excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
新歓山行 塔ノ岳
at 2017-04-18 14:28
20170321伝付峠〜仙丈..
at 2017-03-30 07:16
2017/03/21-27伝..
at 2017-03-29 10:11
20170311文登研
at 2017-03-27 19:33
2017/3/11ー13 日..
at 2017-03-14 10:34
以前の記事
最新のコメント
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
It's possibl..
by 2012年秋モデルから at 18:10
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:沢( 68 )

161001 坊主谷

日程:2016/10/1(土)
メンバー:椎名、土屋、王鞍、安田、小味山、小林(記)

奥多摩にある坊主谷に日帰りで行ってきました。

南大沢駅に集合して椎名さん土屋さんの運転で入渓点すぐ横にある駐車スペースに到着。
椎名さん土屋さん運転ありがとうございます。

用意をして出発。
小さな滝が結構な頻度で出現。
自分は今回が初めての沢だったのでこれが結構楽しい。
e0009437_13022568.jpeg
e0009437_14233810.jpeg
e0009437_13052626.jpeg

途中、遡行図を見ながら自分の現在地を確認する方法を椎名さん土屋さんにご指導頂きました。

行動食がりんごというワイルドな土屋さん
e0009437_14100385.jpeg

相変わらずな変顔をする小味山
e0009437_14113003.jpeg

そうこうしているうちにこの沢の核心である12メートルの大滝が登場。王鞍さんがリードで難なく登る。流石です。

e0009437_14193489.jpeg

e0009437_13355178.jpeg

e0009437_13362347.jpeg

その後いくつかの小滝を越えて取水口横で遡行終了。
とても脆い鉄パイプの巡視路をたどり下山。

e0009437_13493338.jpeg

個人的には今回の沢を通して沢の基本を学べたのでとても有意義なものだった。さらに沢の知識やクライミングの技術を身に付けてよりレベルの高い沢にも行けるようになりたい。

[PR]
by tmualpine | 2016-10-02 11:57 | | Comments(0)

160912奥只見北ノ又川本流

日程:2016.09.13~16
メンバー:王鞍、大山、山田(記)

奥只見北ノ又川本流に行ってきました。
自分の中では今年の沢のレベルアップ山行です。
大山君は2回目の沢、王鞍は初の長めの沢でしたが、
もがきにもがいて全行程を完遂することができました。
2人は本当に成長しました。

よく考えたらガッツリ秋雨の季節だし日程をミスりました。
しかし、大雨にはならないようなので少々の雨を覚悟で沢へ。

結果、最終日を除いてほぼ常にしとしと雨が降っている状況でした。

山行の内容は雪渓の出てくるだろう上流部まで詰めたところ、雪渓が全くなく、これ以上の遡行は厳しいと判断し、
シッカイ倉沢の分岐上の微妙な(地図上では)屈曲部の草付を上がり小兎岳の尾根から稜線に出ました。

装備は誰かの失態ゆえ40m1本とハーケンが7本。ハンマー2つ。

遡行初日は泳ぎと高巻き、2日目は藪漕ぎ8時間とハードな内容となりましたが、
下級生の2人には非常に良い経験になったと思います。

13日
終電で小出へ。
王鞍が学割忘れて出鼻をくじかれる。
計画書は何を思ったか浦佐泊になっている。
雨の降る中駅の待合室にお世話になる。

14日
朝市のタクシーで白沢林道の終点まで。
林道をさらに詰め白沢出合付近から入渓。

水量も多く沢というより川である。
滝ハナ沢手前の箱淵はおとなしくまくことに。
箱淵入口左方の沢を10mほどあげ、懸垂なしで沢床へ。
上流にかけてもそうだが、基本的に踏み跡はなく高巻の技術が試される。

e0009437_15371027.jpg
芝沢手前雪による浸食がよくわかる

芝沢からの巻道は探しもせず本流に突入。
ガンガン泳ぐ
泳ぎを終えた王鞍
「あったかいっすねぇ」
どうやら上に雪渓はかけらもなさそう。
通常踏み跡を行く理由がよくわかる。

e0009437_15374736.jpg
泳ぐ泳ぐ。

細かいとこはあまり覚えてないが、とにかく泳ぐ。
ルート図では全巻なのでガイドが何もなく全て自分でルートを作る。
高巻、泳ぎ。。。
割ときついがなんとか時間通り順調に進む。
濃密な時間。

