていた。
写真に興味のない江村さんは放っておいて居合わせたお姉さんに撮ってもらう。
e0009437_18390408.jpg

時間も時間なのでさっさとテン場まで下り、テントを張ってご飯を作る。まさかの2日続きのカレー。
この日のテン場は静かだったのと相当疲れていたため一瞬で就寝。

3日目
晴れ。晴れてるだけで笑顔になれる。予定通り出発。雪渓を歩いたりしながらほとんど人のいない登山道を進む。
e0009437_18432325.jpg
高山植物のお花畑が散在しており、楽しくお散歩気分。
スマホデビューしたての江村さんは「デジカメよりもスマホの方が綺麗に撮れるんじゃね?」と楽しそうに写真を撮りまくってた。
e0009437_18460800.jpg
朝露に濡れたコマクサなんかも色っぽく咲き乱れてたり。
e0009437_18472163.jpg
標高が下がるとだんだん景色もつまらないのでここからはサクサク下る。長いトラバースの下り。前日の大雨で道がぬかるんでいてよくない。滑る。
避難小屋前で一緒になったおじさんに白馬小屋の豪華な弁当を自慢されてマヨネーズをいただく。
もう一人のおじさんを抜かすと、ペース合わせたいからついて行きますとかで3人で下る。
早いなーと思いながらも頑張ってたら滑ってころりんで数メートル滑落。
幸い軽い擦り傷で済んだが、江村さんとおじさんを驚かせて心配かけてしまった。申し訳ないです。
↓事故現場
e0009437_18554759.jpg
おじさんとは離れ、丁寧にゆっくり下る。
ちなみに相当疲れていたのか、江村さんも滑ってころりんしていた。

避難小屋から4時間もかからないと思っていたが、悪路続きでなんだかんだ4時間くらいかかって祖母谷へ到着。
温泉に入って身も心も癒される。

江村さんは研究が忙しいらしく、その日のうちに新幹線で帰るとかでさっさと帰宅。
西村は温泉を堪能したかったので1泊して朝風呂を楽しんで観光しながら18きっぷでのんびり帰宅した。




[PR]
# by tmualpine | 2017-08-15 19:01 | 縦走 | Comments(1)

錫杖〜滝谷合宿

日程:8/5〜8/7
メンバー:椎名、王鞍(記)、小林、橋本、社本、佐々木

本来は8/5〜8/11の日程で、錫杖定着の後、滝谷出合〜第4尾根の予定だったのだが、台風直撃予報のため無念の敗退となった。。。

8/5
台風が逸れることを信じて早朝に南大沢を発ち、1016松本駅着。そこから中尾高原口まで2時間ほどバスに揺られ、13時ごろ荷上げ開始。錫杖沢の岩小屋で宿泊予定だったが、すでに数パーティのテントで埋まっていたためクリヤ谷岩小屋で幕営。16時着。モハのうどんをいただき、18時ごろ就寝。
e0009437_08484927.jpg
e0009437_08501074.jpg
e0009437_08503020.jpg

8/6
2時に起床し、朝食のパスタを食べて3時に出る予定だったが、夜中中雨が降っていたので4時に発。クリヤ谷岩小屋から直接前衛フェースに向かうルートはかなり不明瞭だったので錫杖沢経由で向かう。途中の渡渉でコケて打った膝がかなり痛んだ。
5時ごろ取付き到着。壮大な岩壁に登攀意欲がMAXだが、どのルートも完璧に濡れててテカテカ。とりあえずこの日は晴れそうだったので10時までしりとりをして待つことにしたがガスが多く日は見えず、しかも小さい虫(ブヨ?)が無限発生していじめてきたのでなかなか時間は進まなかった。
e0009437_09543002.jpg
完璧なブヨ対策から生まれた狩猟民族の伝統衣装
e0009437_09082673.jpg
特に書くことが無いのでしりとりの話。山関連の言葉でのしりとりをした。コバが三回も負けたくせに罰ゲームをガン無視。あんまりしつこく言うとぶん殴られるのでやめといた。

