excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
朝日岳〜白馬岳 
at 2017-08-15 19:01
錫杖〜滝谷合宿
at 2017-08-07 08:26
20170722.23瑞牆山..
at 2017-07-27 14:14
府大戦八ヶ岳縦走
at 2017-07-23 20:41
河又クライミング
at 2017-07-18 21:00
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雲取山合宿

日程:2017年5月27,28日
メンバー:M2 江村 B2高橋(記)、坂本 B1 佐々木、難波、劉、平松、木村、岸、高安
上記メンバー10名で奥多摩山塊を縦走しました。

1日目:
0950鴨沢 1030雲取山登山口 1205堂所 1340ブナ坂 1430奥多摩小屋 1600雲取山荘
2日目
0420起床 0600雲取山荘出発 0640雲取山 1000北天のタル 1100飛龍権現 1300サオラ峠 1620丹波

奥多摩駅に向かっている途中遅刻しますとの連絡が二件入ってきた
定刻のバスに乗れそうになさそうだったので、残りの7人を先発隊として出発させ、次の1時間後のバスに3人で乗り後発隊として追いかける形になった

後発隊(遅刻組)は罪の重みをかみしめて登って行く
e0009437_2345171.jpg

今年は雲取山の標高と同じ年らしく登山口にこんなものが
黄色いUFOに遅刻組一同は疑問を抱きつつ登り始める
比較的緩やかな登山道を登っていく
ぼーっと歩いていると視界に大き目な黒い物体が現れた
e0009437_23514014.jpg

シカでした。
とりあえず記念撮影

この辺からガスってきていて天候が不安であったが、一方で遅刻女子達はマイナスイオンの霧を享受していた
そんなこんなでブナ坂に到着、本来富士山をここから拝むことができるが霧で真っ白
e0009437_014364.jpg

先発隊と遅刻組が奥多摩小屋にて合流
15分くらい待たせてしまったが遅刻した分よりは短縮することができた
奥多摩小屋のトイレの悪臭を嫌がる山ガール
下界のトイレのありがたみを感じていた新入生たちであった
霧から小雨にかわり、雲取山荘に向けその中を行く
山荘に着くとそこは一帯は既に登山客でいっぱいになっていた
テン場は山荘から100mほど離れたコルにしか張るスペースがなかったのでそこで土砂降りの中急いで幕営
雨のせいで日中の温度から大幅に気温がが落ちていたので防寒対策を
今回はビビンバということで、コッヘルでの米の炊き方を新入生に伝授
e0009437_0274875.jpg

各自食材を持ってきて調理してバイキング方式でビビンバを楽しんだ
普通の山行ではできない食事ができて大変満足し、これからも食を極めていきたい
食後はV6の中で5人ずつで、大老二(ダーラォウァー)を開催した
留学生の劉さんが中国語で大富豪は大老二と教えてくれた、ずいぶん国際的な部活になったものだ
また終始English onlyで大老二をやって、うちらは意識高い系大学生たちであった

隣の高校生の話声で予定の4時20分より40分早い3時40分に起こされる
e0009437_0582679.jpg

贅沢ににまるちゃん製麺を木村が持ってきた美味しい味玉とともに胃袋に収める
女性陣の支度の遅さにより30分遅延が起きた
二日目は時々ガスることがあったが晴れていた

雲取山山頂到着、やたらと記念碑が多い
e0009437_0572458.jpg

ここから飛龍山をめざす
初日の登山道とは変わって細く険しくなっていたので少し危険度が増した
先輩下山してるのに何で今登ってるんですかぁ?と何度も何度も煽ってきた
そう言いつつもしっかり道中楽し気に写真を撮ったりしていた
e0009437_164384.jpg

e0009437_165935.jpg

e0009437_172168.jpg

終始会話が途切れることなく和気藹藹と、むしろうるさいぐらい雑談しながらゴールの温泉を目指す
今年の新入生は賑やかである

e0009437_1113938.jpg

前回の大菩薩に引き続き、岸名物「苦しそうに登るシリーズ」である

細く急峻で険しい道をみんな悲鳴をあげながら下っていく
下界がみえてきて登山口に出たときには新入生たちはピークを踏んだ時の倍ぐらい感動していた
e0009437_1171299.jpg

めのこいの湯にたどり着き、みな10人は疲れをとった
そこにはあの黄色いUFOの置物があってこの地域のマスコットキャラクターであることが分かった

今回二日目の行程が16kmほどと割ときつめな距離となっていて、新入生たちにはきつくして申し訳ないと思ったが
みんな普通にこなしていたのでこの先期待できる


今回の山行では雨の時の対応、幕営の仕方、米の炊き方、上り下りなどの基本的なことが習得できたのではないかと思う
新体制のスタートとしてはいい一歩になった
この先の府大戦、夏の長期縦走に向け仕上げていきたい
[PR]
by tmualpine | 2017-05-30 01:32 | 縦走 | Comments(0)
<< 原小屋沢 文登研 春山リーダー研修会 >>