e0009437_15375268.jpg
ようやく8m2条

8m2条は右岸のバンドをあがり、2つの滝の間の削り残しをあがる。
残置ハーケンが一つある。最初の一本と最後の一本は自分で打つが回収。

8m2条をこえるとシッカイ沢手前にそこまで高くないが申し訳程度のテン場が。
3人とも数えきれない泳ぎで割と水没気味。
ギリギリ生き残った数少ない新聞紙により着火。
全力で火をつける。

e0009437_12053942.jpg
新聞紙を全力で乾かす水中メガネマン

夜は小雨の中ソーセージとチキンナゲットで語り明かしたいところだったが、
雨が弱くなるどころか本降りになりそうなので早めに就寝。

15日
相変わらず雨は止まない。
一瞬シッカイ沢へのエスケープを考えたが、王鞍と大山くんの体力ならまだいけるという判断をくだす。
どうやらシッカイ沢~大ヒカバ沢が核心のようだ。
e0009437_12054725.jpg
名もなき3~7mの滝

核心とはいえ前日の本流通しよりは全然楽。
遡行図のスノーブリッジが出てくる屈曲部には雪渓が影も形もない。
スノーブリッジの下の地形はものすごい峡谷でこの世の地形とは思えない。
これが雪蝕地形というものか!!圧巻!!!
しかしルーファイで感動なんてしてらんない、写真も撮る余裕はない。
大谷の中でいくつかルートを探るが巻は嫌なので、空荷で登って荷揚げしながら本流沿いを進む。

e0009437_12153301.jpg
10m滝の手前の滝。泳いで右岸バンドを上がる。

10mは遡行図通り右岸をまく。ちょっと上がりすぎかなと思いながらトラバースできそうなバンドからトラバース。
懸垂1回で滝落ち口に出る。

大ヒカバ沢手前まで来て核心越えに安堵。
しかし、直後のゴルジュの高巻が相当きわどかった。
左岸のルンゼをあがり1回の懸垂で中段へ。
支点もないのでロープを付けたまま微妙な草付バンドを上流側へ進み、これも微妙な細めの木を5本まとめて使ってもう一度懸垂で河床へ。
40mのロープだったが、ここで落ちると大きく振られ10mほどの滝の河床に持って行かれるので割と緊張した。
何とか突破。油断できない遡行が続く。

高巻後は特に難所もなくだらだら歩く。
雨が強い。
e0009437_12254359.jpg
シッカイ倉沢奥は非常にきれいな雪蝕地形。

シッカイ倉沢より奥は早い時期だと雪渓に乗れるようだが、全くない。
雪渓がないとこんな地形なのか!感動。
感動もつかの間アサズキ倉沢手前の屈曲部のゴルジュが越えられない。
高巻はロープを垂らしながら傾斜のある正面の小沢の凹角をあがり、非常にきわどい草付を登る。
当たり前だが侵蝕速度の速いなめられた壁に支点は残ってないし、打てない。

ノーロープ、死ぬ気で35mを登り大山くんをあげる。
王鞍は違うルートをノーロープで上がる。
いや王鞍、強くなった。

林の中から本流の先を見ると雪渓は影も形もない。
その代り地図には反映されていない強烈なゴルジュが待ち受けているのがわかる。
これ以上の本流の遡行は無理と判断。今後のルートを話し合う。
選択肢は2つ。
・今来たルートを懸垂し、雪渓なくても登れるという報告のあるシッカイ倉沢および兎沢へ突っ込む。
・そのまま子兎岳の尾根につっこむ。

結局懸垂も嫌だし、情報が少ない沢に突っ込むのはやばいと判断し、
尾根をあげることに。

ココから藪漕ぎのデスマーチが始まる。

一番傾斜がきつい支尾根は岩と滑る笹に悩まされる。
しかしここさえ登り切って尾根にさえ出れれば死ぬことはないと自身に言い聞かせながら登る。
草付上がりからの判断であったこともあり水が一人500しかない。節水。

やっと尾根へ出たのはデスマーチを始めてから4時間後。
しかし藪漕ぎの恐ろしさはここからだった。
ここから多雪地方特有の高さ3m、直径3㎝の笹林を泳ぐ。
この辛さは言葉に言い表せない、、、

