excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
陣馬山~城山 荷歩レース
at 2017-10-14 23:18
北アルプス裏銀座縦走後半組
at 2017-10-09 12:56
北アルプス裏銀座縦走
at 2017-09-28 01:46
滝川本谷ー古礼沢
at 2017-08-28 17:08
朝日岳〜白馬岳 
at 2017-08-15 19:01
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ボルダー( 101 )

那須塩原ボルダー合宿[150920-21]


2015/09/20-21
メンバー:鈴木 由井 緒方(記)
e0009437_9383947.jpg




シルバーウィークの最中、那須塩原に行きました。
行程・行動なんかは一筆たりともメモっていなかったので、なんともうろ覚えな写真集となっとります。



9/20

0540橋本(0545南大沢)―9時半くらい西那須野駅―10時半塩原福渡バス停
赤羽―宇都宮が長い。めちゃめちゃ電車酔いしました。


川沿いをキョロキョロしながら歩いていると野立岩を発見。なし崩し的に他も全部確認。
増水していたがロケーションは最高。
e0009437_9311211.jpg

e0009437_9314031.jpg

(ちなみに、この日は山岳部OBの上手さんが日帰りで来て下さっていました。)


11時くらいから登りはじめる。
午前中は後悔岩周辺のエリアで課題を触って回った。
穴パワー直上(4級)が落とせてほっとする。
e0009437_9324148.jpg

流木があったり増水していたりで触れない課題なんかも多くあった。


昼過ぎごろに鳥岩に移動。川の水が冷たくてはしゃぐ。
鳥岩の下地は劇的ビフォーアフターばりにきれいに洗い流されていた(この時は気付かなかった)
ともあれ、匠の粋な計らいによってグレード感が爆上がりした鳥岩に触る。
e0009437_9331541.jpg

そんなこんなで日没前にこの日は終了。
バス停・自販機徒歩5分の好立地にテントを張るも、カビてるので野宿・及び計画を1日短縮することを決定。
カビたテント、栂海新道縦走組が持って行ってなくて本当に良かったですね。


晩飯は鈴木が食材を大量に持ってきた鍋。あの食材量はハッスルしすぎ。
肉が正義であった。
近くの温泉に浸かり、申し訳程度に梅酒に手を付け、お悩み相談室のちに就寝。
e0009437_9333319.jpg






9/21

ゆっくり起きた。あまりの寒さにシュラフに潜りなおす。
朝食は由井氏特製ポトフ。あまりにたくさんあったのでお昼にも食べた。
e0009437_9341912.jpg


0830ごろ、漁協の人がニジマスを放流する現場に遭遇。釣りがしたくなる。


この日はまず鳥岩へ。
鳥岩で出会った方に下地がなくなっていると教えていただく。登る。
自分はトイレに行く折に多摩ナンバーに乗っている釣り人と遭遇したりした。話し込んだ。

ヨガのポーズ(?)
e0009437_9343991.jpg




しばらくして昨日同様後悔岩周辺のエリアへ。
増水がちょっと収まっていて、鮫岩が触れるようになってた。
自分はエロンチョ(4級)にぴょんぴょん取り付く。由井は後悔(3級)、鈴木はfly high(1級/初段だっけ?)を登っていた。
e0009437_935186.jpg



ひととおり登ってから昼食をとる。
鈴木持参のホットサンドメーカーによるホットサンド。ツナとチーズは正義だった。
向こう3年はホットサンド食べなくてもいいくらい満腹になるまで食べた。
スズメバチが終始ホットサンドを求めて飛び回っていた。
e0009437_9354372.jpg


結局、このまま野宿2泊目というのも厳しいので(朝は思いのほか寒かった)、16時半くらいのバスに乗って帰京。
(混雑した駅構内でボルダ―マットを持っていると周囲の人にとても睨まれます。人生で一番免許が欲しいと思った瞬間でした。)


手元にトポがないので登った課題云々に関してはうろ覚えですもし書きたかったら参加者は各々更新してください。
それぞれが自分の課題を発見できた合宿だったのではないでしょうか。
日数こそ減ってしまいましたが有意義だったと思います。
[PR]
by tmualpine | 2015-10-05 09:48 | ボルダー | Comments(0)

最近のボルダー事情

そういえば、ブログ書いてって言われてたのすっかり忘れてた。
遅くなってしまって申し訳ない。
ついでに、かっちゃんとのやつも合わせてアップする。
うまくかっちゃんのと被るから面白い。

