excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
朝日岳〜白馬岳 
at 2017-08-15 19:01
錫杖〜滝谷合宿
at 2017-08-07 08:26
20170722.23瑞牆山..
at 2017-07-27 14:14
府大戦八ヶ岳縦走
at 2017-07-23 20:41
河又クライミング
at 2017-07-18 21:00
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


谷川岳一ノ倉沢

6月3〜4日
メンバー:椎名、王鞍、佐久間、大和田(記)

今回は谷川岳一ノ倉沢烏帽子岩奥壁南稜へ。マルチピッチクライミングの実戦だ。

初日、4台の車が土合駅近くの駐車場に向けて出発。駐車場からは今晩の宿である虹芝寮(こうしりょう)に向けて1時間ほど歩く。
e0009437_19353873.jpg
小屋に到着すると、縦走組のみなさんと調理開始。安田先輩の作るカレーは絶品です。
e0009437_19273409.jpg
他にもいろいろと作りました。もはや山の食事ではない。
e0009437_19281876.jpg
お楽しみの飲み会がスタート。岩組は早朝の出発に備えセーブします。
e0009437_19351086.jpg
22時頃、岩組は二階に上がり就寝。しかし王鞍さんは一階の騒音に邪魔され眠りにつけず…結局縦走組と就寝時刻は変わらなかったそうで、帰路で愚痴をこぼしていました。

翌朝、烏帽子岩取り付きに向け3時半に小屋を出る。雨が微かに降っている。

1時間ほどで一ノ倉沢を視界にとらえる。
e0009437_19440029.jpg
700人以上のクライマーが命を落とした場所、威圧感がすごい…

雪渓を詰め取り付きへ
e0009437_19472765.jpg

ここでアクシデント発生。
取り付き直前、逆層のスラブが滝と化しているのを目の当たりにする。
e0009437_19500336.jpg
王鞍さんもガッカリ

トポにはこのスラブを進むと取り付きの南陵テラスに到着すると書いてあるが、この状況ではスラブを超えたとしてもそれより先に行けそうにない。この天候では危険と判断し、下山することにした。

小屋に戻ると同じく行動を断念した縦走組に会う。することがないので昨晩の残りのカレーを食べ、山菜採りと魚釣りへ(1匹も釣れなかった)
その後も小屋でトランプをしたりわけのわからない球技をしたりしてダラダラと過ごす。

昼過ぎに下山を開始する。この頃には雨も止み、青い空が見渡せた。
e0009437_20040962.jpg

下山後は足湯で疲れを癒し、谷川ラーメンにて遅めの昼食をとる。
e0009437_20104167.jpg
チャーハン単品(700)とチャーハン定食(800)のチャーハンのサイズが同じことで少し不機嫌な王鞍さんだが、優しいOGの先輩がラーメンをわけてくれたおかげでお腹を満たすことができた。

ここでそれぞれの方面へ別れ、無事合宿終了である。

今回は悪天候により登ることができなかったので、近いうちにリベンジをするのにまた来たい。登ることはできなかったが、OBOGの先輩方と会うことができたので良かった。また一緒に山行きましょう。






[PR]
by tmualpine | 2017-06-05 19:12 | 合宿 | Comments(0)
<< 白峰三山縦走 小川山クライミング合宿 >>