藪漕ぎ中のほぼすべてでトップをしてくれた王鞍に激烈な感謝。
下の藪も合わせて激烈な藪と合計8時間格闘。標高差600m。
上に出た時の感動と言ったらもう、TT

e0009437_12260654.jpg
MP、HP全てを使い果たした大山。

登山道に出たのが17:00。体力が残り少ないので、非常に申し訳ないが稜線でビバーク。
全てがびしょびしょの私たちはわりに厳しいよるとなった。

16日
寒い夜だったがなんとか朝を迎える。
秘密兵器を使った大山君は非常によく眠れていたようだ。
水もないので中ノ岳もいかずに下山。

中ノ岳と下山路の分岐にて初めて人に会う。
休憩時一口ずつしか水が飲めない我々を憐れんでくれたのであろうか、水を分けていただく。
水がないなんてチーフとして完全に失格だが、背に腹は変えられない。
最高級の感謝を伝え下山を急ぐ。
e0009437_13051924.jpg
下山は割と晴れる。

あとは汗をかかないように降りていく。
最後一口の水を残してようやく十字峡へ。

下で水を下部飲みしながらの言葉。
おそらく全員が同じ気持ちであったであろう。
「圧倒的達成感」

下山後すぐにタクシーを呼んで帰路につく。

帰りに大山がある黄色い看板のお店に行きたいと口にする。
そう、おそらく全員が同じ気持であったであろう。

e0009437_13112566.jpg

大宮は東京都区内にはいらないため途中下車できる。
これからのモデルケースとなるだろう。

この山行を経験した王鞍と大山くんはこの4日間で激烈な進化を遂げたはずだ。
以後2人の活躍に期待である。

[PR]
by tmualpine | 2016-09-22 13:16 | | Comments(0)

160809北アルプス双六谷~敗退~

日程:2016/8/9〜8/12
メンバー:山田、椎名(記)、王鞍

去年に行った小倉谷がとても綺麗で印象に残っていたので、
今年はその奥にある双六谷に挑戦してみました。

結果としては、自分が怪我をしてしまい。敗退です。。。

9日
移動日
北アルプスでの合宿を終えた真っ黒な王鞍と
現地で合流。
真っ黒すぎて誰だかわからなかったが、
まだまだ元気がある様子。So powerful.
e0009437_13191765.jpg


この日は少し林道に入ってから就寝。

10日
しばらく林道を歩き。
壊れた吊橋から入渓。

相変わらず水は透き通るように綺麗。
だが、冷たい。。
e0009437_13254939.jpg

途中泳ぐ場面もあるが、
王鞍が泳げないということが判明。
(その後練習して泳げるようになったらしい!)
ロープを使い渡る。

その後、2時間ほど歩いたところの渡渉の場面。
自分と王鞍がスクラムを組み渡ろうとしたところ、
バランスを崩し二人で流されてしまう。
王鞍は肩を、
自分は左足を怪我してしまった。

・状況と反省
スクラムを組み流れに入る前に一段段差があり、
流れに入ろうとしたところで、バランスを崩してしまった。

スクラムは二人の高さが合っている時のみ有効であり、
高さが合っていない時は、むしろバランスを崩しやすい。
流れへの入り方も考慮にいれて、ロープを使うかスクラムで行くかを
判断する必要があった。


自分は足が痛くて思うように動けず、
ここで打ち切り、近くにビバーク。

夜まで時間があったので
釣りと焚き火。
e0009437_14165763.jpg


次の日の朝に
なんとか下山。
完全に敗退しました。。

気を抜いたつもりはありませんが、
なんとか渡れるだろう。
ここなら流されても大丈夫だろう。
という気持ちがどこかにあったのかもしれません。

沢の危険を再認識し、大変勉強になる
山行となりました。

この経験を活かし
来年も大きな渓に挑戦していきたいです。

最後に山田くん、王鞍には
ご迷惑おかけしました。。。
[PR]
by tmualpine | 2016-08-09 13:07 | | Comments(0)

160625三つ峠山 四十八滝沢~ゲレンデ

日程:2016.6.25~26
メンバー:
25日:森山さん(OB)、椎名(M1)、王鞍、内田、安田(B3)、高橋、佐久間、小味山(B1)、山田(M2)
26日:森山さん(OB)、椎名(M1)、佐久間、西田、町田(B1)、山田(M2)