①御岳、裏御岳(偵察)、天王岩
日時: 2015/07/24,26
メンバー: りょうすけさん あいさん すずき

東京に遊びに来てくれたりょうすけさんとフラフラしてきました。
御岳で忍者返しの岩が水没していたので、近くのマミ岩の3級をトライする。
ホールドの欠損でグレード上昇との噂があるも二人とも登れていた。
かなり悪いホールドのはずだが、クロス取りでこなしたあいさんはセンスがある。
雨がポツポツ降り出したと思ったら、そのまま雨脚が強まる。

e0009437_20503347.jpg



どうせなので、偵察にいこうということになり裏御岳へ向かう。
もはや川と化した道を歩き、3Gの岩を望む。

e0009437_20525783.jpg



ん???

e0009437_20534880.jpg








おっと、これは道端の落石でした。

e0009437_20544866.jpg




なぜか三人の中で一番大きい自分が持つ一番小さい傘との接し方が分からないまま、ずぶ濡れで車に戻る。
アクシデントで後輪がハマり、JAFに要請を出す。
しかし75分待ちに堪えかねて、自力脱出を図り、見事成功。
そのまま天王岩へ向かう。

e0009437_2111056.jpg




e0009437_2113572.jpg



一日空けて26日、天候も回復し天王岩に向かう。
秋川国際マス釣場の巧妙な策にはまる。
染み出しがひどく&ドラマの撮影によりお昼頃から登る。
ちなみに、「中峯岩」とかセリフで行ってた気がする。マエケンが出てるやつ要チェック。
んで、色即是空(初段)を全員やる。
ここ、初段以上しかないから。

e0009437_21165852.jpg



e0009437_2194543.jpg




めちゃくちゃ格好いい。


e0009437_21174386.jpg



木漏れ日がきれいだった。
暑いしヨレたし、横になって寝る。ちなみに本当に寝た(笑)
アリに噛まれまくる。
またそのうち一緒に登りましょうね。

②みたけ!!!!withかっちゃん
日時: 2015/08/01
メンバー: かっちゃん すずき

急遽二人で行くことになったが、逆にバカなことできた(笑)

いきなり、どっかのバカがイチゴオレの飲みすぎで朝から重度の腹痛を起こしたため、3時間遅れて出発。さーせん。

今回は沢井で下車してそのまま忍者を見に行くと、すでに沢山のマットが!!
以前ご一緒したお二人にも再会できた。

平井氏がとりあえず簡単なやつっていうので、例のごとくマミ岩に行く。

e0009437_2131781.jpg



ボルダー初の課題は、「マミ岩左 6級」でした。

テンポよく「中央 4級」を落とすも、「右 3級」に苦戦する。

そのころのすずきはというと
とっても暇だったので、ストローハットにサングラス+マムートのスラムパッドという出で立ちで、1人で颯爽と現れたキレイなおねいさんが、タナトフォビアの岩に向かったのを見かけた為、様子を見に行く。が、おねいさんが戻ってきたためそのままお話する。
「本当は今日来ないつもりだったけど、遊びに来ちゃったー!」
すごい楽しそうな人だった。対岸にいる友達に手を振りに行っただけらしい(笑)
おねいさんが平井くんに、
「その課題ね、しっかり磨けば登れるよー!」
と応援。予想通りたぶんこの人めちゃ強い。だってマムートのマットだもん。

さらに追い打ちをかけるようにあいさんがすでに落としたことを伝えると、
「いやー、それは落とさないわけにはいかないですねー。」



・・・・・・・・・



・・・・・・



・・・



「忍者返し行きますか。」


まさかの敗退!
平井くんのコメント
「いやー、この薄いサイドでクロス??どうなってんすか。
 これ本気で由井ちゃんに抜かされるかもしれないっすね。」
そんなとんでもないこと言い出した時に、
「右 3級」登った後に「ほんとブログ書いてくださいね」
ってめっちゃ笑顔で言ってたあいさんを思い出して爆笑したw
いや、平井くんアレだ。
次があるって!!(笑)