結局岩は乾く様子もなく10時を過ぎ、すごすごとテントに戻る。auの電波が入ったので天気予報を見ると7,8,9と台風直撃の停滞予報だったため作戦会議。
①10日に登れることに賭けて、このまま岩小屋で台風をやり過ごす。
②登山口まで降りて一泊し、上高地に移動して台風をやり過ごして穂高を縦走。
③登山口まで降りて一泊し、7日のバスで帰京。

の3つの案で検討。①は、岩小屋が川のすぐ近くだったため増水で流される危険がある上、その日の岩のコンディションからして10日も登れる見込みは少ないという判断で没。②案も、縦走のモチベーションは特になく自分の膝も痛かったため無しになり、③の帰宅案に決定した。

ということでさっさと荷物をまとめて下山。14時過ぎに登山口に着いたがその日の最終バスは1340だったので近くの駐車場で幕営。
ゲロ暑かったので蒲田川で泳ぐ!ボルダーを発見したので裸足でトライ。いくつか面白いルートを開拓できた。
e0009437_10510772.jpg
e0009437_09412569.jpg
e0009437_09403858.jpg

しゃものビーフシチューをいただいて20時就寝。テントが暑かったので自分ともっちゃんは外で寝た。

8/7
コバの鍋を朝飯にいただいてバスが来るまでダラダラ。午後から雨が降り始める予報だが、朝からめちゃくちゃいい天気でむかつく。もしかしたら今朝なら登れたんじゃないかという思いを必死で振り払いひたすらダラダラする。
こうして果てしない悔しさと共に今年の合宿は終わったのだった…。
e0009437_11144872.jpg


[PR]
# by tmualpine | 2017-08-07 08:26 | 合宿 | Comments(0)

20170722.23瑞牆山クライミング

日程:2017/7/22瑞牆 7/23三ッ峠
メンバー:山田、椎名、王鞍(記)、大和田

どうも王鞍です。土日に瑞牆に行ってきました。個人的には初瑞牆クライミングで大変興奮してたのですが、夕方の豪雨のため2日目は三ッ峠に避難。。。一番やりたかった調和の幻想は取り逃がしました。
近日リベンジ!!

7/22
前夜に道の駅にらさきのテーブルで寝て、朝6時くらい?にみずがき山自然公園に到着。
あれに登る!!わくわく!
e0009437_14253466.jpg

当ブログのアプローチ記事を参考にし、S君を無視し続けると十一面岩にたどり着く。初日は瑞牆マルチで一番簡単であろう錦秋カナトコルートをやろうということで、8時頃、左岩壁に取り付く。自分と山田さんが先発で、椎名くんと周が後発。
カナトコルート取付き↓
e0009437_14351600.jpg
1P目は5.7のフレークを登り、あとは適当に終了点まで。2P目が核心の10a。スラブのような斜面に薄いクラックが走っている。1,2手目が少しやりずらいが、その後はカチを探しながらレイバック気味に上げていくとあっさり核心終わり。クラックのグレーディングというよりは、普通の5.10aだったという印象。山田さんはボロボロのレッチリシューズで苦戦していた。3P目は左手の土のバンドを(Ⅲ)を上がっていく。一箇所ロープの欲しいところがあった。4P目は左にトラバースすると視界が開けて5.6のクラックが現れる。ここは歩きでオッケー。
e0009437_15050300.jpg
周は4P目で右ルートに入ってしまって立ち往生していた。5P目は1番分かりやすい凹角を右上していく。途中いくつか面白そうな直上ルートが見えるが今回は我慢。そして最終ピッチ、北向きにそれらしきチムニーがあったが奥にもう少し面白そうな短いクラックがあるので登ってみる。
e0009437_23444170.jpg
これが本当の核心だった。少し苔むして滑るクラックを登ると短いチムニー(というかO.W?)があるのでズリズリ登ると、本来のルートのカナトコ岩が現れる。最後は気持ちよくトップアウト。瑞牆が全部見えた。山田さんはやはりシューズ核心だったが無事上がって来た。頂上で写真でも撮りたかったがちょうどガスが上がってきたのと、周がルートが分からないというのでそそくさと懸垂することに。3Pで取付きに到着。ちょうど11時だった。全6Pで3時間なのでまぁまぁというところか。
椎名くんたちはまだ時間がかかりそうだったので山田さんと十一面岩周辺を聖地巡礼することに。