行程:
25日:四十八滝沢遡行
26日:三つ峠ゲレンデマルチ岩トレ

25日
アクセスは山田カーと森山カーを使用。
森山さん運転ありがとうございます。

ヤマダは朝5:00出発。南大沢7:15~三つ峠北登山口前林道8:30。
森山カーは若干遅れるという連絡はあったが、ヤマダかー到着後10分くらいで到着。

到着

e0009437_23061941.jpg
用意して出発。

歩いてる間にお日様が。

やっぱりおれのおかげで。

この頃勘違いしてるやつ多いからなぁ

ちょっと早まって入渓。

e0009437_23090536.jpg
e0009437_23111098.jpg
先週沢に行ったマッチョ(町田)とコミ(小味山)は楽しそう。
初沢のユウト(高橋)はちょっと緊張。

あだ名で呼び合うのに慣れてないヤマダはちょっと困惑。
若い力をもらいました。

e0009437_23121805.jpg

大滝の登攀は森山さんと王鞍がリード。
1年生もしっかり登りました。

中段の滝横断は容赦なくシャワーをかぶり、見てる方は思わず歓声。

白竜の滝2段15m上段で事故発生。
結果から述べると、上段最上部滝抜け時にトップの王鞍が転落。
後ろの小味山が巻き込まれ共に転落。
王鞍は上段~下段間の平坦面上で止まる。
小味山はそのままの勢いで下段を転落しそうなところ、
山田と森山で止めようとしたところ止まらず、
3者共に転落。

幸い転落した4人全員重傷には至らずそのまま遡行を続ける。

アドレナリンが出ているうちにだるい詰めを終え、山頂も見ずに三つ峠北登山道を早々に下山。

車について出発する準備ができた後に反省会。
各人の反省の要点をまとめると、
王鞍
「きわどい登攀をノーロープで行ってしまった。ロープを出す判断ができなかった。」
「後ろの小味山が近いとは思ったが、注意しきれなかった」
内田・安田
「1年生をサポートする余裕がなく、周りに注意を払うことができなかった」
上級生2人としては、
「下から見て王鞍が落ちるとは思えない滝であったため、油断があり、トップとの間隔、ロープの有無を判断しきれなかった。」
というコメントが出た。

対応策としては、
「滝登攀者との間隔はスポットができる範囲であれば、落ちる前にフォローをする。スポットができない場合は巻き込まれない場所まで引く。」
「前提として滝登攀中に絶対に落ちてはいけない」
などの意見が出た。

今回の沢は多くの課題が残る遡行となった。

もともと帰郷予定の内田、高橋、小味山は大月駅から帰郷。
26日ゲレンデ参加予定であった王鞍は大事を取って25日中に帰郷を選択。

登り足りない森山さんはゲレンデ参加を決定。

富士吉田道の駅にて幕営。

26日
安田はこの日笹子駅まで縦走する予定なので、下吉田駅にて降車。

e0009437_23524589.jpg


三つ峠西側から入りゲレンデへ。

この日はピーカン!!

わたしのおかげ。

バックに富士山を抱きながらの登攀。

人文の佐久間君が去年度卒業した偉大なる人文の先輩に似ていると話題に。

ヒントは狐をこよなく愛し、冬になると一回り大きくなる先輩です(笑)。
e0009437_23541477.jpg
巨人はルートがわからずあえなく撤退、、

中段をトラバースして亀に入る。

パーティは椎名、町田、佐久間トリオと、森山、山田、西田、
1年生は2ピッチ目の濡れ岩と見慣れないアンダーホールドが難しかったようで、
苦戦を強いられる場面があった。

e0009437_00003419.jpg
登攀中のマッチョ

後続の森山、山田、西田は2ピッチ目登攀後下降。
西田君!よく頑張りました!


e0009437_00093467.jpg
その後、先頭のトリオの下降を待つ。

こちらがちょっと長めのショートをこなしている間に先頭トリオが亀を登り切り下降。

もう少し登ってもよかったが、帰りも長いので帰路に就く。

e0009437_00103494.jpg
最後にぱしゃり。いい写真。

1年生はこれからガンガン山に行って強くなりましょう!!

強くなるには山に行くのみ!!!