さて忍者返し。
なんと平井くん「忍者返し 1級」3撃で落とす!
2撃負けて悔しいすずき(笑)
「忍者クライマー返し 二段」を触るも手順分からず悲しい。
水曜日から憂さ晴らしの鬼連投により、両手の指すべて内出血&指皮無しにより速攻で登れなくなる。いや忍者の部分すら最初落ちてた。んー、バカだなあ。

移動!!
駅前のセブンに寄って、デッドエンドへ。
「キャンプ」と「スキースノーボード」やりたいねーって話をした。
企画したらみんな来てくれるんかな。

さてデッドエンドに移動するも、移動で汗をかいたため水浴び。
ずっとやりたかったけど、やらなかった。
でも、最近のすずきはふっきれているので何でもやっちゃう(笑)
ちなみにサービスショットは無い。
さらに言うと女性なんかいない。
あ、クライマーのカップルがいたくらい。
からだ拭こうとしたら、タオルやら着替えやらを忍者返しに忘れていた。
とにかく、デッドエンドをやる。
平井くん「フック」ってつくやつ苦手すぎて笑える。
敗退。
なんと、再会したSさんに忍者返しまで送ってもらい忘れ物確認、ない!!
そのあと駅までも送って頂いた。
帰りの電車内でSさんからのFacebookメッセージで忘れ物発見の連絡を頂く。
本当に親切にしていただいてありがとうございました!
最近、自分自身の謎のコミュ力の高さに驚く(笑)

ところで帰りはクライミングな格好で帰りました。
水曜日に天王岩向かう時は何故か髪をしっかり整えて、おしゃれTシャツだったからなのか、女性に連絡先を聞かれたが、今回はその上をいく傾き度合いなのに、何故か向けられる視線は冷たかった。
何故だろうか(笑)

ではでは
[PR]
by tmualpine | 2015-08-01 21:15 | ボルダー | Comments(0)

小川山ボルダー

日時: 2015/07/04-05
メンバー: 由井 お兄さん 鈴木(記)

こんにちは。
みんなの頼れる味方スーパー「ナナーズ」です。
パタゴニアがオープンしたよ!!
間違えた。
へっぽこクライマーの鈴木です。
この度小川山に行って参りました。
花崗岩のフリクションクライミングを体験する為です。
今回は由井さんのお兄さんに小川山を案内して頂きました。
ちなみに電話番号でガソリン入ります。笑

写真は一枚も撮っていない。忘れた。

成果
鈴木: 最近コンディションが急激に低下し続けている事を自覚する。
由井: 3級ふたつ

大躍進の裏側で鈴木成果なし。
いや、むしろ
成果なしの裏側で由井ちゃん大躍進!!!

ちなみに、
日曜日に連れて行って頂いたジムで右手の中指と薬指から新たな1ページをめくった。
つまり、べろんちょしたのです。
オドロキだ!
レストしたいんだけど、レストするとストレス解消できなくなってしまう。
登る!

今回は多くの方に大変お世話になりました。
自分のコンディションはいつもの10倍悪かったけど、100倍楽しく過ごせました。
ありがとうございました。


ではでは。

P.S

指皮復活まで完全にレストすることになりました。
[PR]
by tmualpine | 2015-07-06 22:33 | ボルダー | Comments(0)

2015-一回目の部内コンペ

日時:20150624
メンバー:平井、西村、日高、岩崎、緒方、王鞍、由井、樋上、鈴木(記)

こんにちは。
へっぽこセッターの鈴木です。
部内コンペ行いました。私はセッター・運営として参加。
セッターって真剣にやると滅茶苦茶疲れるってことを実感しました。
課題数は10課題、各3トライ。OS5ptから順に4pt、3pt、ボーナス1ptでやりました。

結果から、
1位 平井くん 40pt 8完登
2位 岩崎くん 29pt 6完登
3位 日高・由井・王鞍 10pt
6位 西村さん 6pt
7位 緒方くん 3pt
8位 樋上くん 0pt
でした。

グレード設定と順序で結構困りつつ、1位は40ptを下回ると予想しつつ覆した平井君は強い。
結果から分かる通り、ガスガスした課題が少なくなってムーブ解決ものばかりになってしまった。
そこが本質っていうのは置いておいて、肉体的な強さを要求する課題もほしいですよね。
私企画の未熟なイベントに御付き合い頂いた皆さんに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

力不足を痛感している今日この頃なので武者修行しようと思います。
とにかくみんなお疲れさま。へぼセッターでごめんよう。

ではでは
[PR]
by tmualpine | 2015-06-25 03:22 | ボルダー | Comments(0)