「あれがベルジュエールか!」「やばいっすね!」
「これがアレアレアか!」「やばいっすね!!」
「あれが微笑み返しルート...」「え...?」
e0009437_17012584.jpg

そんなこんなしてたが、まだ降りてくる気配がないのでスコールの2P目(5.10b)のO.Wに挑戦してみることにした。
1P目は山河微笑と同じルートで5.8だが、ビシャビシャで思いのほか悪く苦戦。気を取り直して10bに向かうが、フェースからO.Wへ行くルートと山河微笑のチムニーからトラバースするラインの2通りが見え、プロテクションが取れなそうだったのでチムニーに入る。が、ここからどうにかしてスコールに移ろうと30分ほど突っ張りながら粘るが移れず、諦めてそのままチムニー(5.7)を登る。これもなかなか苦労したが山田さんはスイスイ登ってた。おいらはチムニーにまだ慣れてないのかな…。結局2Pで懸垂して降りると椎名くんと周がいた。
e0009437_17084485.jpg
e0009437_17090306.jpg
e0009437_17092594.jpg
時間が時間なので後はショートをやろうということで、一旦車に戻りカサメリ沢に移動。そこで山田さんがナナーズのカラファテでクライミングシューズを買うと言うので周と椎名くんをカサメリ沢において川上村へ。道中雨が降り出し、雨雲から逃げるようにしてナナーズにたどり着いた。まさか本当にシューズを買うのかと思っていたが、まさか本当に買うとは…。(笑)
セールでお得な上サイズぴったりだったらしい。クマとお揃いのアローヘッドです。
ついでに晩飯用に豚肉なんかを買ってカサメリ沢へ戻る。
瑞牆方面は完全に分厚い雲に覆われていて、山道の道路にはもはや川が流れていた。雷も轟き始めたのでハイテンションで(嵐なので)椎名くんたちを迎えに行くとびしょ濡れの2人が待っていた。結局一本もできなかったようで消沈気味の2人。ナナーズ行きが正解でしたね。
この様子では明日の瑞牆は不可能と判断し、レーダーを見ると三ッ峠なら乾いてそうだったので急遽予定変更。
調和の幻想のためにNEWシューズを買った山田さんはとくべつ残念そう。
e0009437_17231850.jpg
e0009437_17233446.jpg
ということでとりあえずその夜は再び道の駅にらさきで周のカレーうどんをいただいて寝る。

7/23
朝6時起床。相変わらずのお天気だが、朝のパスタを食らって三ッ峠へ向けて車を走らせる。11時ごろ?三ッ峠の岩場到着。
e0009437_17423094.jpg
巨人ルートが面白そうだったので山田さん&椎名くんが取り付くが、1P目がⅥ+(4じゃなくて6ですよ)で難しそう。時間がかかりそうだったので自分と周は鶴ルートへ。1,2PはⅣ+だが濡れていていやらしい。最後の3P目を周が行こうとしたところで雨が降って来た。それでも周は登り始める。だいぶ時間はかかったが無事終了点に着いたようで、ロープを引っ張られるので嫌々登り始める。しかし雨脚もどんどん強くなり、どこもかしこもビッシャビシャのヌッルヌルで「くっそおおお」と言い続けながら登った。周はよくトップでこんなとこ登ったもんだ…。
レインを着て急いで懸垂すると雨が上がった。なぜか富士山はずっとバッチリ見えている。
e0009437_17441841.jpg
なんか疲れたし濡れてるしもう無理だ〜と思ってたら巨人ルートを終えて降りてきた山田さんと椎名くんはショート登る気満々。右フェイスの方へ移動し、周がフレーク5.9、椎名くんが5.10b(名前忘れた)にトライ。もちろん誰もいないが岩は意外と乾いている。どちらも相当カラかったようでずいぶん長い時間登っていた。自分も椎名くんの10bをやってみたが、3回くらいテンションかけてやっといけた。かなり疲れました。降りてくると、隣でロワーダウンしたあとのロープが引けなくなって閉口していたので近くの5.8らしきルートを登って終了点を確認すると、少し離れた二つの支点にロープがかかっており、キンクして絡まっていた。90度ずつ曲がった状態でロープが引かれるとキンクしやすいと何かの本で読んだが多分それだろう。解いて降りるともう18時前だったので退散。