[PR]
by tmualpine | 2016-06-29 00:11 | | Comments(0)

巳ノ戸谷

日程:2016/6/19㈰
メンバー:椎名、平井(記)、王鞍、安田、大山、小味山、佐久間、橋本

今季初の沢に行ってきました。

椎名さんの車で奥多摩日原川の八丁橋へ。
そこから少し歩くと入渓点

前半は気温も高く快適
最初の15m滝以外は登れる滝が多く楽しい。
ヘルメットおしゃれかぶりのもっちゃん
e0009437_10292740.jpg


少しずつ日差しが弱くなり寒くなる・・・
しかし1年生は元気
e0009437_127456.jpg

e0009437_11501276.jpg


五平窪少し手前で遡行終了
涸れ沢をつめて不明瞭な山道に出る。これを辿って下山。

帰りは大学付近で最近できたつけ麺屋へ
チャーハンはうまいという結論に

寒かったけど1年生も楽しんでくれたそうなのでよかったですね。
[PR]
by tmualpine | 2016-06-20 10:00 | | Comments(0)

150914金木戸川 小倉谷

メンバー:山田、椎名(記)
日程:9/14~9/17

9/14 : 移動日 2500道の駅風穴の里
9/15 : 0430出発→0600第一ゲート→0730第二ゲート→0930小倉谷出合→1300 1470m大ゴルジュ帯入口→1630 10m斜瀑(ビバークポイント)
9/16 : 0700出発→0900 30m滝一枚岩→1100 2070m付近(昼寝) 同1200発→1600笠ヶ岳小屋
9/17 : 0545出発→1100新穂高温泉→帰京

9/14
この日は移動日。
沢合宿だというのに参加者は二人。少しさみしい。。。
私用で4日ほど前から北アルプスに住み着いている山田くんと松本駅で合流。
山田くんの動く家(車)に乗せていただき、道の駅風穴の里で25時頃就寝。

9/15
4時起きで林道ゲートへ向け出発。少し寝不足。
ゲートに車を置き、ここから3時間ほどの林道歩き。たるい。
山田くんと二人だと、なぜか将来の話になることが多いが、
楽しいおしゃべりのおかげで、いつのまにやら小倉谷出合に到着。
ここでの渡渉泳ぎが一つ目の核心であるが、
水量がさほどなかったので、難しくはなかった。
下の写真では、水が澄みすぎて、水深が浅くみえるが、かなり深い。
e0009437_15273548.jpg

全身濡れても、天気はピーカンだったので気持ちい。

その後、いくつかの滝とゴルジュを越えると、
”ミニゴルジュ”が見えてきた。核心のクラックはショルダーで突破!

今回は日を追うごとに天気が崩れそうだったので、
この日のうちに、”大ゴルジュ帯”も抜けることに。

大ゴルジュ帯に入ると、まず15m淵が迎える。
e0009437_18563760.jpg

15m泳いでから、左壁を登る。濡れたザックがくそ重い。そして少し寒い。
水量がすくなかったので、ロープは出さなかった。

その後のスリング付6m滝はロープをだして、
カンテ沿いを登った。

1630頃、ビバーク地点に着いたころには、
寝不足もあってか、結構ヘロヘロ。
ここら一帯は禁漁区なので、もちろん釣りはしていない。
(ちょっとやったけど、つれなかった泣)

たき火もなかなか着かなかったので、
寒いなか、さっさと寝た。

9/16
アーチを架けて出発。
e0009437_19191219.jpg

昨日のうちに核心はほぼ超えたので、気は楽。

きれいなナメ、大きな滝が、
次々にでてくるので、飽きずに歩ける。
e0009437_19235394.jpg

e0009437_1924753.jpg


途中、昼寝もしながら、着実に詰めていく。
笠ヶ岳もはるか高くに見える。
山田くんのセクシーショット。
e0009437_19551942.jpg

詰めはガレとハイマツの上を進み、頂上へ。
e0009437_2024860.jpg

1600頃、笠ヶ岳山荘に到着。この日も少しヘロヘロ。
山荘からの景色はgood。
e0009437_2015719.jpg

夜はウィスキー飲んで就寝。

9/17
0600出発で新穂高温泉へ向けてひたすら下る。
1100頃に新穂高到着。タクシーでゲートにある車を取りにいく。
帰り際、タクシーの運ちゃんに教えてもらった、
そばを食うと風呂に無料でいれてくれる蕎麦屋(宝山荘)へ寄って帰京。

