excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
奥秩父全山縦走
at 2017-06-26 00:59
富士山
at 2017-06-20 14:54
170616セドノ沢右俣
at 2017-06-18 22:53
白峰三山縦走
at 2017-06-05 23:29
谷川岳一ノ倉沢
at 2017-06-05 19:12
以前の記事
最新のコメント
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
It's possibl..
by 2012年秋モデルから at 18:10
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 06月 18日 ( 1 )

170616セドノ沢右俣

2017年6月16日
メンバー:森山さん(OB)、椎名(記)

森山さんに誘っていただき、
35m大滝の登攀が楽しめるという、
表丹沢のセドノ沢右俣へ。
登攀的な沢が好きな森山さんらしいチョイス。

アプローチは森山さんの車に乗せていただく。
森山さんはこの週末で本山行を含めて、
三日連続で違う山に行ったというから、本物の山男だ。

林道終点から入渓し、バカ丁寧な看板を追ってしばらく歩くと、
F3・8mとF4・8mの滝が現れる。
e0009437_22331307.jpg
ロープを出してF3・8mを森山さんが、
F4・8mを自分がそれぞれリードで登る。
うん。楽しい。

しばらく平凡な沢歩きをすると
メインの35m大滝が現れる。
e0009437_22350191.jpg
1ピッチ目は森山さんリードで一段上のテラスへあがる。
2ピッチ目は自分がリードをやらせていただき、
一般ルートより少し難しいとされる水流際を攻める。
中々緊張感のあるクライミング。。
e0009437_22355061.jpg
最後のピッチは落とし口へのトラバース。
これも中々の高度感。

大滝の後、しばらく歩き
最後はトゲトゲの草むらを詰めて登山道へ。

ロープを使った滝登りが何本かできて
満足な沢であった。
森山さんお世話になりました。
また山へいきましょう!!


[PR]
by tmualpine | 2017-06-18 22:53 | | Comments(0)