excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
20170722.23瑞牆山..
at 2017-07-27 14:14
府大戦八ヶ岳縦走
at 2017-07-23 20:41
河又クライミング
at 2017-07-18 21:00
2017/7/15北岳バットレス
at 2017-07-17 11:19
170618円山木沢
at 2017-07-03 00:42
以前の記事
最新のコメント
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
It's possibl..
by 2012年秋モデルから at 18:10
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


剣岳定着合宿

メンバー:森山、山田、小野瀬、椎名(記)、平井
日程:8/28~9/4

行程:
8/28 移動日 上市駅集合 -(タクシー)→ 馬場島荘
8/29 0600馬場島荘 → 1130早月小屋
8/30 0450早月小屋 → 0740剣岳頂上 0815発 → 1000熊の岩(BC) → 八つ峰フェース登攀
8/31 0630BC → 0900三の窓 → チンネ登攀 → 1600BC
9/1  0535BC → 0645三の窓 → 0800チンネ左稜線 取り付き → 1500終了点 → 1700BC
9/2  0800BC → チンネ登攀 → 1500BC
9/3  0545BC → 0700剣岳山頂 → 0900本峰南壁 A2 取り付き → 1200剣岳山頂 → 1300BC
9/4  0445BC → 1230黒部ダム


去年の夏合宿(あの計画はすごかった)では沢、マルチ、縦走すべてをやろうと欲張り、失敗したことを反省に今回は剣に定着してアルパインを存分にやろうということで、この計画を立てました。


8/28
富山側の早月尾根からの入山のため、
この日は一日中電車に揺られる移動日。
勝っちゃんは孤高の人(原作小説)を読んでモチベーションを高めていた。

馬場島に着くとけっこう肌寒く、シュラフカバーで来たことを後悔したが、
着込んで寝れば、余裕のよっちゃんだった。
勝っちゃんの赤いシュラフを山田くんが、「レッドデビルだーww」とか言って、
すごいバカにしていた。

8/29
少し寝坊して、0600出発。
ついに”岩と雪の殿堂”に入山。
重い荷物を背負っての急な登りが続き、早月小屋に到着。
e0009437_13154764.jpg

本来、この日のうちに熊の岩へ行くつもりであったが、
バテ気味で日暮れまで行けるか微妙であったため、ここで打ち切り。
たこ飯を食って、大富豪して就寝。
この晩も、山田くんが勝っちゃんのシュラフをバカにしていた。。。


8/30
昨日と同じような急な登りと岩場も交えた登り。
e0009437_13223777.jpg

南アルプス縦走に引き続き、あめを大量に持ってきて、
みんなに配ってくれていた小野瀬は飴仙人と呼ばれたいらしいww
南アルプスではこれが雨を引き寄せていたのだろう、、 つまり小野瀬は雨仙人だ(爆)

しかし、この日は晴天。剣岳頂上からの展望も最高。
e0009437_133058.jpg

e0009437_13303049.jpg

e0009437_13304391.jpg
e0009437_13304968.jpg


頂上からは長次郎左俣のガレ場、、
いや、バレ場を下り、熊の岩BCへ。
途中、雪渓が残ってる所は、それを利用して下る。
e0009437_13403550.jpg


熊の岩BCは水場もあるし、展望が最高。
特に、八つ峰のフェースがかっこいい。↓右からA~Dフェース。(熊の岩より)
e0009437_1346452.jpg


この日はまだ時間もあるので二組に分かれて八つ峰のフェースを登る。
・Dフェース 富山大ルート (森山、山田)
・Cフェース 剣稜会ルート (森山、山田)
・Aフェース 魚津高ルート、中大ルート (椎名、小野瀬、平井)

このフェースのなかでは難易度が高い富山大ルートも、森山さん、山田くんにとっては、どうやら手応えがなかったらしい。
マルチ経験ゼロの勝っちゃんはAフェースでマルチの基礎をマスターした。

↓フェースからは熊の岩も見える。(小さいオレンジ色のがエアライズ)
e0009437_1444648.jpg


8/31
この日は三の窓のチンネをめざすが、
長次郎右俣本流をつめあがってしまい遠回りになってしまった。。。
ここは、八つ峰のほうに入っていく谷を詰めると、池の谷乗越に行ける。(帰りに気付いた)

チンネでは、
・中央ルンゼ(森山、平井)
・北条・新村ルート(山田、椎名、小野瀬)
を登るつもりであったが、かなりガスっていて、取り付きを間違えたらしい。
どうにも登り切れず、懸垂下降。。。
完全敗退の一日であった。

9/1
昨日と違って、チンネ付近の雲がないのでルートがはっきりと見える。
どうやら昨日はベルニナルートや左下カンテを登っていたようだ。。。

この日はチンネ左稜線を登る。(先行:山田、椎名 後続:森山、小野瀬、平井)
ペアは毎回、「グーパーっし」(滋賀県流)で決める。

核心の”鼻”はおもしろいが、ガスってしまい高度感がないのが残念。。。
e0009437_14412815.jpg


核心を超えたあたりから、雨が降り出す。
剣の岩は濡れても良い感じではあったが、雨の中のクライミングは怖い。
びしょ濡れで帰還。寒い。。。

9/2
昨日、濡れたものを乾かしてから、ゆっくり出発。

31日に取り付きを間違えた、
・中央ルンゼ(森山、小野瀬、平井)
・北条・新村ルート(山田、椎名)
に再挑戦。

北条・新村ルートの核心(3ピッチ目)はA0で超えた。負けました。。
中央ルンゼは快適なルートだったようです。
↓森山さんがヒョコッ
e0009437_14504598.jpg

上部はgチムニー~C、Dクラックを登り、帰還。
気持ちの良い登攀日であった。

BCに戻ってからは、森山さんが持ってきてくださった、おつまみと泡盛、自分が持ってきたウィスキーで宴会。
さらに、熊の岩BCには山田くん特性の
フルーツポンチもどきがある!!

e0009437_15302724.jpg



9/3
この日は剣山頂を抜けて、平蔵谷のコルから本峰南壁A2へ。
カニのヨコバイはなかなか怖い。カニのタテバイはじいさん、ばあさんで渋滞になってたww
e0009437_15385542.jpg

この人たちに見物されながら、平蔵谷のバレ場を下り、取り付きへ。

A2は簡単であったが展望がよく、
剣頂上に突き上げるので気持ちが良い。
e0009437_15453167.jpg

e0009437_15454394.jpg


9/4
この日は下山日。熊の岩にずっと居たので、離れるのはなんだか名残惜しい。。。
天気が悪くなりそうなので、ヘッテンをつけて早朝出発。
長次郎の雪渓を慎重にルーファイしながら下る。
最終日なので食いまくりながら歩いて、黒部ダムへ。
e0009437_1554589.jpg

合宿終了。

今合宿では、登攀自体は簡単であったが
岩場やバリエーションルート、雪渓などでのルートファインディングはすごい勉強になりました。
1年生の勝っちゃんはこの合宿に参加できて、総合力がついたのでないでしょうか?
合宿に参加できなかった他の一年生も負けずにがんばって下さい。
これからの一年生の活動に期待しています!!




おまけ
e0009437_1672663.jpg

e0009437_167424.jpg

e0009437_16111150.jpg
e0009437_16112117.jpg
e0009437_16112933.jpg

[PR]
by tmualpine | 2014-09-16 13:22 | マルチピッチ | Comments(0)
<< 後立山(唐松岳~爺が岳) 白馬三山と白馬鑓温泉 >>