excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
戸隠
at 2017-11-08 21:48
鍋割山 日帰り
at 2017-11-02 01:05
陣馬山~城山 荷歩レース
at 2017-10-14 23:18
北アルプス裏銀座縦走後半組
at 2017-10-09 12:56
北アルプス裏銀座縦走
at 2017-09-28 01:46
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

榛名山

◼︎日程
2016/10/29 - 30
◼︎メンバー
OB 古賀、B3 西村、B2 安田、M2 當摩(記)

◼︎行程
29(土):橋本駅 - (西村車で移動) - 国民宿舎駐車場 - 烏帽子ヶ岳 - 鬢櫛山 - 榛名富士 - 榛名ロッジ
30(日):榛名ロッジ - 天目山 - 氷室山 - 杏ヶ岳 - 掃部ヶ岳 - 硯岩

榛名山(はるなさん)は、群馬県にある火山で日本二百名山の一つです。
山頂部には榛名カルデラが存在(下図)。
カルデラ内部の溶岩ドーム「榛名富士」と、外輪山(カルデラの縁の部分)を総称して、榛名山と呼ばれています。ちなみにカルデラとは、火山活動によって生じた大きな凹地のことです。最高峰は掃部ヶ岳(かもんがたけ)標高1,449 mです。また、榛名カルデラ西部のカルデラ床には「榛名湖」が存在します。

e0009437_2133544.jpg
下司信夫(2013)詳細火山データ集:榛名火山.日本の火山,産総研地質調査総合センター

というわけで今回私たちは、榛名火山のカルデラ湖「榛名湖」の周りの山々をぐる〜っと一周してきました。
(地理科のみなさんにいろいろ突っ込まれそうな説明でしたが、おお目にみてください。)

◼︎29日
06:00 橋本駅
ユッキー(西村)車の待つロータリーで集合。社会人の古賀ちゃんとは久しぶりの再会!

09:45
ユッキーの運転で、登山口付近の駐車場に到着。

10:15
出発〜〜 ユッキーがおチビ
e0009437_219016.jpg


11:00  烏帽子ヶ岳
謎の烏帽子ポーズ
e0009437_2220377.jpg

ここで、そういえば鬢櫛山(びんぐしやま)を通っていないことがわかる。
どうやら登山口を間違えていたらしい。全然きづかなかった。。
引き返すのも面倒なので先に進もうと思ったが、すれ違ったおじさんに楽しい山だと言われたので、行ってみることに。

11:50 鬢櫛山
そんなに楽しくなかったので写真がありません。

一旦湖まで下山して、榛名富士を登る。

13:00 榛名富士
city view
e0009437_21501970.jpg


反対側にロープウェーがあるので、登山客の方が少なかった。
古賀ちゃんの持ってきてくれたドリップコーヒーを楽しみながらランチ。
近くにウインナーを焼いてるご夫婦がいて、とても美味しそうだった。
お昼にこだわった山行もしてみたい〜。

景色を楽しんだのち、山頂で見かけたイケメンを追いかける形で下山。

14:30 榛名ロッジ
朝駐車場についた時点で薄々気づいていましたが、
e0009437_21285850.jpg

榛名湖、完全に観光地でした。
e0009437_2123428.jpg

馬おるし。
e0009437_21302615.jpg

テン場らしき場所にテントを立て、夕飯までペチャクチャ喋り続ける。
夕飯はお鍋。具材は持ち寄り式だったが、うまいこと被らず、お肉も野菜もたっぷりの美味しいお鍋だった。
鍋つゆ重かっただろう。なみちゃんありがとう。
古賀ちゃんは、ネギを持ってきてくれて、ねぎくさくなりました。
ユッキーの持ってきたフルーツ缶をデザートに。その後はチャイを飲みながらひたすらお菓子を食べる。
実は行動食全然減りませんでした。
そしてまたひたすら喋り続ける。
寒い寒いと言いながら星空を見上げ、シュラフにくるまりながら、いろんな話をしました。

◼︎30日
6:00 起床
お鍋の残りで雑炊のようなものをつくる。
7:00 出発
e0009437_21394525.jpg

観光気分が抜けない。

登山口を探すが、、、
登山口が見つからない。

車道を歩くのも気がひけるので、とりあえず直登することにしました。
e0009437_2143157.jpg


登山道に合流してからは、階段をのぼりつづけ
e0009437_21485127.jpg

笹をかきわけ
e0009437_2151373.jpg

恐竜?に遭遇? しながらも
e0009437_21524629.jpg

秋の山を楽しみました。
e0009437_21531056.jpg


そして、、、
11:50 掃部ヶ岳(かもんがたけ)
e0009437_21545572.jpg

「come on」と「鴨」のポーズ

ここでも、美味しそうなうどんを作っているオジチャンとオバチャンがいました。
おいしそう、、、

12:20 硯岩
e0009437_21571642.jpg

榛名富士を拝む。一周したんだな〜という感じ。

e0009437_21595746.jpg


下山後は温泉。

帰りに居酒屋のようなファミレスのような喫茶店のような謎なお店でお昼をたべました。
e0009437_2213142.jpg

巨大パフェ。

ちなみに、帰りの運転は古賀ちゃん。若干の渋滞。群馬爆走Ⅲを期待!!!!!!
していましたが、安全運転で帰宅しました。

今回の山行は、まさかの観光地で4人とも笑うことしかできませんでしたが、
久しぶりだった古賀ちゃんも含め、みんな楽しく登れたので良かったです。

注)山岳部の男性陣のみなさんは、老後に来ることをオススメします。
[PR]
by tmualpine | 2016-11-02 22:24 | 縦走 | Comments(0)