0620御岳ボルダー

日程:2015/06/20
メンバー:すずき

こんにちは。
そろそろクライマーの鈴木です。
あ、ちなみに、外岩だと1級=そろそろ、初段=そこそこ、2段=いよいよ、3段=つよつよです(笑)
インドアだと~1級=へっぽこ、初段~=つよつよです。
とりあえずですね、忍者返し1級登りました!
外岩3回目ともなると恐怖感が消えますね。かなり落ち着いていけました。

さて

6時半 南大沢発

電車を見慣れた人々と過ごす。
e0009437_21191695.jpg


沢へと向かう山田くんと平井くんである。
リードのグレードに関してあれやこれやと話をする。結局のところ、この件に関してはこの2人と話すのが一番早い。ここで平井くんと今度リードに行く約束をする。河又とか氷川屏風岩とかその辺りかな。

8時 御嶽駅着

前日の大雨の影響で、一番乗りの忍者岩はビチャビチャ。
右手薬指を月曜日にパキったのでテーピングはギチギチ。
そんなこんなで、次にいらした茨城から来られた方とお話させていただく。
けっこう近くに住んでいる優しいお兄さんも合流してお話。知り合いに若干似ていて対応に困る。
我慢の限界に達し、スタートにチョーク塗りたくって無理やり取り付く。
正直なところ、2手目のスローパーの寄せは跳ばせる。が、寄せてこその忍者返しなので素直にやる。クラックのジャムは染み出しが怖いのでめっちゃ刻んだ。あの辺のホールドいい感じに効くのね。で、1トライ目で登れちゃった。前回の分入れて5トライくらい。いや、慣れないと怖いよう。




そのあと一緒に「こども返し 初段」をやる。エッジ鋭すぎてランジ怖すぎっす。宿題。

10時半 砂箱岩

先ほどのお二方と「砂箱トラヴァースⅡ 初段」をセッション。途中かっこいいお兄さんも登場して4人でトライするも全員宿題へ(笑)
今回は色々な方と話せて楽しかったです。みなさんリードでも12は登ってるみたいですね。うひゃー。

ではでは。
[PR]
by tmualpine | 2015-06-20 21:19 | ボルダー | Comments(0)

御岳ボルダー

日程: 2015/06/07
メンバー: 緒方 鈴木

こんにちは。
へっぽこクライマーの鈴木です。
インドアに辟易していたところだったので、刺激を求めて御岳ボルダーへ。
何だかんだと行けず仕舞いで今回が初の外ボルダーでした。
殆ど下見のつもりだったので、前日バイト早番から夕飯は友人宅にてしゃぶしゃぶを貪り、そのままCL決勝をテレビ観戦からの出発という何とも愚かしいコンディションで臨みました。ちょうどたまたま土曜に、朝礼前にいつもお世話になっている方からなにやらちょっといいものゲットした、品出しせずに置いておいたからとのお言葉を頂いて、ついていくとジャストサイズの極薄ウィンドシェルとクライミングパンツが!大変お安くランチ感覚で買わせて頂きました。

さて

8時 御嶽駅着

御岳は駅名だけは御嶽のままということをここで初めて知る。
トポは「御岳駅」の表記しかなかったのでね。

ついてそうそうに渓谷のロケーションに胸が高鳴る。

e0009437_3404672.jpg

昨日の雨の影響を懸念しつつも決行して良かった。
何分現役部内にボルダラーがいなかった状況が長かったもので情報収集が容易でない。
差し当たって手にしなければならなかった黒本(仙人こと室井さんの編集したトポであり、けっして大学への数学ではない)は、アルバイト先の社員さんから貸していただきました。もちろん、クラッシュパッドは倉庫での永きに渉る眠りから叩き起こした使い古しを使用。

最悪のコンディションに気持ちで対抗するために東京最奥のセブンイレブンでエナジードリンクを買うも、直後に儚く散ることになる。
e0009437_3573100.jpg

