excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
奥秩父全山縦走
at 2017-06-26 00:59
富士山
at 2017-06-20 14:54
170616セドノ沢右俣
at 2017-06-18 22:53
白峰三山縦走
at 2017-06-05 23:29
谷川岳一ノ倉沢
at 2017-06-05 19:12
以前の記事
最新のコメント
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
It's possibl..
by 2012年秋モデルから at 18:10
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

201608飯豊山

日程:8/4-8/7
メンバー:M1江村(記)、B3西村、B2安田、B1大山、坂本、高橋

上記メンバー6名で東北は飯豊山へ行ってきた。
快晴無風につき、暑さで苦しんだが、景色良く、花の名山を楽しむことができた。

8月4日
列車での移動日。
12時半に新宿駅集合し、山形県の小国駅へ。
福島駅前で夕飯を食べたりしながらの長い移動であった。

8月5日
小国駅から8時半の町営バスに乗り、登山口の飯豊山荘へ移動。
この日は梶川尾根を登り、門内小屋まで

9時半 飯豊山荘出発
今回の山行を通してだが、標高の低さと日射でかなり暑かった。
11時 湯沢峰
11時40分 滝見場
13時40分 梶川峰
e0009437_16313413.jpg

進んできた道を振り返る
飯豊山は森林限界の高度が低く、稜線上は高山帯のような景観である。偽高山帯という。
15時30分 門内小屋
日本海に沈み夕焼けがきれいであった。
e0009437_163484.jpg

e0009437_16342918.jpg

夜は星がきれいに見えた。暖かい中で、天の川をゆっくりと眺められるだけでも来たかいがあったのでは。

8月6日
この日は御西小屋から大日岳を往復して、飯豊本山を通って切合小屋まで
4時起床
5時出発 猛烈なブヨの洗礼を受ける。
ちなみにブヨはトンボが動き始めるといなくなる。トンボがブヨを食べてくれるとのこと。
6時 北股岳
7時 梅花皮岳
e0009437_16383668.jpg

9時40分 御西小屋
ここから軽荷で大日岳へ。
11時15分 大日岳
e0009437_16401666.jpg

御西小屋から持ってきた水の量が少なく、帰り道は水不足で苦しむ。
1年生は水のありがたみがわかったらしい。
12時半 御西小屋 給水
コーヒーを作りながら、多めに休む。
14時半 飯豊山山頂 
いい写真がない。トンボが大量にいた。
15時 本山小屋 
ここでテントを張るか悩むが進むことにする。
16時半 切合小屋
長時間の行動も全員よく頑張ったと思う。
この日の夜は遠く山形の盆地に花火が見えた。

8月7日

4時起床
5時出発 ブヨが少なくて安心。
10時半のバスに乗るため頑張る。

6時20分 三国小屋
この後、このルート唯一に近い岩場があった。
e0009437_1642516.jpg

e0009437_16433422.jpg

6時50分 剣ヶ峰
8時10分 上十五里
9時 御沢登山口
10時 川入バス停

10時半のバスに無事乗車。
磐越西線山都駅から会津若松へ移動し、駅前のスーパー銭湯に行く。
2名は会津若松観光をして帰京。
江村含む4名は宇都宮で途中下車して岩崎OBと夕飯を食べる。

今回は虫対策を考えるということで勉強になった。東北の山もアルプスとは違った趣があり、面白かった。下級生には、色々な山へ目を向けるきっかけとなれば良いのではないだろうか。
[PR]
by tmualpine | 2016-08-20 16:58 | 縦走 | Comments(0)

160809北アルプス双六谷~敗退~

日程:2016/8/9〜8/12
メンバー:山田、椎名(記)、王鞍

去年に行った小倉谷がとても綺麗で印象に残っていたので、
今年はその奥にある双六谷に挑戦してみました。

結果としては、自分が怪我をしてしまい。敗退です。。。

9日
移動日
北アルプスでの合宿を終えた真っ黒な王鞍と
現地で合流。
真っ黒すぎて誰だかわからなかったが、
まだまだ元気がある様子。So powerful.
e0009437_13191765.jpg


この日は少し林道に入ってから就寝。

10日
しばらく林道を歩き。
壊れた吊橋から入渓。

相変わらず水は透き通るように綺麗。
だが、冷たい。。
e0009437_13254939.jpg

途中泳ぐ場面もあるが、
王鞍が泳げないということが判明。
(その後練習して泳げるようになったらしい!)
ロープを使い渡る。

その後、2時間ほど歩いたところの渡渉の場面。
自分と王鞍がスクラムを組み渡ろうとしたところ、
バランスを崩し二人で流されてしまう。
王鞍は肩を、
自分は左足を怪我してしまった。

・状況と反省
スクラムを組み流れに入る前に一段段差があり、
流れに入ろうとしたところで、バランスを崩してしまった。

スクラムは二人の高さが合っている時のみ有効であり、
高さが合っていない時は、むしろバランスを崩しやすい。
流れへの入り方も考慮にいれて、ロープを使うかスクラムで行くかを
判断する必要があった。


自分は足が痛くて思うように動けず、
ここで打ち切り、近くにビバーク。

夜まで時間があったので
釣りと焚き火。
e0009437_14165763.jpg


次の日の朝に
なんとか下山。
完全に敗退しました。。

気を抜いたつもりはありませんが、
なんとか渡れるだろう。
ここなら流されても大丈夫だろう。
という気持ちがどこかにあったのかもしれません。

沢の危険を再認識し、大変勉強になる
山行となりました。

この経験を活かし
来年も大きな渓に挑戦していきたいです。

最後に山田くん、王鞍には
ご迷惑おかけしました。。。
[PR]
by tmualpine | 2016-08-09 13:07 | | Comments(0)