excitemusic
山岳部の様子
by tmualpine
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
TMUAC 首都大山岳部とは
創部1950年
山岳部では縦走・クライミング・沢登り・雪山など四季を通じて様々な活動をしています。
カテゴリ
検索
最新の記事
奥秩父全山縦走
at 2017-06-26 00:59
富士山
at 2017-06-20 14:54
170616セドノ沢右俣
at 2017-06-18 22:53
白峰三山縦走
at 2017-06-05 23:29
谷川岳一ノ倉沢
at 2017-06-05 19:12
以前の記事
最新のコメント
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very nice si..
by Pharmb786 at 14:21
Very efficie..
by Smitha319 at 20:21
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 14:29
It's possibl..
by 2012年秋モデルから at 18:10
カレンダー
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鍋倉小屋

日程:2月7日~9日
メンバー:森山(記)、日高、山田、岩崎

就活が忙しく書けなかった2カ月前の鍋倉小屋でのお話です。
「小屋の雪おろしの手伝い」と「鍋倉山登山」と「ビーコン捜索・雪崩の勉強」がメインでした。
雪おろしは実質何もやっていませんが・・・

ちなみにこの日付近は都心で大雪が降って大変だった時みたいです
鍋倉にいると全く実感がありませんでしたが・・・

7日夜 OBの師橋さん、宇津野さんの車に同乗させていただき、道の駅「千曲川」でテント泊
一面に雪が広がっています。
e0009437_11465431.jpg


8日鍋倉小屋に移動
以前に来た時よりかは雪が少なかったですが、他に小屋等はなく静かで気持ちの良い場所です。
e0009437_11521091.jpg

で、鍋倉小屋着です。他のOBの方や小屋関連の方とも合流です。何人くらいいたのでしょうか・・・
e0009437_1153633.jpg

時間も早いので、そのまま鍋倉山へ直登です。
OBの方は山スキーですが、現役はワカンでてくてくと
相変わらずの積雪量の多さで、天気は真っ白「白銀の世界」です
e0009437_11563891.jpg

e0009437_11572627.jpg

小屋にもどったら、暖炉を焚いてぽかぽかと。
当時の2・3年が鍋の準備を

ちなみに、当初の目的の1つの雪おろしは、雪が少なく、小屋の中で暖と取っているだけで勝手に落ちて行ってくれました。落ちる時は轟音と共に

9日 雪訓
雪おろしの仕事が無いため、セックンです。
ビーコンの捜索、ゾンデの使い方、雪崩の弱層テストなどです。
しっかりと教わる事はこれまで少なかったので大変勉強になりました。

講師にはOB師橋さん
まず、座学で勉強(ビーコンについての無いようです)
行った人はしっかりと思いだして下さい。
e0009437_126527.jpg

外に出てビーコン捜索・ゾンデ
e0009437_1283962.jpg

そして、雪崩の弱層テスト
e0009437_13512189.jpg

テスト後
e0009437_1354921.jpg

その後は、昼食等を食べて下山しました。
e0009437_13552328.jpg


ご指導頂いた師橋様・宇津野様には大変お世話になりました。
ありがとうございました。
[PR]
by tmualpine | 2014-04-29 09:39 | 雪山 | Comments(0)
<< 赤城山ハイキング 2014年3月雲取山 >>