ナメ、滝、ゴルジュと大満足の沢であった。
山田くん運転お疲れ様です。
[PR]
by tmualpine | 2015-09-19 20:24 | | Comments(0)

150712仙ノ倉谷 西ゼン

日程 2015年7月12にち
メンバー OB森山さん M1山田さん B4小野瀬さん B2西村(記)

足をねんざしたどこかの誰かさんがこれなくなって中止になりかけた沢だったが、OBの森山さんからのお誘いがあり、沢へ行くことに。ブログ書きたくなったので書きます!覚えてないけど、、、

前日11日の20時に新宿集合、山田さんカーにてアプローチ。久々の森山さんでみんなテンションが上がる。
e0009437_1910564.jpg


12日
細かいことは覚えてないけど、めちゃくちゃ天気がよくて楽しく遊んだってことを写真でお伝えします。

泳ぐ!
e0009437_1912068.jpg

ゴーグル!
e0009437_19134863.jpg

いじめる。
e0009437_19142460.jpg

ひなたぼっこる。
e0009437_1915677.jpg

最高。
e0009437_19153761.jpg


と順調であったが・・・・
阻まれました。。。
e0009437_19164128.jpg


やむを得ず引き返すことに。
沢のくだりは怖い怖い。
森山さんにいろいろ教わりながらくだるくだる。

遊ぶ遊ぶ。
e0009437_19244335.jpg

にこにこ
e0009437_19252491.jpg

すべる~
e0009437_1926063.jpg

休憩~
e0009437_19265129.jpg


トンボと戯れまくる大学4年生。
e0009437_19274528.jpg


とても天気が良く、雪渓さえなければ・・・!という感じでした。
2週続けての敗退となってしまい、ちょこっと悔しかったけど、沢に来て初めて楽しいと思えたのでよかったです!
また行きたい!
[PR]
by tmualpine | 2015-08-10 19:35 | | Comments(0)

150808釜ノ沢東俣

日程:8/8~8/9
メンバー:椎名(記)、西村、樋上

この日の前日はクソ暑い中、
越沢バットレスに行っていたので、
もう朝からワクワクが止まらなかった。

入渓点の”山の神”までは不安定な登山道歩き。
さらにその後も長めのゴーロ歩きがあって、最初はタラタラな感じ。

やっと見えてきた滝や釜へ、
満を持して着水。最高に気持ち良い!!
両門ノ滝は天然ウォータースライダー
e0009437_1552015.jpg

e0009437_15521089.jpg

サマーランドとかより数倍楽しい。
樋上ははしゃいで何回もすべってた(笑)

この沢のハイライトである50mナメも最高。
e0009437_15563164.jpg

体全体でナメを感じる。
e0009437_1557374.jpg


カメラマンゆっきーの写真を撮ってあげるのを忘れてしまいましたが、
ご想像の通り、ゆっきーは常に幸せそうでした。
てか、「私っていつも幸せそうでしょ~?」って
自分で言ってました(笑)

夜はウィンナーとかマシュマロをたき火で焼きながら、
ゆったりとした時間を堪能。沢はやはりこの時間が最高!!

次の日は、朝早く起きて、甲武信小屋まで突き上げ、
とっとと下山。
途中、富士山なんかも見えたりする。
e0009437_16155060.jpg

最近ゆっきーのカメラワークがうまくなってきた気がする。。

今回はほぼ樋上にトップを歩いてもらったし、
ゆっきーにもロープやら、重い物を持って歩いてもらったが、
二人ともしっかりと歩けてて、着実なレベルアップを感じました。
うれしいかぎりです!!
[PR]
by tmualpine | 2015-08-10 16:25 | | Comments(0)

大菩薩・泉水谷小室川

日程:2015/06/20,21
メンバー:日高、山田、椎名、平井(記)、樋上、安田

今シーズン初、泊まりの沢山行として大菩薩の小室川に行ってきました。
沢では初めてトップを任されましたが色々課題の見つかった山行となりました。。。

《20日》
8:35奥多摩駅発のバスに乗車し約1時間で終点の丹波へ
晴れ間があり気温も高かったので期待が高まる。

が、しかし、
ここから歩くこと約2時間
進めど進めど入渓点が見つからない・・・
どうやら気づかぬまま通り過ぎてしまったようで結局30分程戻ることに
すいませんでした。反省。