まずは、セブンイレブン直下の御岳小橋エリアで感覚を確かめる。
とけたソフトクリームの「14 アンダー 7級」を触るも下地の岩と慣れない岩の感覚に一度下りる(笑)。登りなおして外で初めての完登。これはボルダー初心者のつもりでやろうと緒方と話し、すべり台に移動して、生まれて初めての10級を登り、生まれたての小鹿のように岩を降りる。
川沿いの岩群やオーストラリア岩なんかを触り少しずつグレードを上げていく、当然腕にも指にもダメージはない。
ここで10時半ごろになり、いったんすべての荷物をデポして忍者返しやらなんやらへのアクセスを確認する。御岳小橋を渡ってすぐの「たもと岩」に以前からその格好の良さに惹かれていた「私の家 2段」をシューズを履かずに確認する。スタートからリップ、そしてスラブへのつなげは容易(オープンは好きなので)、どうやらスラブが核心になるだろうと分かり、不慣れな今はトライしないことにした。そのまま玉堂美術館を横目に側道へ上がり、トンネルを抜け再び河原へと向かう。目当ての「忍者返し岩」に着いたはいいがパッド等を取りに行くのが億劫で触らず。再び御岳小橋に戻る。上流へとむかいつつグレードを徐々に上げていく。
杣の小橋エリアで6級ぐらいを登り、2級くらいのトラヴァースをつくって遊ぶが悪くなりすぎて惨敗。このあたりでヒールを使ったりして徐々に慣れ始める。そしてこの記事を書いている今「ピンチ・オーバーハング」の存在を忘れていたことに気付く。
さて、発電所エリアについて4級とその隣のSD2級を登る。この2級SDなんだけど、足位置深くて格好いいの。緒方くんは次に来たとき是非トライするらしい。そんなところで暑すぎて上を脱ぐ。山頂ではなく河原なので普通の光景だ。山岳部の男達は山頂で上裸になることが多いが謎だ、七不思議だ。穢れを知らない私はついていけません(笑)。

そろそろお昼というタイミングで気づいたことがあった。
「あれ、これ。ある程度のグレードがあったほうがジムに近いぞ。」
正確には”ジムが近い”わけだが、そんな講釈を垂れる程の余剰は私の脳になかった。
お腹も空いていたが、デッド・エンドから
「ご飯にする?お風呂にする?それとも私にする?」
という声が聞こえた気は全くもってしなかったが、三大傑作プロブレムのうち、忍者返しより悪い(という意見が多い)「デッド・エンド 1級」を触りたかったので、
「ご飯はまだいいからさ、まずは・・・」なノリで、新歓で帰りに通った橋を渡ってすぐのデッドエンドに向かう。知らずに通っていた自分を激しく恥じた(笑)

e0009437_4492951.jpg

すでに5枚のパッドが敷かれていたが、木陰になっているため涼しく、順番待ちも苦ではない。
左アンダー右カチスタートであった。深位置のアンダーにトゥフックって、そんな作為的なホールドはインドアにはないので初見では気付けなかった。核心のポケット取り前の寄せまでは2トライで出来た。指の限界ではなく、ただただ体が連動しないことにイラつきながらもそこは楽しさが勝り、ひたすらに打つが敗退、宿題へ。

気付けば14時になりセブンイレブンで食べ物を買い、スタート地点の河原へ。
食後、眠気と戦いつつも下流へと向かい「鵜の瀬橋エリア」を目指す。
鵜の瀬岩のあまりの格好良さに驚く。とりあえず「鵜 初段SD」を触る。ランディングから数手を出すも体が完全にオフになってしまっていて固まる、落ちない、下りる。デッドエンドでもこんな感じだった。別にきついわけじゃあないの、体が動かないの。
タイムリミットが迫り、今回は帰路につく。飲み会があったからね。

なにやら1年生に言及する流れがあるので、、、
毎週のように山に行く元気な子達がいたり、部内コンペにも1年生が3人もでるみたいで非常に面白い。部の特性上、サッカー・バスケのような「勝手に積み重なる経験値」は期待できないので、先輩後輩という認識よりも「山仲間」「クライミング仲間」という感覚でもって楽しくやってほしい。
ちなみに「山でのおいしい食事」「キャンプ」これら誰か極めて。

以下は鈴木の雑記
[PR]
by tmualpine | 2015-06-09 06:01 | ボルダー | Comments(0)

クライミングボード改修

日程:3/10,11,16-20,23
メンバー:岩崎みっちゃん 平井くん 日高さん 緒方くん 森山さん 鈴木(記) 他数名  

こんにちは。
へっぽこクライマーの鈴木です。
2007年9月の完成から7年半経過したクライミングボードを張り替えました。
「そろそろなんとかしないと」を引き延ばしてきたツケをここで清算です。
部室とクライミングボードの改修で、若手のOBさんにとっては思い出クラッシャーになっている気がしますが、、、しようがない。
さて。


