excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
戸隠
at 2017-11-08 21:48
鍋割山 日帰り
at 2017-11-02 01:05
陣馬山~城山 荷歩レース
at 2017-10-14 23:18
北アルプス裏銀座縦走後半組
at 2017-10-09 12:56
北アルプス裏銀座縦走
at 2017-09-28 01:46
以前の記事
最新のコメント
江村の話、ちゃんと聞いて..
by たろう at 09:33
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クライミングボード改修

日程:3/10,11,16-20,23
メンバー:岩崎みっちゃん 平井くん 日高さん 緒方くん 森山さん 鈴木(記) 他数名  

こんにちは。
へっぽこクライマーの鈴木です。
2007年9月の完成から7年半経過したクライミングボードを張り替えました。
「そろそろなんとかしないと」を引き延ばしてきたツケをここで清算です。
部室とクライミングボードの改修で、若手のOBさんにとっては思い出クラッシャーになっている気がしますが、、、しようがない。
さて。


3/10 コーナンに買い出し
メンバー:みっちゃん 鈴木

当初の予定では11日に行くことになっていたが、人数の関係上前倒しにしないと完成が遅れるため2人で買い出し。合板や2×4材、追加の単管などなどをひっさげ、ペーパードライバーみっちゃんが軽トラで爆走。無料レンタル1時間の制限が我々に重く圧し掛かる。

3/11 ドリルで合板を穿孔
メンバー:みっちゃん 鈴木 緒方

予定を早めたため、下準備開始。
爪付ナット打ち込み用の穿孔を行う。
一応おさらい。ボルトオンタイプのホールドは10Mのボルトを使用するが、受け側のナットは12Mを使用するわけです。そこで表面から10M裏面から12Mでもよかったのですが、面倒なので12Mで穿孔することに。ここで新しく買った(鈴木のオモチャともいわれている)インパクトドライバーの登場である。が、写真はない。
スズランテープを利用し、穿孔箇所を閃光の如くマーキングしていく。
作業途中で花粉症用の薬を忘れた緒方は薬を取りに帰るもの、そのまま帰らぬ人に、、、
気を取り直して2人で作業する。合板1枚あたり64箇所穿孔したが、枠組みが干渉する部分を考慮し忘れる失態。

ここにきて写真を撮っていないことに気付く。
焦る。

3/16 ホールド外し・ナット打ち込み・木材カット
メンバー:日高さん 緒方くん 平井くん 水谷くん 鈴木

本来の予定時刻より大幅に早めた時刻を予定時刻とした。
最後に今までの壁を登るためだ。
お昼ごろに作業を開始した。
緒方・鈴木はホールド外しを、日高・平井・水谷はナットと木材カットを行う。


e0009437_14174741.jpg


こちらも新登場の脚立君である。作業効率2倍(当社比)


e0009437_14202727.jpg




ここで事前に測った木材の寸法に差異があることが判明。
木材を最大限利用するためにあれこれ考えて解決した。つもりだった。


e0009437_14225764.jpg


切り終えた人々


3/17 ボード解体・枠組みと板の完成・ハリボテ作成
メンバー:日高さん みっちゃん 平井くん 緒方くん 西村さん 森山さん 椎名さん 鈴木

早朝、1人で部室に赴き、閑静な住宅街にノコギリの騒音をかき鳴らす。
そそくさとボリューム(ハリボテ)の木材を切り出す。ここでもスズランテープを活用。

皆が来てから各作業を行う。

職人平井の手により身包みをはがされていく旧ボード

e0009437_14341647.jpg

e0009437_1434444.jpg


平井「ここからがお楽しみだぜ!」
旧ボード「きゃー、やめてええぇ!」
はい、寸劇。

職人日高と職人平井によって汚されていく新板

新板「私がそんなことで屈服させられるとおもって?」
平井「ぐふふ、ほれほれー」
日高「やべー、ペンキ足りねぇじゃん」

ペンキが足りなくなり日高さんコーナンへ自転車を走らせる。

平井「これだけあれば、お前も、、、」
新板「私、、、もう、、、」

※実際の平井くんはとっても優男であり、危険な香りはしません。


e0009437_14403957.jpg

e0009437_1441443.jpg


化粧を施され美しくなる板。
ちなみに今回はパネコートではなくJIS板を使いました。
理由は100円ケチるためですよ;;


e0009437_14444397.jpg

e0009437_14451149.jpg


その素肌を露にした旧ボード

そして、みんなが帰ってからハリボテをきれいにする。
椎名さんと平井くんのおちゃめさにより、中の当て木を切り直し。
ひたすら研磨


研磨、、、




研磨、、、






(3時間後)

e0009437_1450699.jpg


完成!!


長きに亘る戦いを終え、空元気になった鈴木は、日高・平井色に染められたボードにラインを入れていく。
ついでにボテの接合部にボンドを流し、ケガの防止と塗装を行う。

e0009437_14544192.jpg



ひと段落してから塚田さんが来たので単管の交換を手伝ってもらう。

もうひと段落したら、バイト終わりの西村がきたので、予てから言われている「クライミングボードの持ち主どこの団体や問題」に終止符を打つべく記名してもらう。

e0009437_14593343.jpg

e0009437_1503275.jpg


ここまでやって後は組み付けを残すのみ。
つよつよクライマーの上手さんがいたころは先に板と枠組みを合わせていましたが、少人数でできるようにバラシで行いました。

3/18 ボード素体の完成
メンバー:みっちゃん 緒方くん 平井くん 鈴木

さて今回の楽しみのひとつである
「角度の変更」

e0009437_155281.jpg


お分かり頂けただろうか、このみっちゃんの角度を。
100度程→120度に変更したのでした。

枠組みガシガシ、垂木をバシバシ渡す。

e0009437_1575438.jpg


こいつら、、、


さて、みっちゃんと平井くんが帰り、2人で板張り。
板と枠組みの部分に抱負を書いておいた。

e0009437_15111116.jpg

e0009437_15115610.jpg

e0009437_15121621.jpg



そして、完成した。


実は寸法がズレていたのだが、結果的に良かった。

e0009437_15145943.jpg


リップ(ボードの天辺)が使えるようになったんやで!!


日を改めてホールド付けをおこなったが、20時から始めたにも関わらずあまりの多さに夜が明けてしまった。

そして、こちら

e0009437_15182768.jpg


画像が横になってしまうのだが!!
まあいいや。

ともあれ、みんなで登って強くなりましょう。

OBの皆さんもお近くにお越しの際は、ぜひ足をお運びください。

上手さんのようなつよつよクライマーを目指します。

すずき
[PR]
by tmualpine | 2015-03-27 15:27 | ボルダー | Comments(0)
<< 八ヶ岳ミックスルートチャレンジ... 常念岳 冬 >>