そして予定より約1時間遅れの13:00に入渓点である小室川出会いに到着。(道標には小室川中継と書いてあります)
e0009437_14513370.jpg


徐々に雲がかってきた空模様が少し心配だが水温も低すぎず、気持ちの良い遡行。

e0009437_14525514.jpg


松尾沢の手前の6m滝は右岸を巻いて懸垂下降。
懸垂下降たのしいです。
e0009437_14591920.jpg

このあたりからは雨が降ったり止んだり

8m滝は残置のある右岸を巻く。
上からロープを出す際、一人でテンパり必要以上に時間を費やしてしまう。反省。

17:30頃、あたりも暗くなってきたため、幕営
雨上がりだったので苦戦したが、何とか火おこしも成功。
e0009437_1565349.jpg


晩飯は山田さんお手製の鍋。
自らハードルを上げるのも納得の美味しさ。
その後は各々が持ち寄った食材をたき火で焼いて食す。
私の山行史上最も豪華な夜でした。

そして就寝前はツェルト争奪大富豪。
先輩強し。

《21日》
5時起床6時ごろ出発。
始めは小さな滝とゴーロ帯が続く。

e0009437_15401860.jpg

ここは右岸から登るのが正解。
そう、ルーファイ間違えたくせにこのポーズである。
巻き込まれた樋上も呆れ顔だ。
※他にも数えきれない程のルーファイミスやらかしました。反省。

そしてこの遡行の核心である4段40mのナメ滝
e0009437_15441579.jpg

4段目のスラブが怖い。残置を使って登る。
e0009437_1614363.jpg


その後いくつか滝を超え徐々に水量が減ってくる。
藪の中を登り、登り、稜線に出るがガスってて何も見えない・・・
それどころか雨が強くなってきたので大菩薩峠まで降りてしばらく雨宿り。
e0009437_1605457.jpg

e0009437_1611168.jpg


そして止まない雨の中下山し、小菅村役場にお邪魔して着替えさせてもらう。
椎名さんの子供の年齢を言い当てる能力は一体何なのか・・・?

帰りに立川のそば屋で夕食を食べ解散。

今回はルーファイをはじめ、ロープワーク、読図能力などがまだまだ未熟であることによって時間をかけてしまった。
これを反省点として、次回からの山行につなげていきたい。
[PR]
by tmualpine | 2015-07-03 16:20 | | Comments(0)

150606 本間沢

日程:2015/6/6(土)
メンバー:山田、日高、小野瀬、椎名(記)、平井、西村、
1年生 在原、王鞍、樋上、安田

いよいよ沢の季節がやってきた。ワクワク。
今シーズンの一本目は東丹沢にある、本間沢へ。
一年生が4人も来てくれた。やりー

アプローチはゆっきーの車とレンタカー。
ゆっきーの運転は思ったより安全だったそう(一年生談)
ゆっきー、車ありがとう。お疲れ様。

入渓点に着くと、出発早々ヒルが登場。。。
小さめのヒルだが、ヒル時に限らず、常にヒルはいました(汗)
e0009437_1513563.jpg


小滝があきない程度にでてきて、
しかも、すべて直登できるので、おもろい。
一年生も皆、すらすらと登る。
e0009437_15165293.jpg

e0009437_15142723.jpg

e0009437_1515582.jpg

e0009437_15562781.jpg



そして、クライマックスの10mトイ状の滝は、ロープを使って登攀。
つっぱりで超える!
e0009437_1549742.jpg

e0009437_15521559.jpg

一年生は皆、この滝を登って一言目に
「楽しかったです!」がでたので有望。

詰めは少しガレ場があったが、まあ快適。
下山も1時間半ぐらいで速攻ー

帰りに二郎行って解散
e0009437_16104971.jpg


ロープ登攀ができたし、それなりの沢だったので、
一年生にとってはとても良い山行になったのではと思う。
ただ、どっぷり浸かるような釜がなかったのが残念。。
これからも一年生が積極的に参加してくれると、うれぴい限りです!!
[PR]
by tmualpine | 2015-06-15 16:13 | | Comments(0)