晩飯はもちろん麺でる。ご馳走様でした。


おまけ
e0009437_19190969.jpg
おまけ2
e0009437_23450273.jpg

[PR]
# by tmualpine | 2017-07-27 14:14 | マルチピッチ | Comments(0)

府大戦八ヶ岳縦走

日程:2017年7月7日~7月9日
メンバー:M2 江村 B4西村 B3安田 B2高橋 坂本 黒木 B1 平松 劉 木村(記) 難波 岸 高安
以上男女比1:1という山岳部としては驚異的なメンバーで八ヶ岳を縦走しました。

(ブログをグダグダ2週間かけて書いていたので時空が歪んでいます)

〇1日目〇
白駒の池15:30,ニュウ17:00,黒百合ヒュッテ1830,就寝2030,
〇2日目〇
起床5:00,出発6:00,東天狗8:00,根石岳8:40,夏沢峠9:40,硫黄岳10:50,横岳12:40,赤岳15:10,キレット小屋16:50,就寝20:00
〇3日目〇
起床4:45,出発6:00,権現岳7:50,青年小屋9:50,編笠岳10:15,青年小屋10:50,押手川11:50,雲海12:40,観音平13:50


今回は初日の行程が2時間程度だったため、早起きが得意な人は先に登りテン場を確保。苦手組は上記の時間での出発となった。当方5月以降1限の存在を消している。よって後発組となったので、テン場までは後発組の情報となる。

茅野駅から白駒池までバスを使ったのだが、暖房が作為的につけられていた気がする。とにかく暑くメンバーは体力を消耗。更に池周辺の道が非常にぬかるんでおり、萎え気味でのスタートとなった。
e0009437_20532303.jpg

…と思いきや、にゅうに着いた途端岩場と2000m越えの景色にメンバーのテンションは爆上げ。各々「トプ画撮るわ!!!」と写真撮影タイムに突入。虫に可愛らしい悲鳴を上げつつも勇姿を見せてくれた坂本先輩。
e0009437_23332090.jpg

その後は黒木先輩と私の声真似大会が始まりルンルンでテン場に着いたのだが、先発隊のメンバーが高山病で体調を崩して真面目な雰囲気だったため非常に気まずくなってしまった……。空気の読めないニャースとソーナンスで本当に申し訳ない。

晩御飯は1年女子が担当、カレーうどん。
初めての食事当番の割には上手く出来たと思うが、とにかく人参がありのままの姿で噛みごたえ満点だった。新潟で育った難波氏は自然派らしかった。
e0009437_23380747.jpg
黒百合ヒュッテはトイレも綺麗で水場も近く洗面所も室内にあり、とにかく快適に過ごすことが出来た。
7月7日ということもあり天の川を1番楽しみに登った当方であったが、満月が煌々と輝いており星は見えず……。次は月齢くらいは確認しようと思う。潔く諦めて、居心地のよいテントで安らかに眠った。
e0009437_00583281.jpg

2日目は5時に起床。高山病だったメンバーも回復しており、予定通り12人での山行が続き、また早朝の稜線歩きが楽しすぎて喜びが溢れる。
e0009437_23503949.jpg

登りは皆順調に進み、東天狗硫黄岳横岳と快活にピークを踏んでいった。
時期がよかったため、道中コマクサやウルップ草などの高山植物が咲き乱れていて非常に楽しい山歩きだった。
地上にいる時には花になど目もくれず自転車で大学まで疾走している当方だが、今回は疲れも忘れ花に夢中になってしまった。どうやら3000mの酸素の薄さで心の汚さが浄化されたらしい。覚えたての花の名前を口ずさみながら先へ進む。「コイワ↑カガミ↑~」
e0009437_08442219.jpg