3/10 コーナンに買い出し
メンバー:みっちゃん 鈴木

当初の予定では11日に行くことになっていたが、人数の関係上前倒しにしないと完成が遅れるため2人で買い出し。合板や2×4材、追加の単管などなどをひっさげ、ペーパードライバーみっちゃんが軽トラで爆走。無料レンタル1時間の制限が我々に重く圧し掛かる。

3/11 ドリルで合板を穿孔
メンバー:みっちゃん 鈴木 緒方

予定を早めたため、下準備開始。
爪付ナット打ち込み用の穿孔を行う。
一応おさらい。ボルトオンタイプのホールドは10Mのボルトを使用するが、受け側のナットは12Mを使用するわけです。そこで表面から10M裏面から12Mでもよかったのですが、面倒なので12Mで穿孔することに。ここで新しく買った(鈴木のオモチャともいわれている)インパクトドライバーの登場である。が、写真はない。
スズランテープを利用し、穿孔箇所を閃光の如くマーキングしていく。
作業途中で花粉症用の薬を忘れた緒方は薬を取りに帰るもの、そのまま帰らぬ人に、、、
気を取り直して2人で作業する。合板1枚あたり64箇所穿孔したが、枠組みが干渉する部分を考慮し忘れる失態。

ここにきて写真を撮っていないことに気付く。
焦る。

3/16 ホールド外し・ナット打ち込み・木材カット
メンバー:日高さん 緒方くん 平井くん 水谷くん 鈴木

本来の予定時刻より大幅に早めた時刻を予定時刻とした。
最後に今までの壁を登るためだ。
お昼ごろに作業を開始した。
緒方・鈴木はホールド外しを、日高・平井・水谷はナットと木材カットを行う。


e0009437_14174741.jpg


こちらも新登場の脚立君である。作業効率2倍(当社比)


e0009437_14202727.jpg




ここで事前に測った木材の寸法に差異があることが判明。
木材を最大限利用するためにあれこれ考えて解決した。つもりだった。


e0009437_14225764.jpg


切り終えた人々


3/17 ボード解体・枠組みと板の完成・ハリボテ作成
メンバー:日高さん みっちゃん 平井くん 緒方くん 西村さん 森山さん 椎名さん 鈴木

早朝、1人で部室に赴き、閑静な住宅街にノコギリの騒音をかき鳴らす。
そそくさとボリューム(ハリボテ)の木材を切り出す。ここでもスズランテープを活用。

皆が来てから各作業を行う。

職人平井の手により身包みをはがされていく旧ボード

e0009437_14341647.jpg

e0009437_1434444.jpg


平井「ここからがお楽しみだぜ!」
旧ボード「きゃー、やめてええぇ!」
はい、寸劇。

職人日高と職人平井によって汚されていく新板

新板「私がそんなことで屈服させられるとおもって?」
平井「ぐふふ、ほれほれー」
日高「やべー、ペンキ足りねぇじゃん」

ペンキが足りなくなり日高さんコーナンへ自転車を走らせる。

平井「これだけあれば、お前も、、、」
新板「私、、、もう、、、」

※実際の平井くんはとっても優男であり、危険な香りはしません。


e0009437_14403957.jpg

e0009437_1441443.jpg


化粧を施され美しくなる板。
ちなみに今回はパネコートではなくJIS板を使いました。
理由は100円ケチるためですよ;;


e0009437_14444397.jpg

e0009437_14451149.jpg


その素肌を露にした旧ボード

そして、みんなが帰ってからハリボテをきれいにする。
椎名さんと平井くんのおちゃめさにより、中の当て木を切り直し。
ひたすら研磨


研磨、、、




研磨、、、






(3時間後)

e0009437_1450699.jpg


完成!!


