excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
奥秩父全山縦走
at 2017-06-26 00:59
富士山
at 2017-06-20 14:54
170616セドノ沢右俣
at 2017-06-18 22:53
白峰三山縦走
at 2017-06-05 23:29
谷川岳一ノ倉沢
at 2017-06-05 19:12
以前の記事
最新のコメント
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
It's possibl..
by 2012年秋モデルから at 18:10
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


穂高滝谷定着合宿

日程:2016/8/4~8/9
メンバー:平井(記)、王鞍、小林、小味山、佐久間

更新遅れてしまい、申し訳ありません。
今年は去年完全敗退した穂高のリベンジ、そして個人的に滝谷ドームに行きたかったので北穂の南稜テント場に定着してのアルパイン合宿としました。
初心者が多かったのですが、天候にも味方され非常に有意義な合宿となりました。



8/4 曇り時々雨
昼過ぎごろに部室に集合し念入りに装備確認、ルートの研究を行う。この時点では合宿中の天候はほとんど雨の予報。憂鬱な気分になりながらも夕方に学校を出る。
小淵沢で途中下車し定食屋さんで夕飯を食べる。コスパもよく大満足。

22:40松本駅到着
本日はここでビバーク。快眠。
e0009437_1121047.jpg


8/5 晴れ
3:30起床
4:45松本電鉄で新島々へ。改めて天気予報を確認すると行程のほとんどが晴れになっていた。
王鞍「自分のおかげっすね(ドヤァ」
はいはい。

5:20バスに乗り換え上高地へ。松本で上高地までの往復切符を買っていたので切符購入の列をすり抜けてバス乗車。ファストパスのような優越感。
6時過ぎごろに上高地に到着。諸々の準備を整え7時出発。
e0009437_1134238.jpg

8:15徳沢
9:20横尾
歩いてる人の装備や格好が徐々に山仕様になってゆく。
10:30本谷橋
12:30涸沢ヒュッテ到着。
案の上南稜のテント場に水は無いそうなので本日はここで幕営して明日の朝水を持って移動することに。
e0009437_1144815.jpg


しばし昼寝したのち王鞍が天気図を書き、その間に夕飯を作る。
この日はこみー作の2種類のリゾット。


8/6 晴れ
2:30起床
3:30水を満タンに詰めて出発。重い。
e0009437_1154047.jpg


5:40南稜テント場に到着。テントを立ててクライミング装備の準備を行い、北穂小屋にドーム中央稜の状況を聞きに行く。懸垂支点さえ間違えなければ大丈夫とのこと。

7:00出発
滝谷ドームを涸沢岳方面から回り込むように下降して行く。
e0009437_1161623.jpg


縦走路からそれると少し不明瞭な踏み跡をたどっていく。
少しクライムダウンをしてさらに下っていく。
2度目のクライムダウンが長く、かなり悪い。
何とか下りきって少しトラバースすると気づかぬ内に懸垂点を通り過ぎていたことが判明。
結果的には懸垂なしで取り付くことができたがかなり危険なクライムダウンをしてしまった。この合宿全体を通しての核心だったと思われる。

09:00取り付き
王鞍・くまペアと平井・コバ・こみートリオに分かれる。
王鞍ペアが先発。
1P目は凹角を登った後のチムニーからの脱出に苦戦。
e0009437_118670.jpg


2P目はリッジの途中から左にそれてスラブを越える。
コバがフォールしてかなりルートから外れてしまったが何とか自力で復帰。

3P目は普通に歩けるようなところだが一応ロープを出す。
王鞍のシューズのベルクロ部分が壊れる。

4P目は凹角からのハング越えがかなり面白い。
残置カムが2本あった。
e0009437_118528.jpg


最終5P目も凹角だが最後のハングは右のクラックから巻く。
しかしくまはここを直登。強い・・・。
e0009437_1192734.jpg


14:30ドームの頭
圧倒的達成感!
e0009437_1195436.jpg


北穂側に少し歩いて行くと縦走路に出る

テント場到着
e0009437_11103253.jpg

今日も王鞍が天気図を書いてる間に夕飯の準備
今夜はくま作の炊き込みご飯


8/7晴れ
03:00起床
04:00出発
今日はクラック尾根を目指す。

クラック尾根へ行くためのB沢のコルは去年の合宿で発見したので迷わず到着!!
・・・のはずが全然見つからない。

クラック尾根はドーム中央稜に比べてピッチが多くアプローチにも時間がかかると予想されたために早く出発したのにこのザマである。
結局北穂小屋に戻って入口の場所を聞いて確認したが、時間が無くなってしまったためこの日は断念。ちなみに今年はまだ登られていないらしい。
とりあえず北穂で記念撮影。
e0009437_11115583.jpg

e0009437_11121912.jpg


水もかなり減ってきていたので涸沢ヒュッテに水を汲みに行く日とした。天気がいいのにもったいない・・・。

今日は平井が天気図を書く。台風の接近が少し不安。
夕食は王鞍作のミートソースパスタ。

こみーがテン場近くで雷鳥を発見。パッと見排泄物だったとか言ってた。やめてください。
e0009437_11125128.jpg



8/8 晴れ
02:30起床
03:30出発
今日こそクラック尾根行くぞ・・・!
04:00過ぎ B沢入り口に到着したが、下降するには暗すぎるので少し待機。
e0009437_11134011.jpg


04:30ごろ 明るくなってきたので下降開始。
ガレが酷くて落石は免れないので、特に傾斜のきつい最初の50mくらいは1人が歩いてるとき残りの4人は岩陰に隠れるようにして落石を避けた。
e0009437_11141433.jpg


06:30 FIXロープを発見。
これを20mほど登った先に懸垂点がある。しかしロープは切れかかっていて懸垂点のピンは緩んでいた。バックアップ取りながら取り付きを目指す。

09:00 取り付き
今日も王鞍・くまペアに先発を任せる。
かなり岩が脆いが全体的に楽しい。
ただ、細部はほとんど覚えていない。
e0009437_11161444.jpg

e0009437_11165054.jpg

e0009437_1117385.jpg

期待していたジャンケンクラックはたいして面白くなくあっという間だった。
途中くまが初めてのトップ。少しルートを間違えるが無事復帰。

1600登攀終了
北穂小屋でFIXロープと懸垂点の件を報告。
明日は風は強いが天気は良いとのこと。
1630テン場到着
夕食は平井作の夏野菜カレー。

8/9 晴れ
0400起床
0500出発
今日は全部荷物を背負って穂高縦走し岳沢から下山。重い。
そのうえ横風が吹いているため稜線歩きは慎重になる。

0630 涸沢岳
0730 奥穂高岳
e0009437_11323459.jpg

e0009437_11325757.jpg


0900 紀美子平
0920 前穂高岳
e0009437_11364360.jpg


このあたりから平井は足の痛みに耐えながら歩いていたのであまり覚えていない。
長い長い重太郎新道を下り
e0009437_1143313.jpg


1140 岳沢小屋
1400 上高地到着
e0009437_11463430.jpg


ご飯を食べた後王鞍はそのまま沢山行へ。タフだ。
王鞍を見送った後残った4人は帰京。お疲れ様でした。

まだ経験の浅い1年生にとっては大変な山行だったと思いますが、この経験はこれからの自信につながるのではないでしょうか。
[PR]
by tmualpine | 2016-09-20 12:16 | 合宿 | Comments(0)
<< 南アルプス全山縦走について 160903湯檜曽川白樺沢 >>