excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
新歓山行 塔ノ岳
at 2017-04-18 14:28
20170321伝付峠〜仙丈..
at 2017-03-30 07:16
2017/03/21-27伝..
at 2017-03-29 10:11
20170311文登研
at 2017-03-27 19:33
2017/3/11ー13 日..
at 2017-03-14 10:34
以前の記事
最新のコメント
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
It's possibl..
by 2012年秋モデルから at 18:10
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大菩薩嶺縦走

日程:4月30日、5月1日
メンバー:江村、西村、樋上、王鞍、内田、安田(記)、
     橋本、高橋、坂本、佐久間、日根、小味山、西田、小林、町田

ゴールデンウィークで天気も良いとということで滝子山~大菩薩嶺を縦走してきた

そして今回はなんと一年生が9人も来てくれた!!!
とてもうれしい

 30日 0730初狩駅集合 1030水場 1230滝子山 1530ハマイバ丸
 1700湯ノ沢峠幕営

 1日 0430起床 0540出発 0700川胡桃沢ノ頭 0900石丸峠 1030大菩薩嶺1200 福ちゃん荘 1400大菩薩峠登山口


一日目

うっちーが寝坊しないかひやひやしてたが、奇跡的に15人全員が時間通り初狩駅に
この感動的な出来事の余韻に浸っているところなので、みんないい笑顔
e0009437_21414715.jpg


人数が多いので、班を二つに分けて山登りを開始
最初はにぎやかにおしゃべりしていたがのぼりがきつくなるにつれてボリュームダウンする
こまめに休憩を取りながらのんびり登っていく

e0009437_223525.jpg


e0009437_2283351.jpg

かわいい一年生、、、と王鞍。とてもなじんでいて一瞬わからなかった

e0009437_21501356.jpg

突然の「変顔やって」のふりに飛び切りのスマイルをみせてくれたマッチョ〈写真中央〉

e0009437_2155379.jpg



一年生がみんな元気でさくさく歩いてくれたので何事もなくテント場に到着


e0009437_22143757.jpg

テントの張り方を教えたり

e0009437_22163299.jpg

ご飯作ったり

e0009437_22195166.jpg

寝袋が動きだしたり

とテント場についてからはみんなとても楽しそうだったが、なかでも樋上が絶好調でおもしろかった

このあとも、テント争奪じゃんけん大会、大富豪、天体観測、おしゃべり会など
でわいわいがやがやしながら8時ころに就寝



二日目

4時半に起きてのんびり朝のラーメンを食べる
6時半に出発

e0009437_22384449.jpg

出発前に一枚
半起きでねむそうな人もちらほら

二日目は一日目に比べて上り下りが少ないので景色を楽しみながら稜線を歩く
大菩薩峠につくと一気に登山客が増えて観光地っぽかった

e0009437_22502759.jpg


e0009437_22515725.jpg

大菩薩嶺登頂の記念に菩薩ポーズできめる

e0009437_22555315.jpg


あとは下るだけなので、休憩もそこそこにとっとと下る
下山はコースタイムよりもかなり早かった
温泉に入りたいという強い思いが行動に出たのだろう

無事に大菩薩嶺登山口バス停に到着、温泉に入り、ミートレアでハンバーグを食べて解散

初めてのお泊りは一年生にとっていい経験になったのではないでしょうか



追記
またもや写真が横になったり逆さになったり
見にくくてすみません
もっと真面目に写真の上げ方勉強します
[PR]
by tmualpine | 2016-05-13 23:31 | 縦走 | Comments(0)
<< 谷川岳 一ノ倉沢烏帽子岩奥壁 160423越沢バットレス >>