長きに亘る戦いを終え、空元気になった鈴木は、日高・平井色に染められたボードにラインを入れていく。
ついでにボテの接合部にボンドを流し、ケガの防止と塗装を行う。

e0009437_14544192.jpg



ひと段落してから塚田さんが来たので単管の交換を手伝ってもらう。

もうひと段落したら、バイト終わりの西村がきたので、予てから言われている「クライミングボードの持ち主どこの団体や問題」に終止符を打つべく記名してもらう。

e0009437_14593343.jpg

e0009437_1503275.jpg


ここまでやって後は組み付けを残すのみ。
つよつよクライマーの上手さんがいたころは先に板と枠組みを合わせていましたが、少人数でできるようにバラシで行いました。

3/18 ボード素体の完成
メンバー:みっちゃん 緒方くん 平井くん 鈴木

さて今回の楽しみのひとつである
「角度の変更」

e0009437_155281.jpg


お分かり頂けただろうか、このみっちゃんの角度を。
100度程→120度に変更したのでした。

枠組みガシガシ、垂木をバシバシ渡す。

e0009437_1575438.jpg


こいつら、、、


さて、みっちゃんと平井くんが帰り、2人で板張り。
板と枠組みの部分に抱負を書いておいた。

e0009437_15111116.jpg

e0009437_15115610.jpg

e0009437_15121621.jpg



そして、完成した。


実は寸法がズレていたのだが、結果的に良かった。

e0009437_15145943.jpg


リップ(ボードの天辺)が使えるようになったんやで!!


日を改めてホールド付けをおこなったが、20時から始めたにも関わらずあまりの多さに夜が明けてしまった。

そして、こちら

e0009437_15182768.jpg


画像が横になってしまうのだが!!
まあいいや。

ともあれ、みんなで登って強くなりましょう。

OBの皆さんもお近くにお越しの際は、ぜひ足をお運びください。

上手さんのようなつよつよクライマーを目指します。

すずき
[PR]
by tmualpine | 2015-03-27 15:27 | ボルダー | Comments(0)

2014 PUMP2

日程:4/30
メンバー:森山、山田、江村、椎名、田中(記)、池ヶ谷、平井

新歓山行を終え、山岳部に興味を持ってくれた一年生が入部。
そして買い出しへ。その午後1年生を連れてPUMP2へ行ってきました。

一年生の二人

e0009437_16165960.jpg


「こうへい」と「かっちゃん」
今年の一年生はみんな名前で自己紹介をするという積極性を発揮。面白い。

e0009437_16262124.jpg


「かっちゃん」(平井)はなんとクライミング経験者。10台をするする登る。

e0009437_16291827.jpg


「こうへい」(池ヶ谷)もクライミングに意欲的。楽しそうに登っていました。

外岩にも、早く一緒に行きたいです。
[PR]
by tmualpine | 2014-05-05 16:34 | ボルダー | Comments(0)

学生ホールボードホールド替え

2013/05/31
最後にホールド替えをしてから少なくとも4年はたつ思い出のこの壁もついに新しくなりました!
e0009437_731499.jpg

新壁
e0009437_715022.jpg

旧壁

今回のホールド替えは自分たちでやってもよかったのですが、コンペやジムなどのルートセットも手掛けるプロの人と知り合う機会がありましてセットをしていただきました。
まだできたての壁ですので、作っていただいた14ルートに重ねてNEW課題を追加したいです。現役山岳部だけでなくOBの方々もアウトレットに買い物に行くついでにちょろっと壁によって、課題をつくってくれると大変ありがたいです!
新しい壁でまたセッションしてもいいですね(^^)
e0009437_7466.jpg

とりあえず全部外します。
e0009437_75234.jpg

詳細図
ちなみに山田は待ちきれずに3課題ほど作ってしまいました。。
ルート図は近日中に作ってロッカーに入れておきます。
では現役の皆さんは心機一新、新しい壁でどんどん強くなりましょう!!
[PR]
by tmualpine | 2013-06-01 07:05 | ボルダー | Comments(0)

2013 PUMP2

日程:4月19日
メンバー:2年 江村、岩崎、椎名、小野瀬(記)
      1年 鈴木、八田

新歓山行が終わり、山岳部に興味を持ってくれた新入生がいて一安心、一安心!

ってなわけで、早速新入生を連れて川崎にあるクライミングジムのPUMP2に行って来ました。
e0009437_131557.jpg

必死に登る八田とルートを確認する鈴木
e0009437_1331754.jpg

ノリノリの2年生を冷ややかな目で見つめる鈴木

やる気のある新入生が入部してくれて嬉しい限りです!
[PR]
by tmualpine | 2013-04-19 12:45 | ボルダー | Comments(0)