とは言え、この日はかなりの長丁場。赤岳に着く頃には起床から10時間が経ちメンバー達もかなりお疲れの様子…。

e0009437_19591298.jpg

しかも下りは険しい岩場が続き、下山が苦手な女子たち大苦戦・・・。


e0009437_20283762.jpg
ルートも岩に印がつけてあるものの、角度的に見えづらかたりでルートを取るのにも苦戦・・・。ここでコースタイムを大幅に下回ってしまい、日没までにキレット小屋に辿り着けるか微妙に・・・。
e0009437_19510997.jpg

疲労とタイムの焦りからメンバーの口数も減り沈んだムードになりながらも、なんとかメンバー全員無事に小屋に着。
そして!!!!!なんと晩御飯は!!!!!!
大翔先輩が用意してくれたちらし寿司!!!!!!!なんと蟹缶と錦糸卵付き!!!お味噌汁までありました!!!
疲れ切った体に日本の伝統が染み渡りました。ビバNIPPON!!!!
しかも江村さんが2日間歩荷してくれてた、フルーツ缶でなんとフルーツポンチまで!!!!疲れた体がよみがえる!!!

e0009437_19515128.jpg

e0009437_19520767.jpg

...と思ったものの、V6を張れるスペースがなく斜面での睡眠となり疲れは残った。
ふかふかの布団で寝たいとは言わない。せめて平地で寝たい・・・。山岳部の望みは、とてもとてもささいなものである。


最終日は起床した瞬間から、脳の半分はお風呂のことで埋め尽くされていた。真夏の3日目。お風呂だ、お風呂に入りたい…。そう思いながら、最終日の行程を進んでいく。

そうだ、ここで忘れてはいけない。坂本先輩が2日間24個ものサッポロラーメンを歩荷してくれていたおかげで、私たちは素晴らしい朝食を摂ることが出来たのだ。ご飯が美味しいは正義。幸せ。ただ水場の水の出が悪く、500ml溜めるのに10分ほどかかる状況下だったため水を節約し汁なしラーメンに。
e0009437_20173844.jpg



この日は比較的歩きやすい道で始まったが、突如現れた長い長いハシゴに驚き。上りだったからいいものの、下りだったらここであの世に分岐する部員が数名出た気すらする。
e0009437_19553968.jpg

e0009437_19571248.jpg

しばらくして権現についたが、部員達は元気。すでにお風呂に気持ちが半分くらい浸かっていたからかもしれない。

e0009437_19563267.jpg

ただその後の編笠山は疲れもあったので余裕のある人だけデポして行こう!ということになったのだが、ほぼ全てのメンバーが結果駆け足で登っていく事態に。最終日のテンションの上がり方は最高。
e0009437_20280877.jpg

編笠からはこの3日間で踏破した山々がグルリと見渡せて、達成感に浸りながら江村さんが持ってきた怪しげなお菓子を堪能することが出来た。

e0009437_20045498.jpg


…のだが、今年は気温が高かったためか異様な数の蜂とアブがメンバーに襲いかかった。
当方全身黒ずくめだったため、蜂だかアブだかに3回刺され疲労困憊。次は全身パッションピンクでも着ようと思う。
元々虫が苦手ではなかったのに、すっかり恐怖心がついてしまい下山中は坂本先輩と私の悲鳴が響き渡っていた…。


そんなこんなで最終日は天候もよくサクッと下山。
(決して面倒くさくなったわけではない)
部員たちは共通の趣味を見つけ話を弾ませながら下山したので、本当に秒で時間が過ぎ去ったのだ。

そして念願のお風呂に浸かり、下界の素晴らしさ、文明の発達の重要さを噛み締めた。

e0009437_20102930.jpg

帰りの電車では江村さんが持っていた(一体彼はどれだけの食料を歩荷していたのだろうか)小魚などを頬張りながら楽しく帰宅することが出来た。

おさかなくわえた山岳部1年girl'sをもって、今回は締めとさせて頂きたい。(お風呂上がりなので文明の利器・snowの発動を許してください。文明最高)

e0009437_20122139.jpg

長文、お付き合い頂きありがとうこざいました!

[PR]
# by tmualpine | 2017-07-23 20:41 | 縦走 | Comments(0)