excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
滝川本谷ー古礼沢
at 2017-08-28 17:08
朝日岳〜白馬岳 
at 2017-08-15 19:01
錫杖〜滝谷合宿
at 2017-08-07 08:26
20170722.23瑞牆山..
at 2017-07-27 14:14
府大戦八ヶ岳縦走
at 2017-07-23 20:41
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


甲斐駒ケ岳ー鋸岳(敗退)

日程、6/24〜6/25
メンバー、江村、西村、王鞍、小味山(記)、佐々木
甲斐駒ケ岳から鋸岳の縦走に行ってきました。
学年が全員違うというメンバーでの山行でした。

前泊
竹宇駒ケ岳神社で前泊。先に日野春駅から歩きで行っていた王鞍さんとゆっきーさんは私含め3人がタクシーで駒ケ岳神社に着いた時には既に到着していた。0時くらいには駐車場で就寝。

6/24(土)
0330起床 0400出発 0530笹の平分岐 0730刀利天狗 五合目0830 0940七条小屋 1040八合目 1200甲斐駒ケ岳山頂
1430六合目小屋 幕営

車の音で目を覚ます。気づくと駐車場は満車になっていた。次の日の天気が悪いため、日帰りで行く人が多かったらしい。各自で朝食を済ませ、黒戸尾根から甲斐駒ケ岳山頂を目指す。刀利天狗まではほぼ樹林帯、ペースを上げすぎないように長い長い樹林帯を進む。樹林帯の中といえども日がでてくると暑い、とにかく暑い。みんな暑いとつぶやきながらも、いいペースで進んでく。
e0009437_15235572.jpg

笹の平分岐には予定よりも1時間以上早く到達。この後も少しペースは落ちたが、順調に登って行く。やせ尾根や七条小屋前の鎖場も冬と比べると全然違う、雪がないとこんなにも楽なのか、と感動しながら進んでいく。
e0009437_15302851.jpg
七条小屋に到着。王鞍さんは冬に忘れたガチャ類があったかどうか小屋の人に確認しにいく。この確認のために今回は黒戸尾根を登ってきたようなもの。結果は…なし……まあわかっていたような気もするが、いざないとなると何か悲しい。水を補給し頂上に向け出発。
ここまで来ると、さすがにメンバーに疲れが見え始める。休憩を多めに取りながら山頂に近づいていく。
e0009437_15435338.jpg
有名な2本の剣のやつ?、鎖場を越えて遂に山頂に到着。山頂は人で溢れかえっていた。予定より2時間も早い到着、みんな良く頑張った。特に女子二人の後半の頑張りはすごかった。
e0009437_15493697.jpg
長めの休憩を取って、鋸岳方面の六合目小屋に向かう。
鋸岳方面はやはり道のグレードが一気に上がる。狭いハイマツの道や、岩場を少ない目印を頼りにゆっくり進んでいく。さっきまでわんさかいた人も鋸岳方面に行く人は自分達だけで一気に閑散としてしまう。
e0009437_18353719.jpg
e0009437_18355511.jpg
小屋までのコースタイムは1時間になっているが、2.3個ピークを越えてもまだ小屋は見えず。少し不安になってきた矢先にやっと小屋発見。結構綺麗な小屋で、しかも先約も無し。速攻で今日は小屋に泊まる事を決定し一息つく。多少元気だった、自分と王鞍さんが近くの水場へ水を取りに行く。場所がわからず、結構右往左往したが何とか発見、辛かった…。南アルプスの天然水が体に染みわたる。夕食は王鞍さんのキムチ鍋と味噌汁。毎度書いてるが、やはり間違えのないうまさだった。
翌日の話し合いをしたが、今日の長い行動の疲れからかメンバーの数名に高山病っぽい症状が出た、翌日の天気の悪さからしても鋸岳は厳しいかもとの意見が出る。結局、鋸岳に行くかの判断は翌日のメンバーの体調と天気を見て、ということになり、この日は就寝。長い一日であった。

6/25(日)
0330起床 0430出発 0600甲斐駒ケ岳山頂 0930北沢峠 1200広河原
朝、雨の音で目が覚める。メンバーの体調は昨日から回復していたが、天気の悪さから鋸岳は断念。甲斐駒から北沢峠に下山するルートに切り替える。朝食の汁無しラーメンを食べ出発。雨に加え風も強く、昨日とはうってかわって寒さが襲ってくる。体が冷えぬようになるべく休憩を少なくして、甲斐駒ケ岳まで昨日来た道をひたすら戻る。甲斐駒ケ岳山頂でも、寒いため足早に山頂を後にし北沢峠を目指す。
e0009437_00333376.jpg
やはり今日は天気が悪いせいか他の人の姿は見えない。甲斐駒から下りるにしたがって天気は徐々に良くなっていく。風も弱くなり寒さもあまり感じなくなったため、ここぞとばかりに駒津峰、双児山を越えて一気に北沢峠まで下りる。
北沢峠からは広河原までバスで行く方法もあったが、時間があったことやお金を使いたくなかったため、広河原まで10kmの道を歩くことに。時々、横を流れる沢や滝の綺麗さにみとれながら歩く、ひたすら歩く。
e0009437_00460332.jpg
2時間近く淡々と歩いて、遂に広河原に到着。竜王駅行きのバスに無事乗ることができた。ひさびさに結構足が疲れた…。

今回は、メンバーの学年も強さも結構差があった。自分なりにそこらへんにはしっかり注意して、ペースや休憩をしていったつもりだったが、結果的には体調を崩してしまうメンバーがいた。もっと注意して、声かけなどができたのではないかと反省する。今後、夏の合宿などに向けよりメンバーの体調管理は大事な要素になっていく。今回の山行の反省を今後しっかり活かしていけるようにしたい。
また今回行けなかった鋸岳、壮大な姿を見てよりいっそう行きたくなってしまった。次こそは行けるよう、準備を重ねていきたい。

[PR]
by tmualpine | 2017-06-27 14:53 | 縦走 | Comments(0)
<< 170618円山木沢 奥秩父全山縦走 >>