excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
戸隠
at 2017-11-08 21:48
鍋割山 日帰り
at 2017-11-02 01:05
陣馬山~城山 荷歩レース
at 2017-10-14 23:18
北アルプス裏銀座縦走後半組
at 2017-10-09 12:56
北アルプス裏銀座縦走
at 2017-09-28 01:46
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


錫杖〜滝谷合宿

日程:8/5〜8/7
メンバー:椎名、王鞍(記)、小林、橋本、社本、佐々木

本来は8/5〜8/11の日程で、錫杖定着の後、滝谷出合〜第4尾根の予定だったのだが、台風直撃予報のため無念の敗退となった。。。

8/5
台風が逸れることを信じて早朝に南大沢を発ち、1016松本駅着。そこから中尾高原口まで2時間ほどバスに揺られ、13時ごろ荷上げ開始。錫杖沢の岩小屋で宿泊予定だったが、すでに数パーティのテントで埋まっていたためクリヤ谷岩小屋で幕営。16時着。モハのうどんをいただき、18時ごろ就寝。
e0009437_08484927.jpg
e0009437_08501074.jpg
e0009437_08503020.jpg

8/6
2時に起床し、朝食のパスタを食べて3時に出る予定だったが、夜中中雨が降っていたので4時に発。クリヤ谷岩小屋から直接前衛フェースに向かうルートはかなり不明瞭だったので錫杖沢経由で向かう。途中の渡渉でコケて打った膝がかなり痛んだ。
5時ごろ取付き到着。壮大な岩壁に登攀意欲がMAXだが、どのルートも完璧に濡れててテカテカ。とりあえずこの日は晴れそうだったので10時までしりとりをして待つことにしたがガスが多く日は見えず、しかも小さい虫(ブヨ?)が無限発生していじめてきたのでなかなか時間は進まなかった。
e0009437_09543002.jpg
完璧なブヨ対策から生まれた狩猟民族の伝統衣装
e0009437_09082673.jpg
特に書くことが無いのでしりとりの話。山関連の言葉でのしりとりをした。コバが三回も負けたくせに罰ゲームをガン無視。あんまりしつこく言うとぶん殴られるのでやめといた。

結局岩は乾く様子もなく10時を過ぎ、すごすごとテントに戻る。auの電波が入ったので天気予報を見ると7,8,9と台風直撃の停滞予報だったため作戦会議。
①10日に登れることに賭けて、このまま岩小屋で台風をやり過ごす。
②登山口まで降りて一泊し、上高地に移動して台風をやり過ごして穂高を縦走。
③登山口まで降りて一泊し、7日のバスで帰京。

の3つの案で検討。①は、岩小屋が川のすぐ近くだったため増水で流される危険がある上、その日の岩のコンディションからして10日も登れる見込みは少ないという判断で没。②案も、縦走のモチベーションは特になく自分の膝も痛かったため無しになり、③の帰宅案に決定した。

ということでさっさと荷物をまとめて下山。14時過ぎに登山口に着いたがその日の最終バスは1340だったので近くの駐車場で幕営。
ゲロ暑かったので蒲田川で泳ぐ!ボルダーを発見したので裸足でトライ。いくつか面白いルートを開拓できた。
e0009437_10510772.jpg
e0009437_09412569.jpg
e0009437_09403858.jpg

しゃものビーフシチューをいただいて20時就寝。テントが暑かったので自分ともっちゃんは外で寝た。

8/7
コバの鍋を朝飯にいただいてバスが来るまでダラダラ。午後から雨が降り始める予報だが、朝からめちゃくちゃいい天気でむかつく。もしかしたら今朝なら登れたんじゃないかという思いを必死で振り払いひたすらダラダラする。
こうして果てしない悔しさと共に今年の合宿は終わったのだった…。
e0009437_11144872.jpg


[PR]
by tmualpine | 2017-08-07 08:26 | 合宿 | Comments(0)
<< 朝日岳〜白馬岳  20170722.23瑞牆山ク... >>