excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
戸隠
at 2017-11-08 21:48
鍋割山 日帰り
at 2017-11-02 01:05
陣馬山~城山 荷歩レース
at 2017-10-14 23:18
北アルプス裏銀座縦走後半組
at 2017-10-09 12:56
北アルプス裏銀座縦走
at 2017-09-28 01:46
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


20170722.23瑞牆山クライミング

日程:2017/7/22瑞牆 7/23三ッ峠
メンバー:山田、椎名、王鞍(記)、大和田

どうも王鞍です。土日に瑞牆に行ってきました。個人的には初瑞牆クライミングで大変興奮してたのですが、夕方の豪雨のため2日目は三ッ峠に避難。。。一番やりたかった調和の幻想は取り逃がしました。
近日リベンジ!!

7/22
前夜に道の駅にらさきのテーブルで寝て、朝6時くらい?にみずがき山自然公園に到着。
あれに登る!!わくわく!
e0009437_14253466.jpg

当ブログのアプローチ記事を参考にし、S君を無視し続けると十一面岩にたどり着く。初日は瑞牆マルチで一番簡単であろう錦秋カナトコルートをやろうということで、8時頃、左岩壁に取り付く。自分と山田さんが先発で、椎名くんと周が後発。
カナトコルート取付き↓
e0009437_14351600.jpg
1P目は5.7のフレークを登り、あとは適当に終了点まで。2P目が核心の10a。スラブのような斜面に薄いクラックが走っている。1,2手目が少しやりずらいが、その後はカチを探しながらレイバック気味に上げていくとあっさり核心終わり。クラックのグレーディングというよりは、普通の5.10aだったという印象。山田さんはボロボロのレッチリシューズで苦戦していた。3P目は左手の土のバンドを(Ⅲ)を上がっていく。一箇所ロープの欲しいところがあった。4P目は左にトラバースすると視界が開けて5.6のクラックが現れる。ここは歩きでオッケー。
e0009437_15050300.jpg
周は4P目で右ルートに入ってしまって立ち往生していた。5P目は1番分かりやすい凹角を右上していく。途中いくつか面白そうな直上ルートが見えるが今回は我慢。そして最終ピッチ、北向きにそれらしきチムニーがあったが奥にもう少し面白そうな短いクラックがあるので登ってみる。
e0009437_23444170.jpg
これが本当の核心だった。少し苔むして滑るクラックを登ると短いチムニー(というかO.W?)があるのでズリズリ登ると、本来のルートのカナトコ岩が現れる。最後は気持ちよくトップアウト。瑞牆が全部見えた。山田さんはやはりシューズ核心だったが無事上がって来た。頂上で写真でも撮りたかったがちょうどガスが上がってきたのと、周がルートが分からないというのでそそくさと懸垂することに。3Pで取付きに到着。ちょうど11時だった。全6Pで3時間なのでまぁまぁというところか。
椎名くんたちはまだ時間がかかりそうだったので山田さんと十一面岩周辺を聖地巡礼することに。

「あれがベルジュエールか!」「やばいっすね!」
「これがアレアレアか!」「やばいっすね!!」
「あれが微笑み返しルート...」「え...?」
e0009437_17012584.jpg

そんなこんなしてたが、まだ降りてくる気配がないのでスコールの2P目(5.10b)のO.Wに挑戦してみることにした。
1P目は山河微笑と同じルートで5.8だが、ビシャビシャで思いのほか悪く苦戦。気を取り直して10bに向かうが、フェースからO.Wへ行くルートと山河微笑のチムニーからトラバースするラインの2通りが見え、プロテクションが取れなそうだったのでチムニーに入る。が、ここからどうにかしてスコールに移ろうと30分ほど突っ張りながら粘るが移れず、諦めてそのままチムニー(5.7)を登る。これもなかなか苦労したが山田さんはスイスイ登ってた。おいらはチムニーにまだ慣れてないのかな…。結局2Pで懸垂して降りると椎名くんと周がいた。
e0009437_17084485.jpg
e0009437_17090306.jpg
e0009437_17092594.jpg
時間が時間なので後はショートをやろうということで、一旦車に戻りカサメリ沢に移動。そこで山田さんがナナーズのカラファテでクライミングシューズを買うと言うので周と椎名くんをカサメリ沢において川上村へ。道中雨が降り出し、雨雲から逃げるようにしてナナーズにたどり着いた。まさか本当にシューズを買うのかと思っていたが、まさか本当に買うとは…。(笑)
セールでお得な上サイズぴったりだったらしい。クマとお揃いのアローヘッドです。
ついでに晩飯用に豚肉なんかを買ってカサメリ沢へ戻る。
瑞牆方面は完全に分厚い雲に覆われていて、山道の道路にはもはや川が流れていた。雷も轟き始めたのでハイテンションで(嵐なので)椎名くんたちを迎えに行くとびしょ濡れの2人が待っていた。結局一本もできなかったようで消沈気味の2人。ナナーズ行きが正解でしたね。
この様子では明日の瑞牆は不可能と判断し、レーダーを見ると三ッ峠なら乾いてそうだったので急遽予定変更。
調和の幻想のためにNEWシューズを買った山田さんはとくべつ残念そう。
e0009437_17231850.jpg
e0009437_17233446.jpg
ということでとりあえずその夜は再び道の駅にらさきで周のカレーうどんをいただいて寝る。

7/23
朝6時起床。相変わらずのお天気だが、朝のパスタを食らって三ッ峠へ向けて車を走らせる。11時ごろ?三ッ峠の岩場到着。
e0009437_17423094.jpg
巨人ルートが面白そうだったので山田さん&椎名くんが取り付くが、1P目がⅥ+(4じゃなくて6ですよ)で難しそう。時間がかかりそうだったので自分と周は鶴ルートへ。1,2PはⅣ+だが濡れていていやらしい。最後の3P目を周が行こうとしたところで雨が降って来た。それでも周は登り始める。だいぶ時間はかかったが無事終了点に着いたようで、ロープを引っ張られるので嫌々登り始める。しかし雨脚もどんどん強くなり、どこもかしこもビッシャビシャのヌッルヌルで「くっそおおお」と言い続けながら登った。周はよくトップでこんなとこ登ったもんだ…。
レインを着て急いで懸垂すると雨が上がった。なぜか富士山はずっとバッチリ見えている。
e0009437_17441841.jpg
なんか疲れたし濡れてるしもう無理だ〜と思ってたら巨人ルートを終えて降りてきた山田さんと椎名くんはショート登る気満々。右フェイスの方へ移動し、周がフレーク5.9、椎名くんが5.10b(名前忘れた)にトライ。もちろん誰もいないが岩は意外と乾いている。どちらも相当カラかったようでずいぶん長い時間登っていた。自分も椎名くんの10bをやってみたが、3回くらいテンションかけてやっといけた。かなり疲れました。降りてくると、隣でロワーダウンしたあとのロープが引けなくなって閉口していたので近くの5.8らしきルートを登って終了点を確認すると、少し離れた二つの支点にロープがかかっており、キンクして絡まっていた。90度ずつ曲がった状態でロープが引かれるとキンクしやすいと何かの本で読んだが多分それだろう。解いて降りるともう18時前だったので退散。

晩飯はもちろん麺でる。ご馳走様でした。


おまけ
e0009437_19190969.jpg
おまけ2
e0009437_23450273.jpg

[PR]
by tmualpine | 2017-07-27 14:14 | マルチピッチ | Comments(0)
<< 錫杖〜滝谷合宿 府大戦八ヶ岳縦走 >>